恋のなやみに効くメディア

モテたいけどモテない!モテる女性になるために今すぐできる方法

EmaEma

目次

隠す

1:モテたいけどモテない…そこには絶対に理由がある

世の中は、いわゆる「モテ」の指南本が氾濫していて、どうしたらモテるかについて、ことこまかに紹介されていたりします。たとえば、誰にでもやさしくする、言葉遣いに気を付けるといった、好感度を高めるマナー的なことから、異性を褒める方法やボディタッチのテクニックといった恋愛術まで……。

でも、「モテたい」と思っているということは、きっと、そういったことはすでに実践しているはず。それでも「モテない」ということは、もっと根本のところでズレていると考えるべき。「モテないのには絶対に理由があって、それを解決したらモテるんだ!」と思って、諦めないで進んでいきましょう!

2:だからモテない!モテない女性に共通する悪習慣3つ

(1)他人と自分を比べてしまう

モテたいと願うことは、向上心をかきたてられるので、とてもいいことです。しかし、強く願うばかりで行動に移さない、いちいち他者と自分を比較して一喜一憂してしまう、といったことがあるようなら要注意です。他者と比較することでしか自分を認められない心は、相手にも簡単に見破られ、安っぽい女に認定されてしまいます。

(2)高飛車

自分を誇りに思うことはとても素晴らしいことです。自己愛こそ力であり、魅力につながります。しかし、自分を愛することと、おごり高ぶることは大きく違います。自分がすごい人であることを相手に主張する必要はありません。どんな相手とも対等に謙虚にお付き合いができる人こそが、老若男女問わずモテるのです。

(3)視野が狭い

願いや理想は人それぞれ。心の中で思い描く将来や未来予想図に胸をときめかせている女性も少なくないはずです。しかし、自分の世界の追求ばかりし、人間関係を自分の都合のいいような人ばかりで固めるというのは、本当に豊かな生活といえるのでしょうか。視野が狭い人からは、自然と人が離れていって、結局非モテにつながっていくのです。

3:モテたいならマネするべき!男性からモテる女性の性格的な特徴5つ

(1)自分をしっかりもっている

経済的にも精神的にも自立している女性は、男性の目から見ても頼もしいものです。今の時代、しっかりと自分の足で立ち、世の中の荒波も越えられるようなたくましさは、男性だけでなく、女性にも求められます。つまり、自立こそモテのカギなのです。

(2)礼儀正しい

これは、男女両方にいえること。いくら身だしなみがきちんとしていて容姿端麗でも、挨拶ができなかったり、言葉遣いが悪かったりしたら台無しです。一緒にいて恥ずかしくない相手を選ぶのは当たり前のこと。常識の範囲内での礼儀が求められます。

(3)美意識が高い

美に関する意識や想いは人それぞれ。容姿だけがすべての美の基準ではありません。ここでいう美意識とは、自分がもっとも美しいと思う部分を伸ばすということ。それが容姿の人もいるでしょうし、体型の人もいるでしょう。また、中身や知識美人を目標としている人もいるでしょう。

(4)思いやりがある

どうしても自分のことで精一杯になってしまうもの。そんな時代だからこそ、相手のことも大切にできる人間でありたいですよね。みんなに思いやりをもてということではありません。せめて自分の周りの人にだけはいつも愛をもって接していれば、きちんと想いは伝わり、好感度も高まります。

(5)世渡り上手

どれだけ完璧そうに見える人でも、苦手なことは必ずあります。苦手なことを克服し、自分をパーフェクトな存在にするために必死で頑張ることがモテることと考える人がいますが、果たしてそれは正解なのでしょうか。

できないことをできないといえることも強さも必要ですし、そんなときこそ人に甘えられるチャンスです。頼られることに幸せを感じる人も多いもの。上手に人に頼っていきましょう。

4:モテる女性になるために!外見も中身も磨く方法5つ

(1)自分の理想図を明確にする

まず、容姿であれば、自分がどんなルックスを求めているのか。痩せ型なのか、メリハリボディなのか、グラマラス体型なのか。それによって、食事法や美容法が変わってきます。自分の求める理想の姿をまずは明確にすることが始まり。そうでないと、間違った努力をし、時間も気持ちもムダになってしまいます。

(2)知識を増やす

どんな分野であれ、知識はあって損がありません。知識こそ美であり、中身も見た目も高めてくれます。最高なジュエリーをつけて、おめかしをするのもいいですが、ジュエリーがないときの自分も素敵でありたいもの。知識を蓄えて、真の美人を目指しましょう。

(3)SNSにとらわれない

インスタグラムやツイッターはインターネット上での見せ場です。そこにすべての人生があるわけではありません。なので、その情報を鵜呑みにすると、自分の人生も曖昧になってしまうし、他者と自分を比較ばかりするダサい人生にもなってしまいます。SNSはほどほどにして、自分と向き合う時間をしっかりもつことです。

(4)向上心をもつ

誰かに認められるために何かを頑張っていると、もし認められなかかった場合、その糸がぷつんと切れてしまう可能性があります。なので、どんなときも誰かひとりに依存せずに、バランスの良い人間関係やライフスタイルを築く努力が必要です。

そのために、いつも忘れてはならないのが向上心です。「これでいい」「ここがゴール」などと思わずに、どんどん視野を広げていきいましょう。

(5)自己肯定感を高める

自己肯定感が高ければ、どんな環境でもやっていくことができます。それは、ちゃんと自分の力量をわかっていて、他者に大きな期待をしないですむからです。そうすることで、心に余裕が生まれて、他人のことにも気を配れます。

5:まとめ

たくさんの人にモテた先には、どんな人生が待っているのでしょうか。本当に好きな人と結ばれるのでしょうか。それとも、ひとりの人に固執せず、幅広い関係の中で自由に生きていくのでしょうか。モテるより、ひとりの人に強く愛されたいという人もいますが、距離感をもったバランスいい人間関係が居心地がいいという人もいます。

人生は人それぞれ。どちらでも、自分が幸せなら、それでいいんだと筆者は思います。