恋のなやみに効くメディア

不倫相手と別れるには?関係を切るタイミングと既婚者との別れ方

月島もんもんM.Tsukishima

©gettyimages

目次

隠す

1:不倫相手と別れるには?妻子持ち男性との別れ方を知りたい!

不倫というのは、未来が見えない恋愛。リスクもかなり高いので、「嫌いじゃないけど別れたい」と思う女性も多いことでしょう。

しかし、愛情が冷めていないときに、理屈だけで別れるのはなかなか難しいもの。今回は、不倫をやめたくてもやめられないという人に向けて、どのようにすればきれいさっぱり別れることができるのか、考えていきましょう。

2:不倫・浮気相手と縁を切るタイミング5つ

まずは、別れるタイミングから見ていきましょう。占い師の草薙つむぐさんにお話を伺いました。

(1)相手が既婚者だと知ったとき

草薙:不倫というのは、相手が既婚者だと知っていて好きになることもあるでしょうが、それと同じくらい、相手が既婚者であることを知らずに付き合ってしまうことも多いです。その場合、別れるタイミングは相手が既婚者だと知ったとき。なんだかんだでそのまま付き合い続けることを選択してしまうと、自分も同罪となってしまいます。

(2)本気になる前

草薙:割り切った関係のつもりでいても、頻繁に会ったりしているうちに徐々に情が湧いてしまったり、相手の意外な一面を知って好きになってしまうことも。本気になってしまうと、別れること自体、どんどんつらくなってしまいます。

そのため、本気になる前が別れるタイミング。「このままだと好きになってしまう」と自覚したときは、すでに好きになっている可能性が。できればそう思う前に別れる決断をするべきです。

(3)喧嘩をしたとき

草薙:喧嘩をしたときというのも、別れ話にもっていきやすいタイミング。自分は別れたいと思っていても、相手から引き止めてられて、なかなか別れられないということもあるでしょう。そんなときは喧嘩をけしかけて、相手の熱が少し冷めたところを見計らって別れ話をしてみましょう。意外とすんなり別れられるかもしれません。

(4)環境の変化があったとき

草薙:例えば、転職をして新しい職場になったとか、転勤が決まって引っ越しをしたなど、環境の変化があったときも別れるのに好タイミング。自分を取り巻く環境が変わると、友人が変わったり、素敵な異性との出会いがあったり、人付き合いにも変化が起こりやすくなります。自分ではなく、相手を取り巻く環境の変化があったときも、別れるタイミングといえます。

(5)相手が離婚しないとわかったとき

草薙:不倫をしていると、既婚者の男性が「嫁とは別れて、ゆくゆくは結婚したい」といったことを口にすることがあるかもしれません。しかし、どこまで本当かは怪しいもの。もし本当に離婚する意思があるなら、期限を設けましょう。もし、期限までに離婚できなかったら、それは相手に離婚する意志がないと考えてください。「もうちょっと時間をくれ」などと言うかもしれませんが、甘やかしてはいけません。

3:自然消滅orちゃんと別れる?既婚者との別れ方5つ

(1)ストレートに別れを切り出す

草薙:もっともオーソドックスな別れ方は「別れを切り出す」ことでしょう。まずはストレートに別れる意思があることを相手に伝えてみてください。相手が素直に別れ話を聞き入れてくれるかはわかりませんが、一度は試してみるべき方法といえます。

「わかった」となれば話は早いですが、「なんで?」という質問を投げかけられるケースが多いでしょう。このときに「会えないのはつらい」とか「未来が見えないから」といった理由を伝えると「じゃあ、こうしよう」と改善策などを提案などされてしまい、なし崩しに付き合うことになってしまう可能性が大です。

もし本当に別れたいなら、「好きじゃなくなった」と言ってみましょうい。相手に何を言われても「もう好きじゃない」と言い続けるのです。「もっと会う時間を作るようにするよ」とか「嫁とは別れるから」と言われても「ごめんなさい。もう好きじゃないの」と言えば、別れる方向に話が向かうはずです。

(2)期限を設ける

草薙:上述しましたが、「嫁とは別れる」と言われて付き合い続けているのなら、期限を設けてみてください。例えば「本当に離婚する気があるなら年内まで待ちます。それでも離婚しないならあなたとは別れます」と言ってみるのです。「子どものこともあって年内はムリ」などと言った場合は「じゃあ離婚してから迎えに来てください。それまで会う気はありません」と伝えましょう。もちろん、離婚するまで会ってはダメですよ。

(3)連絡を絶つ

草薙:真正面から別れを切り出す勇気がないなら、連絡を絶ってしまいましょう。LINEやメールで別れを告げたら、相手からどんなに連絡があっても一切返信してはいけません。たとえ彼が家まで訪ねてきても、玄関の扉を開けてはいけません。本当に別れたいなら、LINEをブロックしたり、着信拒否するくらいの覚悟をもつことが大切です。

(4)セックスを拒む

草薙:男性が不倫を続ける大きな理由のひとつに、セックスが挙げられます。そのため、女性が体の関係を拒めば、男性はリスクを犯してまで不倫をしている意味がなくなり、相手から離れていくことが多いです。

(5)バレたといってみる

草薙:相手に不倫のリスクを再確認させるというのも効果的です。例えば、共通の知り合いがいるなら、その人にバレたと言ってみる、「あなたの奥さんから連絡がきたかもしれない」と言うのでもよいでしょう。

リスクは高いですが、少なくとも、「しばらく会うの控えよう」という結論になるでしょう。そしてそのまま、フェードアウトしすればいいのです。

4:別れても愛し続ける?不倫相手と別れたあとの気持ちの整理のつけ方

好きな人と別れるのはつらいもの。そこで、どのように気持ちの整理をつければいいのかについてご紹介します。

(1)思い出の品はとっておく

草薙:ふたりの写真などは、ある程度の期間、保存しておきましょう。思い出の品はスパッと捨てて次の恋愛に向かえばいい、というのが一般的な失恋からの抜け出し方だと思われていますが、これだと元カレとの思い出がどんどん美化されていき、「やっぱり彼が最高だった」といった感情が生まれてしまうんです。

おすすめなのは、イヤな出来事を思い出させるような品を目の届くところに置いておくこと。「あんな人とは別れて正解だった」と思えると、失恋を吹っ切りやすくなります。

(2)イヤな出来事を思い出す

草薙:もし、イヤな出来事を思い出させるような品がなかったとしても、相手の嫌だった部分を繰り返し思い出すことでも「あんな人とは別れて良かった」と思うことができます。

友人と飲みに行ったときに元カレのイヤだった部分を話したり、イライラしたときのことを思い出して聞いてもらったりしてみましょう。「冷静に考えると、合わない部分が多かった」と思えるようになったら、早く立ち直れるはずです。

(3)忙しくする

草薙:暇な時間があると、どうしても別れた不倫相手のことを考えてしまいます。ですから、予定をたくさん入れて忙しい毎日を送るようにするというのもいいでしょう。「日にち薬」という言葉もあるように、結局は時間が解決してくれます。ある程度の時間が経過すれば、自然と冷静に受け止められるようにできているのです。

5:まとめ

別れるタイミングがないと感じるなら、これから先もそのタイミングが訪れる可能性は低いかもしれません。そう考えると、別れるのは今なのかもしれません。決断は早ければ早いほうがいいでしょう。不倫相手との別離のあとに、あなたを本当に幸せにしてくれる人との出会いが待っているはずです。

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。