恋のなやみに効くメディア

「え、そんなトコロまで?」男性が触りたくなる体のパーツとその心理

相川葵

相川葵A.Aikawa

©gettyimages

目次

隠す

1:気になる人に触りたいと思うのはなぜ?

「気になる人に触りたい」という心理について、「変態!」なんて思う人もいるかもしれません。しかし、実はごく当たり前の感情なのです。

「触る」という行動は、相手との距離をゼロにする行為です。物理的な距離を近づけることによって、心理的な距離を縮めようともしているんですね。ビジネスの際にシェイクハンドで会談を始めることがあるのも、同じような効果をもっています。

恋愛のシーンでは、「気になる人から気にしてほしい」「仲良くしたい」という心理が「触りたい」という気持ちに繋がるのでしょう。

2:どうして触りたがるの?【パーツ別】男性心理5つ

それでは、女性の体に触れてくる男性の心理を、パーツ別に紐解いてみましょう。

(1)髪

男性が女性の髪に触れるときは、相手のことをかなり好いており、もっと近づきたい、恋人になりたい……と思っていることが多いようです。

「髪は女の命」などと言われることもありますが、かなりデリケートなパーツです。それを本能的にわかっているからこそ、男性側も髪に触れることで自分の気持ちを伝えたい気持ちになるのでしょう。

(2)頬

女性の頬に触れる男性は、その女性に対して独占欲があると考えられます。自分が彼女の頬に触れる権利をもった、特別な存在であると感じており、まだ付き合っていなかったとしても「自分のものにしたい」と考えている、本命候補サインともいえるでしょう。

また、男性が女性の頬に触れるときは、「その女性のかわいらしさにやられているとき」ともいえます。

(3)鼻

鼻は神経が多く通っているところでもあり、よりプライベートなパーツともいえます。そんな鼻を男性が触るときは、「相手と自分とがより近い関係であると確認したい」ときなのです。

ちなみに、キスをするときのように顔と顔とを近づけると、鼻と鼻とが触れるので、スキンシップの一環として鼻同士をくっつけることがあります。この場合も、「お互いにもっと近づきたい」という心理を示します。

(4)首

首は触られるとちょっとくすぐったかったりして、鼻に負けず劣らず、デリケートな場所といえるのではないでしょうか。また、「ダメージを与えられたら致命的」という重要な場所でもあります。

本能的に人は、首を守ろうとする行動を取るものなので、他人である男性が女性の首を触る行動は、「守ってあげたい!」という心理も反映していると考えられます。

一方、首はデリケートなため、触られた相手を否応なしに意識してしまうでしょう。そのため「自分のことをもっと気に掛けてほしい!」、つまり「素直に“構ってほしい”と言えないけれど、もっと仲良くしたい」という思いが隠されているといえるでしょう。

(5)脇腹

脇腹は、上半身と下半身のちょうど真ん中にある場所。首と同じく「くすぐったい!」という人が多いです。脇腹を男性が触れるときは、首よりももうちょっと性的な意味合いが強くなります。

恋人同士の場合、腰を抱いたりすることも愛情表現のひとつですが、それと同じで、脇腹を触ることは、ほとんど恋人がすることに近い感覚となります。

付き合っている関係なら「もっとスキンシップを取りたい」という心理。付き合っていない場合は、「付き合いたい」「本命である」、あるいは「性的な関係になりたい」という心理の表れとなります。

3:男性が触れたくなる瞬間5つ

それでは、男性が女性に触れたくなる瞬間とは、どのような瞬間でしょうか。男性が思わず、衝動的に触ってしまいたくなる瞬間をご紹介します。

(1)肌のきれいな女性を見たとき

女性の肌ツヤがよいと、衝動的に触りたくなってしまう男性は多いようです。ハリのある肌は健康的。「子孫繁栄の使命」がDNAに組み込まれている男性の本能に訴えかける部分もあるのかもしれません。

(2)偶然ちょっと触れてしまったとき

触るつもりじゃなかったのだけれど、手が相手に偶然触れてしまったときは、「もっと触りたい」という気持ちになることがあるようです。もともと好きな女性ならなおさら、相手との距離感が縮まる感覚が心地良いためでしょう。

(3)女性との距離が近づいたとき

物理的に、女性が近くにいるときも、「触りたい!」と思うことがあります。といってもこれは、日常的に相手のことをどのように思っているかによって左右されるかも。

好きな女性なら触りたくなるでしょうが、そうでない女性であれば、パーソナルスペースに入られると心地良くないため、遠ざかろうとするでしょう。

(4)清楚系の女性を見たとき

肌の露出が多かったり、開けっ広げな性格の女性は、わざわざ触らなくても「中身」が見えている気がするけれど、いわゆる「清楚系」の女性は、まだまだ隠されたものがある気がして、男性としては思わず触りたくなってしまうもの……らしいです。

(5)お酒を飲んだとき

脳には普段、「あれはしてもいい、これはダメ」という一定のロックがかかっています。この制限を「理性」と呼びますよね。そして、お酒を飲むと、どうしても脳のロックが緩くなるので、「触りたいなー」という気持ちが優勢になってしまうことがあります。

4:体をくっつけてくる男性心理とは?

男性が女性に体をくっつけてくるときは、「相手の女性に対してさらに親密になりたいと考えているとき」です。

ただこれが、いわゆる「付き合いたい」というときだけでなく、「カラダだけ」、つまり下心オンリーの場合も。どちらなのかはほかの言動によって見分けるしかないでしょう。

彼氏がくっついてくるなら、それは彼女とラブラブな時間を楽しみたい(ついでに、そのままベッドへ行けたらいいな)という気持ち。なので、女性側も遠慮をすることはありません。ただし付き合っていない人なら、少し注意が必要ですね。

5:触れる=好意、ただその中身には注意して!

好きな人に触りたい!という心理は、男性だけのものではありません。触られるということは性別を問わず、相手が何らかの好意をもってくれているということ。しかし、その好意がただの下心ということもあるので注意しつつ、相手からの好意を受け止めるか、かわすか、自分の意志で決めてみてはいかがでしょうか。