恋のなやみに効くメディア

彼氏との相性がわかる!長続きカップル診断と心理テストを紹介

相川葵A.Aikawa

目次

隠す

1:当たる?彼氏との相性診断ができるカップル占い

カップル占いとは、恋人となったふたりの相性がいいかどうかを占うものです。お互いが好きで付き合ったカップルであっても、相性がいいかどうかというとまた別の話。しかし当然、相性がいいほうが、長続きにはつながりやすいでしょう。

そこで今回は、ヒプノセラピストの立場から、簡単に診断できる5つのポイントと、カップルの相性診断がわかる心理テストをご紹介していきます。

2:長続きカップル診断!彼氏との相性がいいサイン5つ

まずはどんなカップルが長続きしやすいのか、相性がいいといえるサインをチェックしてみましょう。

(1)相手との距離感がちょうどいい

カップルは、距離が近ければいいというものではありません。もちろん遠いことはマイナスに働きますが、仲よくしながらも、相手とほどほどに距離を保てることが信頼の証でもあり、長続きの秘訣でもあるのです。

(2)相手の前で素直な自分でいられる

好きな人には、「よく思われたい」と思うものですが、そのために自分を偽らなくてはいけないとしたら、それは相性がいいとはいえません。素のままの自分でいても、相手が自分をすてきだと思ってくれる、だからこそ、変に飾らなくていいと思えたなら、それは相性抜群といっていいでしょう。

(3)言いたいことが本音で言い合える

どんなに普段仲よく見えても、言いたいことを我慢している関係はつらいものです。思ったことや感じたことを溜め込まず、本音を言い合える関係こそ、相性がいいといえます。

(4)泣きたいときには甘えられる

泣きたいほどつらいときでさえも、カッコつけて見せるのは、付き合っている人に対する、誠実な態度とは言えないかもしれません。泣きたいときにきちんと甘えられるのは、ひとつの信頼の証です。

(5)カラダの相性がいいと感じられる

いわゆるカラダの相性も、カップルの相性がいいかどうか見極めるために重要なポイントです。なぜなら、カラダの相性には、肉体的などうこうというよりも、相手への思いやりがあるかどうかが如実に表れてくるものだからです。思いやるポイントにお互いのズレがあると、カラダの相性がいいとは感じられません。

3:彼氏との相性診断!カップルの相性がわかる心理テスト

では、カップルの相性がわかる心理テストをひとつご紹介しましょう。

この心理テストは、カップルで行うことをおすすめします。それ以外にも、例えば合コンなどで話題のひとつとして、また相性のいい人を探すために、異性にやってみてもらうのもいいでしょう。

心理テストの問題

Q.あなたのSNSアイコンを作ります。アイコンには、あなたの顔イラストが入ります。背景の色を次の選択肢から選んでください。

1.赤

2.青

3.黄色

4.緑

5.白

6.ピンク

7.紫

8.オレンジ

9.茶色

10.黒

心理テストの結果

SNSアイコンの背景色は、あなた自身の心理的な背景を表すもの。自分自身ではなく、あくまでも「背景」であることがポイントです。あなたも自然と選択肢の中から、自分をいちばん引き立たせようとする色を選んだのではないでしょうか。

自分のアイコンの背景として選ぶ色は、自分が恋愛の相手に欲している要素を無意識に示します。

色には色同士の相性があります。これは単純に、カラーコーディネート上の相性ではなく、人が相手に求めるもの、といったような意味での相性です。それぞれの相性を確認していきましょう。

赤と青と白とは相性がいい

「1.赤」「2.青」、そして「5.白」は、相性の良い関係です。3色のうちどれを選んでもお互いに相性がいいといえるでしょう。赤も青も主張が強めの色ですが、赤の人は青を、青の人は赤を尊重することができます。プレーンな白を選んだ人は、主張が強い赤、青、両方の人に対応可能です。

黄色と紫は相性がいい

次に、「3.黄色」と「7.紫」の組み合わせも相性がいいといえます。黄色を選んだ人は、自己主張が強めである一方、自分に対する自信はあまりなく、決定力に欠けるところも。反面、紫を選ぶ人は、他人から変わり者と思われて、敬遠されることもありますが、黄色を選ぶ人からは理解してもらえそう。

緑はピンクと相性がいい

「4.緑」を選んだ人と相性がいいのは、「6.ピンク」を選んだ人です。これらは、お互いにタイプは違いますが、自分の相手には自分を癒やしてくれる人、優しい人を選ぼうとします。

ピンクの人は黒とも相性がいい

また「6.ピンク」を選んだ人ですが、緑以外にも、「10.黒」を選んだ人とも相性がいい傾向にあります。黒を選ぶ人は、シックでクールなイメージを求めていますが、真逆のようなピンクを選ぶ人とバランスが取れて、うまくいくことがあるでしょう。

オレンジは茶色と相性がいい

「8.オレンジ」を選んだ人は、「9.茶色」を選んだ人との相性がいいようです。オレンジは華やかな雰囲気ですがやや落ち着きがなく、茶色は反対に、落ち着いたタイプです。こちらも黒とピンクの関係と同じく、バランスよくお互いにサポートし合うことのできる関係となるはずです。

4:相性でいちばん大切なのはバランス!

今回は、色を使った心理テストで相性診断を行いましたが、同じ色を選ぶ人同士は、気が合うように感じますが、実は相性がいいといえないことが多いです。相性でもっとも大切なのは、バランス。思考や行動が似た人同士だからうまくいくとは限らないのです。