恋のなやみに効くメディア

感じない女性は意外と多い!セックスで快感を感じられない原因と改善方法

林舞花

目次

隠す

1:不感症とは?セックスしても気持ちいいと感じないのは病気?

好きな相手とのセックスで、「気持ちいい」と感じていますか? なかなか相手にも、または他人にも共有しにくいことなので、感じないことで悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。

もしかして不感症かも……と思うこともあるかもしれません。もちろん、深刻な場合には、しかるべき機関の判断を仰ぐべきですが、まずは判断の参考になるために、感じない原因や改善方法をまとめました。

2:セックスで感じない原因5つ

自分がなぜ感じないのか、知ることが気持ちいいセックスへの第一歩。セックスで感じない原因は、精神的なものと、肉体的なものがあるといわれています。

(1)緊張していて恐怖心があるから

いざセックスするタイミングで、無意識に緊張してしまう女性は多く、「嫌われないかな」「ニオイやムダ毛処理は大丈夫かな」という不安が頭をグルグルと駆け回っていることも。またセックスに対して「痛いんじゃないか」「怖い」といった恐怖心を拭いきれない女性も一定数いるようです。

不安や恐怖によって、リラックスできないことが原因になっている可能性があります。

(2)経験が少ないから

セックスの経験が少ないため、前戯や体位などを知らずに過ごしてきた女性も多いもの。単純に経験人数というわけでなく、いろんなパターンでのセックスの経験が少ないと、それだけ開発される機会もないことに。体も心も、「感じる」までに達していないのかもしれません。

(3)自分の気持ちいい部分をまだ知らないから

「経験が少ない」にも通じることですが、自分がどんなところを刺激したら「気持ちいい」と感じるのかまだ知らないという場合も。

それは挿入だけではなく、愛撫でも同様。どこが自分にとっての性感帯なのかは、まずは自分自身で知る必要があります。

(4)ムードが足りてないから

セックスをするときに、自分の感情を高ぶらせるようなムードがつくられていないのかもしれません。いつもの場所で、いつも同じようにセックス……だと、気持ちがのらず、それが感じにさの原因になってしまうことも。

(5)彼本位のセックスだから

いつも彼にリードしてもらう、何から何まで彼に任せている、あるいは、彼の好きなことばかりをしている。そんな彼本位のセックスをし続けることで、感じにくい体になってしまっている場合も。本当に気持ちいい部分を彼が理解してくれていないから感じにくのかもしれません。

3:感じにくい体の改善方法5つ

(1)リラックスして意識を変える

緊張や恐怖を一度忘れて、体をリラックスさせましょう。何より体がこわばっていると、感じることはできません。

彼を好きな気持ちや、触れ合える喜び、絆が深くなっていくことに意識を向けましょう。快感を求めるのではなく、愛し合う好意だと考えを変えてみるのもいいかもしれません。全身の力を抜いて、素直に彼を求めてみましょう。

(2)ひとりエッチをしてみる

自分の感じる場所を知るには、ひとりエッチはとても大事なものといえます。感じない女性や、イク感覚がわからない女性の多くは、ひとりエッチをしたことがない傾向にあります。

少しずつ自分で触れてみて、どこが気持ちいい場所かを探ってみましょう。なんとなく「ここかな?」と思ったら、さらに刺激を与えてみて、回数を増やしていくといいかもしれません。

(3)前戯を増やす

彼とのセックス、特に挿入で感じないのであれば、前戯を増やしてみることをおすすめします。いつもとは違った部分を触ってみたり、なめてみたり、前戯を増やして時間をかけることによって、いざ挿入するときに興奮が高まることもあります。

お互いの気持ちが高まるような前戯を、探りながらでもいいので、増やしてみましょう。

(4)大人のおもちゃを使ってみる

女性が感じないのは、彼のテクニック不足ということも。彼にうまく伝えられない、または彼が下手で感じない……という場合は、大人のおもちゃを使ってみるのもアリです。

ラブホの自販機や、ルームサービスにあるものをノリで使ってみて、「思ったよりも快感だった」「なぜ今まで使わなかったんだろう」ということは実はよくあること。ひとりエッチでも電マやバイブを使う女性は多いですね。

(5)彼に話していろんなセックスを試してみる

感じないことを思い切って彼に話してみましょう。いくら演技をしていても、濡れ具合やイク動きがなければ、彼もあなたが感じていないことに気づいているかもしれません。

どんなことをしたら感じるか、シチュエーションやムードひとつで興奮度は変わってきます。「もっと感じたいからいろんなセックスをしてみたい」と言われて、嫌な男性はあまりいないと思います。自分とのセックスに意欲的な彼女の姿勢にむしろ喜ぶかもしれません。たまには変わった体位や違った場所でしてみるのもいいですね。

4:試してみよう!女性が感じやすいといわれる体位3つ

女性が試してみると感じやすいといわれている体位をご紹介します。

(1)座位

座位は、男性の膝の上に向かい合って女性が座り、挿入する体位。向かい合うことで、キスをしたり、耳、首、胸などを愛撫することができます。座って抱き合う形になるので、彼の顔を見てセックスをすることで感じやすくなります。

(2)騎乗位

仰向けの男性の上に女性が乗り、挿入する体位です。男性が下、女性が上になることで、女性が主導してセックスをすることができます。主体的に自分の気持ちいい場所を刺激することができるので、女性が感じやすい体位と考えられています。

(3)後背位(バック)

四つん這いになって男性がうしろから挿入する体位です。奥のほうまで届きやすく、感じやすいといわれています。また、顔を見られるのが恥ずかしい、緊張してしまうという人にもおすすめです。さらに、好きな彼にちょっと激しくされることで、興奮が高まり、より感じやすくなるという女性も。

5:まとめ

不感症、セックスを楽しめない……。せっかく大好きな相手とのセックスなのに、苦痛になってしまうのはもったいないですよね。

向こうとしても、女性にもっと気持ちよくなってほしい、満足してほしいと思っているはず。感じない原因を少しずつ改善して、心からセックスを楽しめるようになれるといいですね。