恋のなやみに効くメディア

令和男子vs昭和男子!女性189人が答えたそれぞれのいいところとは?

いちich

©gettyimages

目次

隠す

1:令和男子vs昭和男子!

今をときめく令和男子と、いまや社会の中心にいて、いわゆる「おじさん」世代になってきた昭和男子。同じ男性であっても、その考え方や行動にはそこかしこに違いが見られます。

例えば、昭和男子と飲み会に行けば、何も言わなくてもレジでお会計を済ませてくれますよね。一方、令和男子は当たり前のように「割り勘ね!」と何の躊躇もなく言えたりします。

逆に、「こういうことがあったんだよね〜」と愚痴を伝えてみれば、令和男子は「そうだよね〜。」とたくさん共感してくれますよね。しかし、昭和男子は「それって、次に生かさないともったいなくない?」とやや上から気味のアドバイスをしてくれます。

そこで今回『MENJOY』では、20代〜30代の女性181名を対象に、独自のアンケートを調査を実施してみました。

ちなみに今回、令和男子とは、令和になって社会に出たり、これから社会人デビューを果たす20歳〜24歳の男性と定義しています。また昭和男子とは、幅広い年代の昭和生まれのうち、20〜30代の女性が多く接する、昭和50〜60年生まれの現在35歳〜45歳の男性だと定義しています。

2:令和男子のほうが良いところBEST3

まずは「昭和男子にくらべて、令和男子の良いところはどこですか?」と質問してみました。その回答の上位3つを見ていきましょう。

第3位:見た目に気を遣っていたり、清潔感漂う人が多い

令和男子の「清潔感がある」「見た目に気を遣っている」部分に対して、良いと感じている女性たちの意見が3位に。確かにそう言われてみれば、男性用化粧品やヒゲ脱毛など、美容に関する知識が豊富だったりと、見た目に気を遣っている人たちが多い印象がありますね。

中には「化粧品の買い物にはいつも美容に詳しい男の子についてきてもらっています」(20歳女性)などといった人もいました。

第2位:ノリがよく、話をしていて楽しい

女性との隔たりがあまりなく、共感力が高い令和男子。どんなときでも平等に話を聞いてくれる、女友達のように気軽に相談ができると感じている女性は多いようです。

20代は同世代ということもあり、このような意見が多いのも納得ですが、30代から見ても、令和男子は人懐っこく、話をしていて楽しいと思える、飲み会に一緒に行くなら令和男子!というアンサーも多く、支持が多い意見でした。

第1位:優しい

20代、30代問わず多く見られたのが、こちらの意見。「自分が仕事のミスをしても、上司が令和男子の場合は絶対に怒らないでいてくれる」(24歳女性)、「令和男子と付き合った時、私のワガママにもすべて付き合ってくれた」(34歳女性)など、優しさを支持する女性の声が圧倒的でした。

この結果から見ると、令和男子の良いところ=優しいといっても過言ではなさそうですね。

3:昭和男子のほうがいいところBEST3

続いては逆に、「令和男子にくらべて、昭和男子の良いところはどこですか?」と質問してみました。こちらも、上位3つの回答を見ていきましょう。

第3位:礼儀が備わっている

「ホワイトデーをいつも返してくれるのは決まって昭和男子」(34歳)といったエピソードも聞かれましたが、礼儀を重んじる姿勢に、尊敬の念を送る女性たちの意見が3位に。

『半沢直樹』の「恩返し」ではないですが、「施された恩義はきっちり返す」「約束はきちんと守る」などといった、義理人情を最重視する時代に生まれた昭和男子に、きっちりと染み付いているのかもしれません。

第2位:奢ってくれる

令和男子と比べ、圧倒的に多かったのが、経済力に関する意見。「昭和男子とデートにいくと、お財布を出さないでと言われます」(34歳)なというエピソードに現れているように、男が多く払って当たり前、女性にお金を出させないのが、「男女雇用機会均等法」施行前後に生まれた、昭和男子のスタンダードであることがわかります。

もちろん、年齢や収入を考えれば、令和男子よりも昭和男子のほうが、お金を持っている人も多いでしょう。しかしそれ以前に、マインドの違いであるように思います。

第1位:男らしい

「考え方が豊富でリードしてくれる点が男らしいと感じます」(24歳)、「経験豊富なので、困ったときに頼りになり、男らしくてかっこいい(32歳)」などの意見が、最も多く見られました。

一緒にいてなんでも気軽に相談できるフラットな令和男子も確かに魅力的ですが、「男だから」とやせ我慢をして、なんとか引っ張っろうとしてくれるのは、それはそれでカッコいいと感じている女性も少なくないでしょう。

4:こんな意見もありました!

アンケートの中には、少数ではあるものの面白かったこんな意見も。

(1)スマホやパソコンに詳しくて、アレコレ教えてくれるから令和男子のほうがいい(34歳・会社員)

今や、生活に欠かせなくなったスマホやパソコン。昭和世代の男性にも、もちろん最新情報をキャッチアップしている人もいますが、「正直ついていけない」と感じている人も多いでしょう。

その点、令和男子はガジェットの使い方や電子マネー事情、さらにSNSのトレンドにも詳しく、「優しく教えてくれる」「社内でパソコンの使い方に困ったときはいつも令和男子に頼ってます」という点では、昭和男子を突き放しているかもしれませんね。

(2)歴史を知っていて、文化的な話し合いができるのは昭和男子に多い(24歳・会社員)

「歴史を知っているからこそ、文化的な話し合いができる!」と昭和男子の良いところを語ってくれた人もいました。生きてきた年月が長いからこそ、歴史や過去の文化の話をより深いところまで話せるという点は、昭和男子ならではなのかもしれません。

5:まとめ

一緒に居て楽しい、話を聞いてくれるなど、どちらというと「中性的」で女性の内面に寄り添える部分での評価が高かった令和男子。また、パソコンに詳しいなどの一面も、女性からすると頼りになったり、かっこよく見えたりするポイントかもしれませんね。

一方の昭和男子は、頼りになる、奢ってくれるなど「男性的」で女性をきちんとリードしてくれるところに、女性の評価が集まる結果となりました。

「どっちがいい」と一概には言えないですが、これだけ令和男子と昭和男子で良いところが違うというのは、時代背景を考えてみても面白いポイントですよね。さらに、令和男子と昭和男子の嫌なところもそれぞれ調査してみたので、そちらの記事もお楽しみに!