恋のなやみに効くメディア

可愛くなる方法13選!今日からできる一気に可愛くなるためのテクニック・習慣

コマツ マヨM.komatsu

©gettyimages

目次

隠す

1:可愛くなる方法を知りたいですか?

「可愛くなりたい!」というのは全女子の願い……。それを裏付けるデータとして、こんな調査を『MENJOY』独自で実施してみました。20〜40代の女性433名に、「可愛くなる方法があるとしたら、知りたいですか?」という質問をしてみた結果、以下のような回答が得られました。

はい・・・374人(86%)

いいえ・・・59人(14%)

9割近い女性が「可愛くなる方法が知りたい」と回答。全女子とはいかなくても、ほとんどの女性が今よりも可愛くなることを望んでいることがわかります。

2:顔・鼻・目…メークで可愛くなるための具体的方法5つ

可愛くなりたいなら、まずはメークで変身するのがいちばん! すぐに実践できる、可愛くなるメークの方法とをまとめました。

(1)アイライナーをブラック→ブラウンに

目元がはっきり見えるブラックのアイライナーですが、描き方によっては少しキツイ印象になることも。そんなときは、ブラックからブラウンにチェンジしてみましょう。ブラウンは目元を優しく見せてくれるので、ブラックのアイライナーを使うよりも可愛さがアップします。

(2)眉パウダーでふんわり感を

アイブロウペンシルのみで眉を仕上げていた人は、ぜひパウダー仕上げに変えてみてください。眉は顔の印象を大き左右するパーツ。眉をふんわりと仕上げることで、より可愛い印象になります。足りない部分だけをペンシルで描き足し、眉全体にパウダーをのせて。

(3)真ん中長めの上品まつげ

全体を盛ったバサバサまつげは時代遅れの印象。細く長く伸びたまつげなら、上品で女らしさが増します。まつげに太さがなく物足りない人は、まつげエクステやつけまつげなどで本数を増やしてみましょう。

(4)チークはオーバル型に

斜めチーク、まん丸チークなど、入れ方はたくさんありますが、顔立ちによっては斜めチークだとクールすぎたり、まん丸チークだと幼く子どもっぽく見えてしまうことがあります。

おすすめh、頬骨の高い位置を中心に、横長のオーバル型に入れる方法。上気したようなふわりとした頬になります。

(5)ツヤアイテムで光を味方に!

ハイライトバームやツヤ感のあるアイシャドウ、パール下地など、ツヤアイテムを使って、光に当たったときの自然なツヤを演出しましょう。

顔全体に塗るとギラギラしてしまうので、おでこの中央や鼻の頭、あごの先、目尻のCゾーン、まぶたの中央など、顔の高い位置にあって丸みがある部分にだけなじませます。

3:今日からできる!一気に可愛くなる方法5つ

可愛い子は、可愛い子が持つ独特の 「何か」があるような気がしませんか。その「何か」の実態に迫りながら、可愛さがググッとアップする方法をご紹介します。

(1)ツヤのあるヘアアイテムを導入

パサパサでまとまりのない髪では、どれだけ可愛い顔をしていても魅力半減。ツヤを与えて簡単に今っぽい濡れヘアにできるヘアオイルを毎日のスタイリングに取り入れてみましょう。

(2)香りアイテムを使う

可愛い人や素敵な人って、なんとなく良い香りがする印象がありますよね。香水をつけているようにも思えるけれど、それとはちょっと違う、動くたびに微かに香る良い香り。その正体は、シャンプーやボディークリームなどの香りアイテムです。

なかでも、塗り直す度にいい香りがするハンドクリームは、手軽に使いやすくて、おすすめです。

(3)筋肉をつける

努力して体重を減らしたのに見た目が変わっていない……という経験はありませんか?

見た目を変えるには、筋肉を鍛えて体を引き締めなければいけません。体重が減るだけの食事制限ダイエットから、見た目ごと変われる運動中心のダイエットにチェンジを。ヨガやピラティスなどで体幹を鍛えるのもおすすめです。

(4)忘れがちなムダ毛こそこまめに処理を

ワキや腕、スネなどのムダ毛はこまめにお手入れするけれど、指や口周り、襟足などのムダ毛は忘れがちという人も多いでしょう。

これらの部分は、自分では気付きにくいけれど、人からは見られやすい部分。可愛い人は、こうした部分もこまめに処理しているので可愛さに抜け目がありません。

(5)シワのない服を着る

可愛い子って、プチプラのファッションでもとってもおしゃれで素敵な印象ですよね。それは、シワのよったヨレヨレの服を着ないから。たとえ高級な服でなくても、Tシャツ一枚であってもアイロンをかけたりして、丁寧に着ている人も多いようです。

このこだわりが、可愛い子とそうでない子の雰囲気を左右するポイントのひとつなのです。

4:可愛くなるための習慣3つ

内面からでる可愛さも大切! 可愛くなるために今日からできる日々の習慣を3つご紹介します。

(1)睡眠を改善する

十分な睡眠が取れていないと、顔色が悪かったり、肌が荒れたり、疲れやすかったり、常にイライラして他人によくない態度をとってしまったりします。十分な睡眠で、体全体をポジティブな方向へ持っていきましょう。

ただ長く寝るだけでなく、心地よく眠る「睡眠の質」も大切です。寝具や睡眠環境にもこだわって。

(2)可愛くなる努力をしている自分を褒める

「自分なんてダメだ……」とネガティブになっている可愛い子はあまりいないように思います。可愛い子というのは、可愛さをキープする努力に自信を持っています。また、人に見られることを意識しているので、可愛くなる努力をしているという自負もあります。

自分に自信が持てない人は、可愛くなるために努力したことに対して自信を持って、努力している自分を褒めてあげて。

(3)誰にでも愛想良く!

顔は人並みだけど、醸し出す雰囲気や人柄が可愛いという人もいますよね。こうした、いわゆる「愛らしい人」は、人懐っこくて誰にでも愛想がいいことが特徴です。

自分の好きな人にしか挨拶をしない人、仲良くない人にはよそよそしい態度を取るような人は、どんなに顔が可愛くて雰囲気が素敵でも、愛らしく思われません。好きか嫌いかは関係なく、誰にでも愛想良くすることが可愛い人の必須条件です。

5:見た目も中身も、どちらも高めて!

見た目が可愛くても内面がおブスだとダメですし、せっかく素敵な人なのに外見に気をつかっていないとガッカリされてしまいます。可愛い人は見た目も中身もどちらも素敵! どちらかひとつではなく、見た目も中身もどちらも高めていきましょう。