恋のなやみに効くメディア

漫画喫茶デートはカップルの別れの原因に?女子が盛り下がる理由も探ってみた

番長みるくM.Bancho

目次

隠す

1:デートの行き先に困ったら「漫画喫茶」は間違い!

デートの行き先に迷ったとき、漫画喫茶を選ぶ男性もいるのではないでしょうか。漫画喫茶は、リラックスできるフラットシートや鍵付きの完全個室があったり、インテリアにまでこだわっていたりなど設備も整っています。フリードリンクやデザート、食事を注文できるところも多いです。

しかし、漫画喫茶はデートに不向き。なぜ漫画喫茶のデートは間違いなのでしょうか。

2:漫画喫茶がカップルのデートに向かない理由5つ

なぜ、漫画喫茶はデートに不向きなのでしょうか?

(1)手抜き感がある

漫画喫茶は料金が安く、どの店舗も似たような雰囲気なので、手抜き感があり面白みに欠けます。「デート内容を練っていない!」と悪い印象を与えてしまう可能性も。さらに、人によっては「漫画喫茶?」とがっかりされることもあるでしょう。漫画喫茶デートばかりでは、マンネリ化の原因にもなってしまいます。

(2)キレイじゃない

漫画喫茶は低予算で過ごせるため、長期間生活する人も多い場所。共用物が多いため、潔癖症の人は嫌がる可能性もあるでしょう。ドアや換気扇があっても、喫煙ブースから副流煙が流れてくるところもあります。場所によっては低予算がゆえ、客層が悪いと感じる人もいるようです。

(3)自宅のようにはくつろげない

読みきれないほどの漫画やシャワールーム、フラットシートなどの設備がありますが、やはり自宅のようにはくつろげず、リラックスしにくいと感じる人もいるようです。

(4)薄暗い空間に女子が警戒する

漫画喫茶の多くは薄暗い照明、パーテーションで仕切られた狭い空間なので、警戒する女性も多いです。また、他人が簡単に侵入できそうな恐怖感もあるでしょう。セキュリティボックスはありますが、財布やスマホなどの貴重品が盗難される不安もあります。

(5)趣味が違うことでケンカになることも

カップルで漫画喫茶に行くと、どう過ごしたいかでケンカの原因になる場合も。ふたりで過ごしているとはいえ、自分のお気に入りの漫画に集中したい人もいます。話をしたい、ちょっといちゃつきたいと思っても相手がそれを嫌がってケンカに発展……なんてことも。

3:漫画喫茶デートで気分が盛り下がる理由5つ

なぜ漫画喫茶デートは、テンションが下がるのでしょうか。理由をまとめました。

(1)お金かけたくない感じする

漫画喫茶デートは、低予算で長時間滞在できることで有名。3時間パックやナイトプランなどを活用すれば、よりお得に過ごせます。またアイスや飲み物が無料とあって、カフェやレストランに行かなくていいと考える人もいます。

コスパがよくても、デートにお金をかけたくない様子が見え、がっかりしてしまうのです。

(2)眠くなる

漫画喫茶は薄暗く、静かに読書するだけで時間の感覚がなくなり、眠くなってしまいます。せっかくのデートなのに寝ているだけだと、どうして一緒にいるんだろう? と考えてしまいますよね。仲を深めるためのデートのはずが、なんだか期待外れに感じることもあるでしょう。

(3)ひとりの世界に入りがち

漫画喫茶は漫画に没頭するなど、ひとりの世界に入りがち。もともと漫画好きなら、嫌な気分にはなりにくいでしょうが、あまり興味がない人だとつまらない時間に。会話もなくなり、退屈なデートになりす。

(4)思いっきりイチャイチャできない

漫画喫茶には完全個室もあれば、簡単な仕切りだけのところも。漫画を楽しむ空間なので、そこでイチャイチャしたくなっても、他のお客様への迷惑行為につながります。思いっきりベタベタしたい人にとっては、落ち着かない空間になるでしょう。

(5)下心を感じる

漫画喫茶は、低予算でイチャイチャできる場所と認識している人もいます。まだ関係性がしっかりできあがっていないカップルであれば、「漫画好きだし、ゆっくり読書しよう」と誘われても、どこか下心を感じることもあります。付き合っていない相手とのペアシートや完全個室なら、なおさら警戒してしまうのです。

4:まとめ

漫画喫茶は手軽で低コストなデートスポットとしても有名ですが、デート相手にお金をかけたくないのが伝わり、別れや疎遠になるきっかけになることも考えられます。

ふたりとも本気で漫画を読みたい場合の漫画喫茶デートならいいですが、そうでない場合はちょっと立ち止まって考えてみたほうがいいかもしれませんね。