恋のなやみに効くメディア

年の差不倫してしまう女性って?特徴や不倫エピソードも

森下あゆみ

目次

隠す

1:年の離れた男との不倫にハマりやすいのには理由がある

近年「年の差婚」や「年の差恋愛」といったフレーズをよく聞くようになりましたが、そもそも不倫の世界では「年上男性×年下女性」という組み合わせは昔からよく見られます。

経済的にも人格的にも、大人の余裕がある年上男性のことを魅力的に感じるケースもあれば、ちょっと弱ったオジさんをかわいく感じるケースもあり、女性の心理はさまざま。

そこで今回は、リアルなエピソードから「年の差不倫」の実態を調べてみました。

2:10歳差は当たり前?年の差不倫エピソード3つ

さっそく年の差不倫のリアルな体験談を見ていきましょう。なぜ女性たちは不倫にハマってしまったのでしょうか。

(1)独身男性にはない余裕が魅力的に感じて

「彼氏にフラれて間もないころ、悲しさを紛らわすためにバーで飲んでいると、ちょうどそこにいた常連の男性と意気投合したんです。失恋話を聞いてもらうと、“つらかったね”とか“こんなに可愛いのに振るなんて信じられないよ”と、元彼が絶対言わないような優しい言葉が……。つい彼を頼って、勢いで体も許してしまいました。

冷静になれば、バーに来る寂しげな女性をターゲットに口説く遊び人だとわかるのですが、つらいときこそ、年上男性の心の余裕や包容力をつい求めてしまうんですよね……」(Aさん・30歳女性/会社員)

(2)同年代の男性とは経験できないことがある

「会社の飲み会をきっかけに、同じ部署のひと回り上の上司と不倫関係に陥ってしまいました。経済力はあるし、自分で買えないような高価なプレゼントをくれるのが嬉しいです。

近場だと不倫がバレてしまうという理由から、デートは少し離れた場所に連れて行ってくれるので、いつでも新鮮な気持ちです。同じ20代の男性とはできない経験ができて、背伸びをしている感じがたまりません」(Kさん・27歳女性/会社員)

(3)この人とは将来がないと思うと急に冷める

「ジムのトレーナーと運動や食事のことを話しているうちに意気投合して、間もなく交際がはじまりました。本気の恋だったのですが、しばらくして既婚者であることが発覚……。

彼は奥さんと別れるつもりはないようで、私もそれを承知の上で付き合っていました。でも、好きなのに将来がないことを考えると、急に冷静になる自分もいて……。

オープンにできない関係に冷めてしまったのですが、最初が本気だっただけに、やっぱり忘れられないんです。普通の恋愛や、同年代の男性では満たされません……」(Eさん・28歳女性/派遣社員)

3:年の差不倫しやすい女性の特徴5つ

年の差不倫に走る女性には、共通点があるもの。不倫にハマりやすい人は、この5つのどれかに当てはまっているかもしれません。

(1)十分な愛情を受けてこなかった

幼いころの家庭環境やこれまでの恋愛において、愛情不足を感じている女性は、既婚男性であっても、自分を受け入れてくれる環境に身を投じがち。目の前に「私のことを愛してくれる」という事実があるなら、不倫という許されない関係であっても、思わず身を委ねてしまうのです。

(2)地位・権力など人のステータスを重視しがち

不倫するとき、あえてお金も地位もない人と関係を持つという女性は少ないはず。そう考えると、純粋な愛ではなく、相手のステータス重視で恋愛をする人は、不倫に走りやすいでしょう。自分では買えないモノを手に入れられたり、リッチなホテルに泊まれたりすることで、優越感に浸れるメリットがあるからです。

(3)何事も断れない性格

よく言えば優しい、悪く言えば八方美人で優柔不断……こんな女性は、男性が既婚者であっても、関係を迫られると断れず、つい不倫関係に走ってしまいがちです。

普通なら、不倫がバレてあなたの人生がめちゃくちゃになる、将来的なことを想像できるのですが、このような女性は、目の前の「今断ると、彼に嫌われてしまう」ということしか見えていないことがあります。

(4)自信がない・自己肯定感が低い

見た目のコンプレックスが強かったり、異性や恋愛に対して自信がなかったりする人も、年の差不倫にハマりやすいでしょう。たとえ相手が既婚者であっても、「私のことを好きと言ってくれた」と舞い上がってしまうのです。

(5)自分を犠牲にしてでも誰かのためになろうとする

自分のことを後回しにしてでも、誰かのためになろうとする女性は、周囲からはとても優しいと思われる存在である一方、必要以上に男性にも尽くしてしまいます。そうした優しさが、既婚の年上男性の「癒やされたい」という意識を刺激して、呼び寄せてしまうこともあるでしょう。

しかも、不倫はダメだと思いつつ、持ち前の優しさで受け入れてしまう場合も……。自己犠牲はいつまでも続くものではないので、次第につらさが増すかもしれません。

4:アラサー女子が年の差不倫にハマりやすい心理とは?5つ

年の差不倫に最もハマりやすいのは、「独身アラサー女子」だといわれています。それはなぜなのでしょうか。その心理から、理由を探ってみましょう。

(1)尊敬する人に愛されたい

たとえ不倫であっても、尊敬している年上男性に愛されることによって、普通の恋愛以上に心を満たせるという心理も。特に、みんなの憧れともいえるような人の不倫は、自分が他の女性よりも優れていると実感できるので、不倫にハマってしまうのです。

(2)結婚はめんどくさいが恋愛はしたい

ライフスタイルの多様化が進む昨今、「適齢期までに結婚・出産をしなければならない」という概念も少しずつ薄れていますよね。そんな中、特に結婚はしたくないけど恋愛はしたいというとき、不倫であれば、結婚のことを意識せず、純粋に恋愛だけを楽しめるというメリットがあるのです。

(3)甘えてほしい・癒してあげたい

子どもがいる家庭では、奥さんが育児に追われて構ってくれなくなった……と、男性が不満を抱えるケースが多々あります。10年近く社会人を経験したアラサー女性だからこそ、男性のつらさに共感し「私が癒してあげたい」という感情になりやすいことも。

さらに、年齢を重ねていくうちに、母性が芽生えてきたアラサーもいるでしょう。普段甘える姿を見せない彼を、よしよししている瞬間は、優越感に満ちた時間ともいえます。

(4)承認欲求が強い

女性として見られている・認められていると常に感じていたい女性は、年上の男性から認められることに強く意義を感じて、年の差不倫にハマりやすいです。若さだけではなく、アラサーならではの大人らしさを認めてもらえることが快感で、体の関係を持つことでさらに心を満たしているのかもしれません。

(5)息抜き・ストレス解消したい

手っ取り早く日々のストレスを解消するなら、愛や恋よりも、その場の快感だけを求めることを理解してくれる、年上男性との不倫が手っ取り早いともいえます。

アラサーともなると、ふとしたことで結婚がチラついているように感じてしまい、手軽な恋が難しいことも。息抜きをするための恋なら、お互い将来を意識しない相手との関係がちょうどいいのかもしれません。

5:まとめ

年の差不倫をする女性は、その優しさや愛情深さから不倫してしまうパターンもありますが、一方で、愛情不足や断りにくい性格などが影響していることもあります。自分の心理を探ってみて、年の差不倫にハマりそうだと思ったら、十分気をつけてくださいね!