恋のなやみに効くメディア

手をつなぎたくなるのはなぜ?恋人同士が手をつなぐのには理由があった

相川葵A.Aikawa

目次

隠す

1:手をつなぎたくなるのはどうして?

好きな人とふたりであるいているときや、映画などを見ているとき……自然と手をつなぎたくなるものですよね。寒いときはもちろん、暑い季節であってもそう思うのですから、ただ温もりを求めているだけではなさそう。

実はそこには、しっかりとした心理学、あるいは脳科学的な理由があるのです。今回はそれを解説していきましょう。

2:好きな人と手をつなぎたくなる心理的な理由10個

ではさっそく、「手をつなぎたい!」と思うに至るまでの心理的な理由を見てみましょう。

(1)付き合いたい

相手に恋人、あるいは恋人候補としての興味がまったくないのに、手をつなぎたいと思う人はそれほど多くありません。付き合っていない相手同士が手をつなぐなら、そこに「付き合えたらなぁ……」という希望が隠されていることになるでしょう。

(2)一緒にいたい

別れ際に、つい手をつないでしまう、つなぎたくなってしまう……そんなときは、「まだ一緒にいたい」という気持ちが募っているものです。

(3)脈ありかどうか知りたい

相手が自分をどう思っているか知りたいときに、手をつなぐこともあります。手をつないだとき、相手が手を握り返してくれるなら、100%ではないにしても、ある程度は脈ありの相手だと判断できるからです。

(4)好きだという気持ちを伝えたい

自分の気持ちが高まったときに手をつなぐこともあります。自分が相手を好きだという気持ちを相手に伝える方法として、最適ともいえます。

(5)つないだときの反応を見たい

相手に対して好意があるからこそ、手をつないでみたときに、「どんな反応をするかな?」という好奇心が募ることもあります。かわいい反応、どぎまぎした態度や意外な反応などを期待して、手をつなぎたくなるのです。

(6)もっと仲良くなりたい

神経が敏感な手と手を触れ合わせることは、さらに仲良くなれる秘訣でもあります。商談のときなど、握手をする場合がありますが、これも相手との距離を縮めて、商談をうまくいかせる技。同様に、相手と仲良くなりたいという気持ちのときに、その方法のひとつとして手をつなぐことがあります。

(7)相手を守ってあげたい

自分から手をつなぐということは、自分が相手をリードするということ。また、自分の庇護下に置くということでもあります。ですから、守ってあげたいと感じる相手に対して、無意識に手をつなぐ人もいます。

(8)この人を独占したい

自分が相手と手をつないでいる間は、相手はどこにもいかず、自分のところにいてくれますよね。つまり、相手を自分だけのものにしておきたい、独占したいと考えたときも、手をつないでしまうことがあります。

(9)安心させてあげたい

不安なときや、頑張って疲れているときなど、人から手をつないでもらうと、包み込まれた気持ちになって安心すること、ありますよね。反対に、人は自分が相手の手を包み込むことで、相手を安心させてあげられると知っています。したがって、相手を安心させてあげたいと感じたときには、手をつなぐことがあるでしょう。

(10)自分の愛情を伝えたい

何よりも、自分が相手に対して、深い愛情をもっていることを伝えたいとき、相手の手をつなぐもの。これは恋愛に限らず、子どもの手をつなぐときもそうですし、場合によっては友情として手をつなぐこともあるでしょう。

3:手をつなぐことでもたらせるメリット

手をつなぐことには、メリットがあるのを知っていましたか? メリットを知っていれば、もっと手をつなごうと思えるかも。

(1)付き合う前に気持ちを確かめられる

付き合う前であっても、相手の気持ちを確かめたいときに、手をつなぐという方法は便利です。特に告白するかしないかは、相手が脈ありかどうかによる……ということもありますよね。付き合う前に、手をつないだときの状況や反応で、気持ちを確かめることができるのがメリットのひとつです。

(2)幸せホルモンが分泌される

手をつなぐことによって起こる脳内の変化に、幸せホルモンの分泌があります。このホルモンは「オキシトシン」という名前で、別名「恋愛ホルモン」とも呼ばれているもの。

オキシトシンが出ると脳は幸せを感じるため、結果として手をつながれた相手を幸せの原動力と捉えるようになり、相手を大好きになる、信頼感が強くなるというわけです。

(3)安心感を与えてくれる

オキシトシンはまた、安心感を与えてくれるという効果をもっています。幸せだという感情とともに、手をつないだ相手を「安心する相手だ!」と認識しますので、手をつなぐことがふたりの絆をより強くしてくれるといえるでしょう。

4:手をつないで幸せ長続き!

既にお付き合いをしているカップルであれば、手をつなぐことのメリットを利用しない手はありません。手をつながないのに比べて、日常の仲の良さはもちろん、お付き合いが長続きする確率もアップします。

まだお付き合いしていない相手なら、手をつなぐことは勇気のいる行為かもしれませんが、友達以上恋人未満のような関係が長引いている場合、相手の反応を見て態度をハッキリさせるのもいいかもしれませんね。