恋のなやみに効くメディア

アラサーの婚活のリアル!求めがちな「普通の人」像と婚活で成功する方法

ミクニ シオリ

ミクニ シオリS.Mikuni

目次

隠す

1:アラサーのリアルな婚活事情とは?

多くの女性が「30歳」という年齢をひとつの節目として認識しているので、アラサー世代、つまり30歳前後になると、婚活を意識する人は自然と増えてくるもの。

そうなれば、いいお相手を見つける婚活の競争率は、必然的に高くなります。婚活をする人たちにとって、最初の佳境となってくるのがアラサー世代だといえるでしょう。

2:アラサー婚活女子が嘆く「普通の人がいない」は本当?

ところで、ネット上ではよく「アラサー女子が結婚できないのは理想が高いから」という発言が散見されます。多くの共感を呼びSNSなどで拡散されることも多いですが、実際のところはどうなのでしょう。

(1)婚活女子が求めがちな普通の男性像とは

ネットでよくいわれる婚活女子の求める男性は、「自分より稼いでいる(年収500万円以上)」「大卒以上」「長男以外」など。どれも未婚男性の半分にも満たない好条件なのです。平均年収以上、平均学歴以上。これはもう普通ではなく「普通以上」の男性といえます。

(2)婚活に求められる「普通の人」とは?

では、どんな人が本当の意味で「普通」なのかというと、年収なら「300〜400万円」「高卒以上」「兄弟構成は問わない」というものになってくると思います。ここでいう普通とはあくまで「平均的」という意味ですが、それ以上を求めるのならば、自分もどこか平均以上に優れている必要が出てくるのではないでしょうか。

(3)「普通の人」と「現実の男性」とのギャップ

現在のアラサー女性がもつ「普通の人」のイメージは、自身を育ててきたバブル世代の親たちのもつ「普通」のイメージを若干引きずっているといえます。時代は変わったのに、親からの刷り込みもあり、婚活女子たちも、結局のところ、親から見た「好条件」の男性を「普通」と思ってしまって、現実とは大きく乖離している事実があります。

3:アラサーの婚活が難しいといわれる理由5つ

普通の男がいない、ということ以外にも、アラサー婚活が難しいとされることにはいくつか理由があります。

(1)ライバルが増え始める

そもそも20代前半の歳と比べると、徐々に婚活する女性が増え始める年代です。同じ年齢くらいの女性とは比較されやすいので、婚活市場では年齢を武器にできるかどうかギリギリの年代になってきます。

(2)30歳を越えると需要が減る

30歳を超えた途端、一気に一定層からの需要が減ります。男性も男性で、自身の年齢を顧みず「20代の女性がいい」と思っている人が多いので、条件的に外れてしまう機会がグッと増えてしまいます。

(3)結局まだ見切り発車できない

30歳といっても、自分にお金がかけられるようになっていく年代でもあり、まだまだキレイになっていくことも。そういう自分の伸びしろを考えると、政略的に進める婚活自体が、自分自身で腑に落ちない人もよくいます。

(4)「恋」に未練がある

結婚は結婚と割り切れておらず、まだ「恋愛結婚」への憧れを捨てられない年齢でもあります。20代のころの情熱的な恋と比べて、婚活で出会う男性をつまらなく感じてしまうのです。

(5)周りの幸せと比較し始める

子どもをもつ友人も増えてきて、周りの幸せと自分を比較してしまう人も。「この子のうちはこういう旦那さん」「このタイプと結婚した人はうまくいっていない」など、勝手な評価で、人の幸せを値踏みしてしまう……。その結果、理想が高くなっていくことにつながります。

4:20代前半とは違う?アラサーが婚活で成功する方法5つ

では、アラサー女性が婚活で成功していくためにはどうしたらいいのでしょう。20代ではできないことをアピールするのが重要です。

(1)年収を武器ととる

仕事を続けているなら「自分より稼いでいる人」という理想を捨てると、大きな武器となります。自分と同等、または稼げていないという男性から見れば、20代よりも高い年収を評価してくれる人もいるでしょう。

(2)「自立した女」をアピールする

完全に不景気の世の中なので、多くの男性が「自立した女性」を求めています。束縛したりや癇癪をおこさない、オトナで落ち着いた女をアピールすれば、子どもっぽいところが残る20代女子にはない、アラサーならではの魅力になります。

(3)20代にはできない「高見えファッション」を

自由に使えるお金があるなら、外見も20代女性には出せないような「高見え」な色気を出していきましょう。いいコスメを買ったり、シンプルで素材のいい服装を選んだり。ミニマルな装いはアラサー以上の女性のほうが、若すぎる女性よりも美しく着こなせます。

(4)異性にプライドをもたないこと

他のアラサーと差別化するなら、異性に対してのマウント思考やプライドをもたないようにすることも大事です。多くの男性が未婚のアラサーを「プライドおばけ」だと思っています。素直で明朗な振る舞いをするだけで、マイナスのイメージを一気に脱却させられます。

(5)結婚生活に具体性をもつ

具体性のある結婚生活を話せるようになっておくと、まだ見切りがつかずふわふわ婚活している若い女性との差別化になります。

本気で結婚を求めている男性は、将来が見える相手を選びます。自分の価値観をしっかり説明できるようになっていると、20代や他のアラサー女性との差別化につながるはずです。

5:卑屈になりすぎず、見栄張りすぎずがベスト!

アラサーの女性たちは、周りから結婚や恋愛についてアレコレいわれることが多いもの。多くの女性が自信をなくして卑屈になったり、逆に反発して見栄っ張りになったりします。

そういう面は男性から見ても「アラサー女性のイヤなイメージ」にハマってしまいます。そこから開放されるだけでも、だいぶ婚活がやりやすくなるはず。あまり気負いすぎず、自分に折り合いをつけながら頑張ってみてください。