恋のなやみに効くメディア

パパ活女子はこんなところにまで…!キラキラIT系女子まで参入してるってホント?

手嶌 ユリ

目次

隠す

1:ますます広がるパパ活市場…美人OLまでもが参入?

女性が食事やデートの時間を共にすることによって、男性から対価を受けとる「パパ活」。少し前までは、ごく限られた男女だけがやっていたイメージですが、コロナ禍において変わった様相を見せ始めています。

景気減退によって収入が減ったり、時間を持て余したりした女性など、一般の会社員にとっての副業にもなりつつあるのです。その中には、聡明かつキラキラしたイメージのある、IT系女子も存在しているというウワサが、ネット上でまことしやかに語られています。

2:キラキラ美人IT系女子がパパ活しているって本当ですか?

パパ活が一般にまで拡大した背景には、アプリによって誰でも気軽にパパを見つけやすくなったことも理由として挙げられます。そこで、今回は、パパ活をしている女性の利用が多いという、某パパ活アプリの運営会社に、そのウワサについて、真相を聞いてみました。

(1)美人IT女子がパパ活してるってホント?

パパ活アプリ担当者:「確かに、アプリ登録者のプロフィールを見ていると、最近、IT関連企業にお勤めの女性の利用は増えているようです。

個人情報ということで、確固たるデータはなくて、担当者の体感ではありますが、去年まではほとんど登録がなかったIT関連企業勤務の女性が、今年の春ごろから増えています。非常にざっくりした感覚値ですが、女性ユーザーのおよそ1割くらいは、IT企業勤務なのではないでしょうか」

(2)でもIT系女子って忙しいんじゃないの?

パパ活アプリ担当者:「IT系企業というと、激務というイメ―ジもありますが、エンジニア、営業、管理系など、職種によって忙しさは違うようです。中でも、リモートワークが推進されるようになって、ヒマができたから、とりあえずアプリの登録をしてみた、といった声は多く聞きますね」

【関連記事】

パパ活のリアルを調査!パパとの出会い方や相場、コロナ禍での体験談も

3:美人IT系女子のパパ活エピソード3つ

実際にパパ活をしているというキラキラIT系女性に、そのリアルな話を聞いてきました。

(1)経営者の話が聞きたくて

「将来的に、女性の活躍を後押しできるような会社を興したいので、経営者のお話も聞きたいし、コネクションも欲しいし、ということで、パパ活を始めました。アプリに登録するだけで、気軽に経営者と知り合えるのもいいなって。今は、定期的に15万円ほどの収入になっています。

学生時代は舞台女優をやってて、ミュージカルや演劇が好きなので、観劇に連れていってもらうことも多いです。S席とかで鑑賞できて、しかもお小遣いももらえるなんて、最高ですよ。やめる理由もないので、結婚するまでは続けちゃうと思いますね」(Yさん・25歳女性/ITマーケティング)

(2)海外旅行に行きたくて

「私がパパ活を始めた理由は、海外旅行に連れて行ってもらえたらな~って思って。会社からはそれなりにお給料はもらってますよ。でも自分の稼ぎだけだと、世界中のいろんな国に行って、贅沢に旅行するのは、難しいじゃないですか。

だから初めは、スキマ時間にできるバイトっていうことで、”チャットレディ”をしようとしていたんですけど、アプリの広告が出てきて。チャットレディよりラクそうだったんで、登録してみました。

同じ会社の友達で、海外旅行に連れてってもらったうえに、1回のデートでお小遣いを10万くらいもらってる子がいて、羨ましいです。今はコロナで海外は厳しいので、自由に旅行に行けるようになるまでに、良いパパを探そうと思ってます」(Fさん・22歳女性/ITカスタマーサポート)

(3)ブランドバックが買いたくて

「私は事務なので、IT企業とはいえ、お給料は少なくて……。社会人になって、必要なものが増えたから、バイト感覚で始めました。どうしても欲しいハイブランドのバッグがあったんです。化粧品&洋服だけで月に10万は使ってるし。旅行や遊びにお金もかかるから、給料だけじゃ足りません!

そんなときに、大学時代の友達にアプリをすすめられて、ノリで始めてみたのですが、食事だけで毎月40万円もくれるパパに出会えました。今は、好きなものも買えるので、毎日楽しいです」(Yさん・23歳/IT事務)

4:美人IT系女子がパパ活で人気の理由3つ

(1)美意識が高いから

IT企業の場合、もちろん人によりますが、そもそもの月収が平均よりも高く、化粧品や身に着けるものにお金をかけている女性が多いそうです。大手転職サイトの調査によれば、20代女性の平均年収が287万円。一方、IT企業に務める20代女性の平均年収は383万円と、100万円近く差があります。

さらにIT企業は、職場環境を見ると男性がほとんどであるため、普段から男性に「見られている」意識を持っているもの。そうして培われた美意識や女子力が、パパ活市場においても強いのかもしれません。

(2)仕事の話がしっかりできるから

IT系女子の中には、ベンチャー企業で働く人も多いです。ベンチャーでは若手であっても、また男女関係なく、仕事の裁量が大きくなる傾向があります。社内においても経営サイドと距離感が近いため、初対面の経営者とも、社交辞令から仕事の話に至るまで、物怖じせずに話ができる女性も多いでしょう。

(3)プライベートが充実しているから

比較的収入が高めであり、他業種との交流も多い美人IT女子は、プライベートも充実した人も多め。友達との旅行や、週末の昼下がりにオシャレなランチに出かけたり……。ポジティブに日常を楽しんでいる姿は、年上男性から見ても、特に魅力的に映るのかもしれません。

【関連記事】

4月手取りは5万以下。「自分で稼ぐ」か「パパ活」か…コロナ禍のナイトワーカーたち

5:IT女子も?パパ活で人気のアプリ

最後に、パパ活で人気のアプリをご紹介します。

paters

日本初のパパ活アプリで、登録会員数はナンバーワン。また知名度だけではなく、24時間のマッチング率が97パーセントという成功率の高さを誇っています。登録している男性の中には、年収1500万以上、総資産1億円以上、医者や経営者・芸能関連など非常にハイステータスな人が多いそう。

安全面においては、プロフィール画像や自己紹介文などアプリ内のすべての投稿を、24時間365日体制で監視することでトラブルを未然に防いでいます。

5:まとめ

最近ではキラキラIT系女子のみならず、航空系やアパレル系など、さまざまなキラキラ女子が参画しているというウワサ。しかし、パパ活で得たお金というのは、ある種の不労所得。慣れてしまうと、人生が引き返せなくなってしまう可能性もあります。いくらニーズがあるとはいえ、注意しないといけませんよね。