恋のなやみに効くメディア

痩せたいけど食べたい…食べ過ぎてしまう人の食欲コントロール法と食事

相川葵A.Aikawa

©gettyimages

目次

隠す

1:痩せたい食べたい運動したくない!

運動はめんどうくさいし、いくら痩せたくても動きたくない、でもおいしいものは食べたいーー。甘い考えではありますが、人間の本能ともいえるかもしれません。では、運動しないで痩せる方法はあるのでしょうか。

2:痩せたいけど食べたい…食事のとり方ルール3つ

まずは、痩せたいけど食べたい人のための、食事のとり方のルールからマスターしましょう。これらのルールを知っておくだけで全然違いますよ。

(1)炭水化物はじゃんけんのグー

炭水化物とは、ごはん、パン、うどんやパスタなど、お米や小麦粉製品を指します。なかなか痩せない!という人の多くが、実はこの炭水化物を摂りすぎている可能性が……。1食の量の目安は、自分がじゃんけんのときに出す「グー」の大きさ。

最近は炭水化物抜きダイエットなども流行していますが、完全に抜いてしまうとストレスになることも。「食べても良いけれどグーのサイズ」と思っておきましょう。

(2)野菜もタンパク質もじゃんけんのパー

野菜や、肉や魚などのタンパク質は、じゃんけんのときに出すパーのサイズまで、食べても大丈夫。意外かもしれませんが、肉や魚は炭水化物に比べて多めに食べてもいいんです。

(3)食事は野菜から食べ始める

炭水化物、タンパク質、野菜。これらのうち、真っ先に野菜を食べることを、忘れないでください。野菜をいちばんにお腹に入れると、血糖値が急激に上がるのを防ぐことができます。血糖値が上がると、これを下げるためにインスリンという物質が分泌されますが、インスリンには糖分を脂肪に変える働きがあるため、量が増えると肥満の原因に。

血糖値の急激な上昇を抑えることは、インスリンの急激な分泌を抑えて、脂肪の生成を緩やかにすることに繋がるのです。

3:痩せたいのに食べてしまう…食欲コントロール法4つ

痩せたいという気持ちがあったとしても、たくさん食べることに慣れてしまっていると、食欲をコントロールすることが難しく、つい食べてしまうことも……。食欲コントロールする方法には、どのようなものがあるでしょうか。

(1)炭酸水を飲む

炭酸水は胃がふくらむし、糖分などが入っていないためヘルシー。食事前や空腹を感じたときに、炭酸水を飲むと食欲を紛らわせることができます。

(2)おやつはヘルシーなものを常備

おやつを食べたいのを我慢しすぎると、逆に食べたくて仕方がなくなり、いざ食べられるときにドカ食いをしてしまうことにもなりかねません。そういうときに備えて、野菜スティックやこんにゃくゼリーなど、カロリーの低いおやつをあらかじめ用意しておきましょう。

(3)自分にダイエットグッズのプレゼント

人間には、「お金をかけると、それに対して一所懸命になれる」という性質があるとされます。そのため、ダイエットグッズを自分にプレゼントしてみましょう。せっかく買ったのだから!と我慢をする気になる確率が高まります。

(4)満腹のイメージで脳を騙す

そもそも空腹感というものは脳が感じるものであって、胃が感じるものではありません。極論、胃にものが入っているとき時でも、おいしそうな画像を見ただけで「お腹空いた!」と感じることも。この場合、脳が画像に騙されて、食べたいから空腹感を演出しているような状態です。

逆に考えれば、脳を騙すことで食欲をコントロールが可能になります。具体的には、「おなかいっぱい!」と言いながら、痩せてキレイな自分を妄想するのです。それだけなのですが、脳は騙されて「自分はお腹いっぱいなんだ、しかも痩せてキレイになる!」と思い込み、食べたいと思わなくなることがあります。

騙されやすい性質をもっている脳を味方につけられる人ほど、ダイエットが成功しやすいといえます。

4:30代、40代、50代でも!どうしても痩せたいあなたのための最強ダイエット3つ

続いて、実際に痩せたという人も多い、おすすめのダイエット方法をご紹介。先ほどお伝えした食欲コントロール方法とあわせて実践していけば、かなりの効果が期待できますよ!

(1)「体重測るだけ」ダイエット

自分の体重を知っていれば、どれくらい食べていいのか、今食べていい状況なのか、数字が教えてくれます。そうなれば、食べる量をコントロールする気にもなりますよね。もしそれでも暴飲暴食してしまうなら、もうそれは痩せる気がないともいえるかもしれません。

(2)「水をちゃんと飲むだけ」ダイエット

人間の体は約6割が水分です。水分が足りないと代謝が落ちたり、体内に老廃物が溜まるなどといわれますが、意外と水分量が足りていない人も多いのだとか。1日に1.5Lほど水を飲むと、体の巡りが良くなり、出るものが出る体に近づけるといわれています。

(3)「つま先立ちするだけ」ダイエット

運動を好まない人が多いのは、キツいから嫌だという理由もあるのと思うのですが、お金と時間というハードルも無視できません。ジムに通うともなれば会費も時間がかかる! それなら、家にいるちょっとした時間をつま先立ちで過ごすというダイエットがおすすめです。

歯磨きの間や、お風呂上がりに髪を乾かしている間、つま先立ちをするだけ。なので、たいてい誰にでもできて簡単です。その間、脇腹とお尻の筋肉をきゅっと引き締めるイメージをもって。これを続ければ、いつの間にか痩せていくでしょう。

5:ダイエットに脳を上手に利用して

脳を上手にコントロールできると、苦しくない、リバウンドもしないダイエットが実現できるはず。食事のルールと脳の機能を利用して、今度こそ成功させてくださいね。