恋のなやみに効くメディア

大切な人に気づくには?恋愛で本当に大切な人を失わないための方法

吉岡サエコS.Yoshioka

目次

隠す

1:「大切な人」は友達以上恋人未満なの?

友達以上恋人未満の関係が続いている場合、もしかしたらそれは無意識のうちに「大切な人」だと思っていることがあるかもしれません。友達と呼ぶには軽すぎるけれど、恋人というわけでもない……。曖昧な関係でありながら、心のどこかで、その関係が心地よく感じている自分もいて……。

でも、それって危険かも。大切に思っていても、あやふやな関係であることは変わりません。ふとしたことがきっかけで、関係が壊れてしまうことも。そうならないためにも、曖昧な関係を見直してみましょう。

2:本当に大切な人に気づく方法5つ

好きな人やきになる人はいるけど、それが大切な人かどうか、いまいちよくわからない……。そんなときのために、本当に大切な人に気づく方法5つをまとめてご紹介していきます。

(1)失ったときのことを考える

いつもそばにいてくれると、そのありがたみには気づかないもの。一緒にいることが当たり前になってしまっている場合は要注意です。そんなときは、もしもいなくなってしまったら……ということを考えてみてください。「失って初めてその大切さに気づいた」なんて人も多いんだとか。いなくなってほしくない、いなくなったら寂しいと感じたら当てはまるでしょう。

(2)連絡を取らなくても思い出すかどうか

「今何してるかな」「会いたいな」と、ふと思うならば、その人のことを思い出している証拠です。連絡を取っているときに思い出したり、楽しかったりするのは当たり前ですよね。大事なのは、連絡を取っていないその他の時間。ひとりでぼーっとその人のことを考えてしまっているなら、ただの友達以上の可能性が高そう。好きだとつい、考えてしまっているものですよ。

(3)困ったとき助けてくれるかどうか

困ったときに助けてくれる人は、案外少ないもの。心配してくれて、すぐに駆けつけてくれて、一緒に泣いてくれる……。それって決して当たり前ではありません。大切にされていると感じたら、今一度、自分も相手を大切に思っているかどうか考えてみるとよさそうです。相談ごとを持ちかけてみるのも、相手の気持ちに気づくいい機会になるかもしれません。

(4)見返りなく何かをしてあげたいと思うかどうか

見返りなく何かをしてあげたい、力になりたいと思うのは、その人が大切だからこそ。損得勘定で動いているうちは、そこまでの関係ということ。その人のためにできることをしたいと心から思えたなら、それはもうすでに大切な人なのかもしれません。

(5)言いにくいことをちゃんと言ってくれるかどうか

例えば、あなたが非常識な言動をしたとき、その人はきちんと叱ってくれるでしょうか。大人になると社交辞令も増えますし、なかなか本音で話せる相手というのが少なくなります。そんな中、言いにくいことをちゃんと言ってくれるのは貴重な存在。上っ面の言葉でなく、あなたを心配してかけてくれる言葉は本物でしょう。言われたくないことを言われて苛立つのではなく、言葉の真意を考えてみてはいかがでしょうか。

3:大切な人を大事にできない男性心理3つ

男性の中には、大切な人なのに大事にできない人も多いもの。それはいったいなぜなのでしょうか。その男性心理に迫っていきましょう。

(1)そばにいてくれるのが当たり前だから

安心しきっているパターンがこちら。大切にできていないことに、本人が気づいていないのが、また厄介です。よく言えば、心を許して、信頼しきってくれているということですが、それでは寂しいですよね。失うかもしれないという不安が全くないと、大切さに気づかない可能性も。

(2)恥ずかしいし自分の所有物のように思ってしまっているから

亭主関白な性格の男性は、女性を大切に扱うことを恥ずかしいと感じていることも。無意識のうちに、友達に彼女のことを下げて話するのも、このケースに当てはまります。心の中で彼女が大切だ、愛おしいと思っていても、つい周りには謙遜してしまっているのかもしれません。

(3)自分に自信がなくいつか離れていくかもしれないから

彼女のことを信用しきれていなかったり、自分に自信がない男性は、不安感から大切な人を大事にできないことも。いつか離れていってしまうのかもしれないと思うと、大事だと強く主張できないのです。

男としてのプライドが影響して、大切だから離れないでと素直に言えない人もいます。大切にされていないと感じたら、嫌われていると決めつける前に、本音を聞いてみるといいかもしれませんね。

4:恋愛で大切な人を失わないためにできること3つ

恋愛においても、油断していては大切な人を失いかねません。大切な人を失わないためにできることを、3つご紹介していきます。

(1)信じてもらえる努力をする

長続きの秘訣は、信頼関係です。一度失った信用はなかなか戻りませんし、信じてもらえる努力を続けましょう。不安や不満が溜まると、別れに繋がってしまうことがあります。言葉だけでなく、誠実な態度で接していれば大切な人だと相手もわかってくれるはず。

(2)相手を信じる

お互いを信じ合えていないと、ふとしたことで浮気を疑ってしまったりすることも。やはり周りに惑わされず、相手のことだけを見つめていられる関係が理想。そのためには相手のことを信じることが大切です。

(3)言葉と態度で気持ちは伝える

「言わなくてもわかるだろう」ではなく、ちゃんと言葉と態度で気持ちを伝えましょう。言葉にしなければ、想いは伝わりません。そっけない態度をとっていて、それが原因で離れていってしまっては後悔が残りますよね。

キスやハグも、気持ちを伝えるのにぴったり。相手に要求ばかりするのではなく、こちらから与えてみてはいかがでしょうか。それに応えて、相手も気持ちを伝え返してくれますよ。

5:大切な人を亡くした人にできることは?

もしも大切な人を亡くしてしまったら……。想像するのもつらいことですし、悲しい気持ちが完全に癒えることはないでしょう。それでも、前を向いて歩いていこうと思える日が来るのを待つしかありません。

また、そんな人の周りからできることは、そっと見守ることだけ。無理に話を聞いたり励ましたりすることを、望まない人もいます。下手に「つらいよね」「わかる」などと言われると、余計つらくなってしまうことも。

気持ちに寄り添って、相手の望む距離感でそばにいてください。そんなあなたのさりげない優しさに、きっと救われるはずですよ。

6:まとめ

後から「やっぱりあの人が必要だった」「あの人が大切だった」と、気づくことはあります。人は後悔しながら生きる生き物だなんて話もありますが、できれば早く大切な人の存在に気づいて幸せになりたいもの。「もしも……」なんて、ありません。今、失いたくないのは誰なのかをよく考えてみてくださいね。