恋のなやみに効くメディア

彼氏を嫉妬させたい!でも気を付けて。嫉妬が危険な領域に入っているサイン

吉岡サエコS.Yoshioka

目次

隠す

1:たまには彼氏に嫉妬させたい!でも行き過ぎは要注意

愛されている実感がないと、「嫉妬してほしいな」と思ったことのある女性は多いのではないでしょうか。たまにはヤキモチを焼いてほしいものですよね。嫉妬させたくて、わざと他の男性と親しげに話してみたり……。

でも待って! それ、やり方を間違えると危険かもしれません。ケンカの原因になったり、最悪の場合、信頼を失って、破局してしまう恐れも。嫉妬は加減が難しいので、注意が必要なのです。

2:彼氏はどう?嫉妬深い男性の特徴5つ

どんなタイプの男性が嫉妬深いのか、気になりませんか。あなたの彼氏は、当てはまる? 嫉妬深い男性の特徴5つをご紹介していきます。

(1)自分に自信がない

自分に自信がないがゆえに、彼女を束縛してしまう男性は多いもの。「自分には彼女しかいない」という気持ちから、独り占めしたくなってしまうのかもしれません。「さっきしゃべってた男、誰?」なんて聞いてくるのが毎回だと、疲れてしまいますよね。彼に自信を持ってもらい、嫉妬する気持ちをおさえてもらいましょう。

(2)モテる

隠れた嫉妬深いタイプがこちら。中には「俺はこんなにモテるんだから、俺と付き合えて幸せだろ」と思っている人もいるんだそう。彼女が他の男とイチャイチャしているなんて、そのプライドから許せないのかもしれません。モテるタイプの男性だからといって、余裕があり嫉妬しないわけではないのです。

(3)依存しやすい性格

べったりな関係を望む男性は、彼女に執着しやすい傾向にあります。気づかないうちに彼女に依存してしまい、それが束縛につながっていることも。程よい距離感を求めて難色を示されたら、ちょっと危険かも……。もしも別れるなんてことになったら、ストーカーになってしまう可能性も十分考えられます。

(4)ネチネチした性格

ネチネチした性格の人は、嫉妬深いようです。細かいことまで目についてしまい、気にしてしまうことも。過去のことを蒸し返して嫉妬するなど、女性からすると少し面倒に感じてしまうこともあります。繊細な性格を活かしてもらうためにも、その都度、誤解を解いていくと良さそうです。

(5)心配性

ネガティブな発言が多い男性は、「もし彼女が他の人を好きになってしまったら」と考えてしまい、それが嫉妬に繋がることも。また「飲み会に男がいたら危ない」と純粋に思っている人も。彼女を心配する気持ちから、嫉妬してしまうのかもしれませんね。心配されるのは嬉しいものですが、信用されていないと感じてしまう女性も多いようです。

3:嫉妬深い彼氏と喧嘩してしまったときの対処法3つ

嫉妬から喧嘩になってしまうことも多いはず。嫉妬深い彼氏と喧嘩してしまったときの、対処法を3つ見ていきましょう。

(1)理由を伝えて謝る

彼が拗ねていたり、怒っていたりしたら、「そんなつもりはなかったけど、ごめんね」と謝るしかありません。彼としても「また嫉妬してしまった……」と反省しているかも。

「全員参加の会社の飲み会に参加しただけ」「友達の彼氏がついでに送ってくれただけだよ」と、理由を伝えることも大切。勘違いしたまま疑心暗鬼になっていると、話が余計にこじれてしまいます。

(2)好きなのは彼氏だけだと伝える

長くお付き合いを続けていきたいなら、嫉妬深い彼だと理解して、上手く付き合っていく必要があります。

あなたを好きな気持ちから、嫉妬してしまっているだけ。ここで「しつこいなぁ」などとキレてはいけません。好きなのは彼氏だけだと、毎回伝えましょう。あくまで怒らずに、彼をなだめることが先決。彼も安心できたら、嫉妬や束縛が軽減するかもしれませんよ。

(3)今後のルールを決める

できればお互い、これからの喧嘩も避けていきたいもの。喧嘩して仲直りするたびに、今後のルールを決めてみてはいかがでしょうか。

例えば「その日の予定は朝に伝え合う」とか、「異性のいる飲み会は事前に相談して許可をとる」など。彼がされて嫌なことを知っておけば、回避できる喧嘩もあります。喧嘩したときこそチャンス。何に嫉妬してしまったのか、彼の気持ちを聞いてみましょう。

4:これは行き過ぎ…彼氏の嫉妬が危険な領域に入っているサイン3つ

最近束縛がひどいかもと思ったら、彼氏の嫉妬が危険な領域に入っているサインかもしれません。危険サインを3つご紹介します。

(1)鬼電、鬼LINE

「電話に出るまでかけ続けてくる」「未読のままなのにLINEが何百通もきている」など。予定が遅れてしまったり、うっかりスマホを忘れてきてしまったりすることってありますよね。

スマホに残る大量の履歴にびっくり、なんていうことに慣れてしまっていては危険! 普通はそこまで一方的に、連絡はしないもの。「愛されてるなぁ」と笑っていられるうちはいいですが、そのうちトラブルになってしまう可能性だってあります。

(2)居場所などをチェックされている

誰とどこで何をしているのか、毎日チェックされていませんか? 今はSNSを駆使すれば、どこかしらからあなたの行動が見えてしまいます。

あなただけでなく、あなたの周りの人をフォローして、くまなくチェックされている場合も。「GPSアプリを入れられた」なんて女性も、少なくないようです。これではもはや、確認というより監視ですよね……!

(3)男性がいる場所は一切NG

学校や職場にはたいてい男性がいるので、男と一切関わるなというのは無理というもの。目を合わせたり話したりするのも一切NGとなっていても、これは行きすぎかもしれません。

不便で窮屈に感じてしまい、喧嘩になってしまいそうですよね。彼から強要されたら、危険サインのひとつかもしれないと疑ってみましょう。

5:まとめ

いざ自分が束縛されていると、意外とそれが当たり前になっていて気づかないのかもしれません。かわいい嫉妬ならいいですが、行き過ぎにはくれぐれも気をつけてください。彼氏の危険サインも見逃さないようにしましょう。