恋のなやみに効くメディア

街中イチャイチャカップルの「許せない」ボーダーラインは?女性424名に聞いてみた

いちich

目次

隠す

1:彼氏なし女子にとって街中でのイチャイチャは公害そのもの

世間はコロナ禍もあって外出自粛ムードは続くものの、カップルたちは街中で思い思いのデートを楽しんでいますよね。そんな中、スキあらば街中でイチャイチャしているカップルを見ることも……。

いや、もちろん誰の迷惑になるわけでもないので、いいんですよ。いいんですけど……気になるんです! いや、確かにそれは筆者のただの嫉妬かもしれません!! でも、でも……家でやれよ!

いや、ちょっと取り乱してしまいました。今回は、そんな筆者の気持ちを少しでも昇華するべく、街中カップルのイチャイチャの「許せる」「許せない」のボーダーラインを調べてみました。

2:どこまで許せる?街中カップルのボーダーライン

そこで今回『MENJOY』では、20~30代の女性424名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「街中でカップルがこれをしていると許せなことは何ですか?」という質問をしてみました。選んだ人の数が多ければ多いほど、「これはナシ」と思っている人が多いということになります。その上位ベスト7を見てみましょう。

第7位:腕を絡ませながら歩く・・・31人(7.3%)

 

腕組みカップルは割とよく見るため、あまり意識していなかった、こちらの結果。少し意外ではありますが、腕を絡ませられると、幅を取られてしまうぶん、通行の邪魔になったり、すれ違うときに不便という意見も。

第6位:手をつないで歩く・・・45人(10.6%)

カップルのイチャイチャには厳しい目線をもつ筆者も、手を繋ぐのはあそれほど気にならなりませんでしたが、1割以上の人がNGという結果に。

確かに、急いでいるときに前をカップルが手を繋いでゆっくり歩いていて、「割り込むのもなぁ……」と困った経験がはあります。カップルさん、手をつなぐときは周囲を少し気にしてあげると、周りももう少し優しくなれるかもしれません(笑)。

第5位:街で肩や腰に手を回す・・・53人(12.5%)

街で肩や腰に手を回す、まるで海外のようなカップル、いますよね。手をつなぐのは許せるけど、これはちょっと嫌だなと感じてしまう気持ち、筆者もすごくよくわかります。

肩や腰に手を回すと、密着度がありますし、それだけイチャイチャ度が増すだけでなく、少し色気やエロさみたいなものも感じてしまうもの。それを公共の場所でされると「ちょっと……」という気持ちになってしまうのかもしれませんね。

第4位:電車での添い寝・・・58人(13.7%)

漫画の中などではよく見るこのシーン。筆者も目の前でされたことがありますが、正直なところ、度合いによるのかなという気もします。

頭を肩にのせてコッツンという感じなら、まだ少女漫画のような可愛さがありますが、電車で膝枕をしていたり、腕を回して寝ているカップルがいれば、さすがに目に余る光景といえるかも……。

さらに長い時間続くとなると、ちょっと気になるという声もわかる気がします。高校生くらいの男女なら許せるけど、良い歳した大人がしているのが嫌!という声も聞かれました。

第3位:お店での「アーン」・・・75人(17.7%)

カップルの定番イチャイチャですが、筆者はあまり公の場所ではみたことがありません。しかし、2割弱の人がNGを出しているところをみると、意外とみんなやっているのかも……。

食べさせる行為そのものというよりも、ここに至るまでのイチャイチャ感や、周りのことを置いてけぼりにするようなプライベート感が、ついつい心をざらつかせてしまうのかもしれませんね。

第2位:人前でのキス・・・202人(47.6% )

ここにきて、5割近い人がNGということで、かなり多くの人が気になっているということではないではないでしょうか。

確かに、人のキスを見たいと思う人は、あまりいませんよね。映画やドラマみたいに、きれいな顔立ちの俳優さんや女優さんならキスを見ていてもうっとりするけど、一般人のキスを見せられても困る! 人のいないところでやってよ!という意見にも、強く共感してしまいます。

第1位:改札前でのディープキス・・・284人(67.0%)

デートの別れ際や、ふたりで飲んだほろ酔い状態で、別れを惜しむかのようにイチャイチャして、そのまま激しめのキッス……。筆者も何度も見かけたことがあります。そして思うのです「あー、彼氏欲しい!」……と。

改札前という、リアルな日常生活の場所でのイチャイチャというのはやっぱり引いてしまうもの。それもソフトなものならいいのですが、激しめにしていると、それはもう公害。

改札前を通るときはたいてい疲れているときなので、そこでイチャイチャされるとそれを受け入れる余裕はないですし、何してんだよと内申めっちゃ突っ込んでしまうのでしょうね。

3:まとめ

カップルの公害だと感じるイチャイチャのボーダーラインは、人によってさまざま。もちろん「他人のことなんだから、とやかくいうことじゃないでしょ」というクール&ドライな考えの持ち主もたくさんいるであしょう。

それでも、街中という公共の場所であれば、多くの人のことを考えてイチャイチャの度合いを考えたり、なるべくくっつかないように配慮するのはカップル側にも求めたい……それは、これから徐々に肌寒くなっていく季節を迎える、独り身の女子の切なる願いでもあるんです。