恋のなやみに効くメディア

気になる女性だけに見せているワケじゃなかった!勘違いだらけの脈ありサイン8選

吉岡サエコS.Yoshioka

目次

隠す

1:男は気になる女性だけに特別な態度をしているワケじゃない

気になる女性に対しては、どうしても他の人よりも特別扱いするため、比較的わかりやすいといわれている男性の脈ありサイン。しかし、一般的な脈ありサインが、実はまったくその気のない行動だった……ということもよくあります。

男性は、自分にメリットがあるかどうかにかかわらず、「よく思われたい」「高く評価されたい」という承認欲求を抱えています。そのため、異性として見ている対象でなくても、ときに紛らわしいことをしがちなのです。

2:気になる女性じゃなくてもする男の言動5つ

では、実際にはどんな行動がそれにあたるのでしょうか。見ていきましょう。

(1)笑顔が多い

自分にだけ向けられた笑顔かと思いきや、もともとそういう人という可能性は大いにあります。他の女性と話している様子をよくよく見てみたら、誰に対してもニコニコ笑顔で接していた……なんていうことも。特に普通にしていても「怖い」「怒っている」などと感じられやすいと自覚している人は少ないもの。そういう人は、いつも笑顔を心掛けているものです。

(2)「休日何してるの?」と聞く

こんなふうに聞かれたら「もしかして誘われてる?」と、つい期待してしまう女性もいるかもしれません。しかし、特に深い意味はなく、世間話のひとつとして聞いているということがほとんど。

単に「話題がなかったから」という状態や、自分が暇だったり忙しすぎたりして、女性たちが普段何をして過ごしているのか、単純に興味を持ったというケースもあります。

(3)苗字じゃなく名前で呼ぶ

名前呼びされると、思わずドキッとしてしまいますよね。特別感がありますし、自分だけ名前呼びならなおさら、期待してしまいそう。でもこれは、ただ名前のほうが呼びやすいからかもしれません。他に同じ苗字の知り合いが何人かいて、区別するため名前呼びして分けているという話もよく聞きます。

(4)職場や飲み会でよく近くにいる

気付いたら、いつも近くにいるかも……! こちらも、残念ながら脈ありではない可能性があります。話しやすくて、つい近くの席に座ってしまう男性もいるからです。また、「年齢や立場が近く気がラクだから」といった理由も。恋愛的な意味ではなく、気を許している可能性はあるかもしれませんね。

(5)他の女性に比べて明らかによく話しかけられる

自分だけ明らかに彼によく話しかけられていると、「絶対、私のこと気になる存在なはず!」と思ってしまいますよね。しかし、それは自分が中心となった物の見方で、実際は自分の見ていないところで、他の人にもたくさん話しかけているかも……。

それに、自分が好意を持たれていると思うと、自然と会話のテンションがあがりますよね。その結果、話が弾み、相手も頻繁に話しかける……というスパイラル。むしろ、相手のほうが「自分のことを好きかも?」と思っているかもしれません。

3:気になる女性じゃなくてもする男のLINEの特徴3つ

次は、LINEについて見ていきましょう。気になる女性じゃなくてもする、男のLINEの特徴3つをご紹介していきます。

(1)マメなやりとり

マメに連絡がくると、自分のことを意識してくれているような気がしてしまいますが、もともとマメな性格の人は、LINEの返信に対してもマメなことがほとんど。これはもう、その人の個性としか言いようがありません。「LINEを溜めておくのがイヤ」「LINEの返信をするのはまったく苦じゃない」というタイプの男性が当てはまります。

(2)レスが早い

「気になる女性にだけ、即レスというワケでもない」のだそう。連絡がマメな男性と同じで、これも性格によるのかもしれません。普段からスマホをいじっていることが多いと、自ずとレスは早くなります。男性で、LINEで駆け引きをしているという人は少ないといわれていますし、レスが早いこと自体に好意のあるなしは関係ないのかもしれません。

(3)会話を続けたがる

寝る時間になっても、返信が途絶える様子はなし。次の日にまた「おはよう」から続いていると、なんだか期待したくなります。気になる女性に対してだけのような気がしてしまいますが、興味のある話題だったか暇だったという可能性も十分考えられます。「暇なときLINEの返信をする」という心理は、普通のことのようです。

4:じゃあ…本当に気になっている女性にしかしないこととは?3つ

普通に誰に対してもしている言動については、何となく分かってきましたよね。それでは、本当に気になっている女性にしかしないこととは、いったいどんなことなのでしょうか。まとめてみました。

(1)休みの日に誘う

仕事終わりに会うのは、ついでといった感じも否めません。仕事終わりに食事に誘われて他に用事がなければ、何となく応じてしまうもの。

しかし、休みの日にわざわざ会うというのはハードルが上がります。プライベート感が強くなりますし、休みの日に誘えるということは、心を許してくれている証拠です。

(2)プレゼントを渡す

社交辞令でプレゼントを渡す男性はほとんどいません。プレゼントを選ぶ時間、買うお金などを考えると、誰にでもできることではないでしょう。

女性にごはんをご馳走するのは、社交辞令やマナーだと考えている男性もいます。男としてのプライドということも。それに比べ、プレゼントとなると、お金の問題だけでなく選ぶ手間も掛かってきますよね。ただし、お土産やホワイトデーのお返しは除外して考えましょう。

(3)恋愛について根掘り葉掘り聞いてくる

女性と違って、男性は世間話として恋バナをすることは稀。「彼氏いるの?」程度なら、好きじゃなくても聞くことはありますが、過去の恋愛話や、好きなタイプについて深掘りしてくるのは、好意や興味がある証拠。今まで付き合った人のタイプなどを聞いて、自分にもチャンスがあるのかどうか見極めているケースが多いでしょう。

5:まとめ

脈ありかもと期待してしまう言動でも、男性が何とも思わずしていることは少なくありません。誰に対しても同じ態度なら、それがその彼のスタンダードなのかも。親しい女友達だと思われている可能性もあるので、よく観察してみてください。