恋のなやみに効くメディア

ラブホテルでコレをされると激萎え〜!女子目線で見るラブホのNG行動7つ

いちich

目次

隠す

1:ラブホでのその行動、女子にとってはNGな場合も…

男性としては「あとちょっとでエッチができる!」と思って視野が狭くなっているかもしれませんが、女性というのは、ラブホテルでの男性の行動を意外とよく見ているもの。

ラブホでNG行動をされると、せっかく盛り上がっていた気分も萎えてしまいますよね。

2:これをされると嫌だ!女子目線のラブホ事情

(1)ポイントカードを出される

「ポイ活」という言葉もあるくらい、ポイントを賢く使うことは悪いことではありません。しかし、ラブホテルでポイントカードを出されると、「え、前も行ったことあるの?」と思わずドン引き。女子的には、前に一緒にいた女性のことを想像してしまうのはイヤですよね。

(2)料金システムを聞きまくる

ラブホについて、料金をめちゃくちゃ気にする男性って、いますよね。料金システムを女の子に聞かれるのも嫌ですが、フロントに何度も確認されているうちに、なんだか萎えてしまった……なんていうことも。

(3)説明書きを読破

室内においてある説明書き。料金やらテレビの使い方やらアメニティの種類やら、いろいろな書いてありますが、あれをめちゃめちゃ読み込む人っていませんか? あれってなんなのでしょう……。ラブホテルを満喫しようとしすぎていて、ちょっと萎えちゃいます。

(4)時間を1分単位で気にされる

ラブホテルの料金は、大抵の場合が時間に付随した料金システム。あまりに気にしすぎて、エッチの途中にチラチラと時計を確認されたり、中には携帯のアラームを設定する……なんていう男性も。盛り上がっていたり、まったりしているときにアラームで慌しく出る……というのは避けたいものです。

(5)アメニティを持って帰る

ラブホにあるアメニティを持って帰る男性…いますよね。歯ブラシなどの実用的なものならまだしも、「それ、使う?」と思うような入浴剤など、なんでもかんでも持って帰られると、さすがに引く……。もし持って帰りたくなっても、こっそりバレずにするか、本命女子と一緒なら諦めて置いて帰るのがベターでしょう。

(6)飲み物をケチられる

ラブホテルはウエルカムドリンクサービスなども豊富ではありますが、飲み物が有料で置かれている場合もあります。そんなとき、飲み物代をケチる男性とは、どんなにイケメンでも、体の相性が良くても、ポイントが激下がりしてしまうもの。数百円の飲み物をケチる男性にいい人はいない! 筆者はそう思います。

(7)やたらとレンタルグッズを利用する

今はコスプレグッズや美容家電などのレンタルができるラブホテルも多く、それを売りにしているところも。ですが、「レンタルだから得した!」とはしゃがれると、なんだかケチられているような気分になることも……。

最近では大人のおもちゃなどのアダルトグッズもレンタルできますが、衛生面などが気になる女性も多いので、ちゃんとコミュニケーションをとってほしいもの。

3:ラブホテルは入室してからもスマートに

ラブホテルというのは、人間の素が出やすい場所。特に初めてふたりで行くときには、そこで人間の本質を知ることにもなります。男性には、相手からどう見られているかを気にして、スマートな振る舞いをしてもらいたいところですよね。