恋のなやみに効くメディア

付き合ってみたら変態女だった!変態女と思われるポイントと男のホンネ

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:変態女なんて現実にいるの?

そもそも自分の性癖をオープンにしている女性はあまり多くはないでしょう。そのため変態な女性、度を越したエッチな女性がいたとしても、なかなかわからないもの。

そこで今回は、男性が実際に出会った変態女についてのエピソードを聞いてきました。どこがどのように変態だったのでしょうか。ちょっぴり怖いような、でも知りたいような……ドキドキしてしまいます。

2:男が変態女だと思った瞬間5つ

さっそく、筆者の知り合いの男性に声をかけて、「今までに出会ったことのある変態女」について、とびきりのエピソードを集めてみました。

(1)首を絞めて

「昔付き合っていた女性がエッチの最中に“首を絞めて”って言ってきたことがあります。“え?”って思ったんですけど、“早く”って急かされたので、雰囲気を壊しちゃいけないと思って従ったんですけど、“息ができなくなるくらい強く”ってさらに求められて怖くなったことがあります。結局、僕が萎えちゃってダメでした。

M気質だってことはわかってたんですけど、許容範囲を越えてましたね。アザができるほど噛んでほしいって言われたこともあります」(Kさん・28歳男性/教師)

(2)ストーリー仕立て

「大学生のころに付き合っていた彼女が変態でしたね。例えば、僕が白衣を着て医師役、彼女が患者役でシチュエーションプレイをするんですけど、しっかりとストーリーがあって、それどおりにしないといけないんです。

おもしろいプレイもあったんですけど、毎回はさすがに付き合っていられないから、別れちゃいました」(Eさん・29歳男性/介護士)

(3)声の振動フェチ

「昔付き合った彼女が“声の振動フェチ”でした。エッチを始めて彼女が気持ちよくなってきたら、毎回、彼女のお腹に口を当てて声を出すことを要求されるんです。そうすると、声の振動が響くらしく、それが気持ちいいとかで。

だんだんとエスカレートしてきて、思いっきり叫ばないと満足できなくなってきて……。それが辛くて別れました」(Hさん・27歳男性/自動車整備士)

(4)においフェチ

「今の彼女は、かなりのにおいフェチですね。同棲しているんですけど、仕事から帰ってきたらいつもにおいチェックされるんです。頭の先から爪先まで。“汗かいているから臭いだろ”って言ったこともあるんですけど、それがいいんですって。

逆に、仕事から帰ってきてすぐにお風呂に入ると、怒るんですよ。別に害はないから放っておいてますけど、変態だなとは思いますね」(Mさん・26歳男性/大工)

(5)他人のエッチフェチ

「昔、友人とルームシェアをしていたことがあるんです。ある日、彼女を紹介し合おうってことで、お互いに彼女を呼んだんですよ。

お酒飲んだり、談笑したりしてからそれぞれの部屋に引っ込んだんですけど、彼女が友人の部屋をのぞきたいって言い出したんです。そこで他人のエッチを見ると興奮する性癖をもっていることを告白されましたね。

AVとかではあんまり興奮しないらしく、目の前でエッチをしているカップルを見るのがいちばん興奮するって言われました」(Sさん・28歳男性/会社員)

3:変態女に対する男の偽らざる本音5つ

今度は変態女に対する男性の本音についてご紹介します。

(1)他人に迷惑にならないなら別にいい

「女性が特殊な性癖をもっていても、別に何とも思いません。のぞきをしたり、外で他人に見られるようなプレイしたり、その性癖で他人に迷惑をかけるのはダメだとは思いますが。ある程度は彼女の性癖に応えられるように努力はしますよ」(Eさん・24歳男性/電気工事士)

(2)無理

「変態な女性って、ちょっと無理です。例えば、手足を縛るなどの過激なプレイには応えられませんね。昔の彼女なんですけど、エッチをしはじめるときにキスをしていたら、鼻の中をなめてきたときがあったんです。

驚いたし、気持ち悪くて萎えちゃったんですよ。だから、ノーマルな人しか受け入れられないです」(Wさん・28歳男性/銀行員)

(3)最高

「変態女なんて最高じゃないですか。ノーマルなエッチなんて、数回したらすぐに飽きちゃいますから。変わったセックスをしたほうが刺激的ですよね。一緒にそういうことができる女性と付き合いたいですね」(Nさん・30歳男性/会社員)

(4)ものによる

「自分が受け止められる性癖とそうじゃない性癖ってあるじゃないですか。例えば、手足を縛るくらいのSMプレイなら大丈夫ですけど、首を絞めたり、殴ったりするようなプレイは、怖いのでさすがに無理。応えられる範囲であれば、僕も努力します」(Dさん・27歳男性/公務員)

(5)むしろ性癖があったほうがいい

「自分にも性癖があるから、それに応えてほしいなって思うんですよね。だから彼女も少しくらい変な性癖をもっていたほうが、理解し合えてうれしいかな」(Rさん・33歳男性/消防士)

4:モテる変態女ってどんなの?特徴3つ

今度はモテる変態女の特徴をご紹介します。

(1)見た目は清楚だけど中身が変態

変態女は、見た目から何からすべてエロいわけではありません。そのため、清楚だけれど変わった性癖をもっているというギャップが男心をトリコにすることも。自分だけに見せている変態っぷり……それが男心をくすぐるのです。

(2)品があるけどエロい

下品な女性というのは、男性にあまりモテません。品があって女性らしい人のほうがモテます。それでエロかったら、男性は大喜びすることでしょう。イメージしやすいところでは、セクシーな秘書や女性など、知的プラスエロ。女性らしくて品があり、そのうえエッチが大好きなんて、男性の願望そのものです。

(3)ベッドの中だけ

いつでもどこでも変態性を出していると、男性がドン引きしてしまいます。そのため、TPOをわきまえて、普段は変態であることを表に出さないのもモテる変態女の鉄則。

合コンで「私、ドMなんです」といって、「あんなことや、こんなことされたい」と過激な発言をしている女性を見たことがありますが、男性陣は引いていました。

5:まとめ

世の中にはさまざまな性癖をもっている人がいます。恋人に性癖を打ち明けたら引かれてしまうかもしれないと不安になる女性も多いでしょう。ですが、ありのままの自分を伝えることも大切なこと。お互い分かり得るように話し合ってみることをおすすめします。