恋のなやみに効くメディア

好きな女性だけに見せるサインじゃなかった!勘違いしやすい男の行動10選

大山奏K.Ohyama

目次

隠す

1:脈ありサインと思っていたら違った!って恥ずかしい

好きな人に対してだけする態度や発言などを「脈ありサイン」と言います。しかし、サインというのは、あくまでノンバーバルなコミュニケーションであり、真意はわからないもの。サインばかりをあてにしていると、実際には勘違いだったということもありえます。

今回はそんな、脈ありじゃない人にも男性がする言動について解説します。また、本当に脈ありなときにしかしないこともあわせてご紹介します。

2:実は脈ありサインじゃなかった!好きじゃない人にもする男性の行動10選

(1)会話するときに笑顔

こっちが話しているとき、いつもニコニコと聞いてくれると、なんとなくいい雰囲気だと感じてしまいますよね。ですが、社交性があって、誰にでも笑顔を振りまく人も少なくありません。また、社会人なら特に、相手に不快感を与えないようにと考えて、社交辞令で笑顔を絶やさない人も多いです。

(2)彼氏がいるか聞いてくる

「今付き合っている人いるの?」って聞かれたら、脈ありなんて言われますが、これも実際にはあてになりません。男性の中には、話が途切れてなんとなく居心地が悪いときに、この質問をしてくる人や、ただの興味本位で聞いてくる人もけっこういます。

(3)好きな芸能人・タイプを聞いてくる

「どんな男性がタイプ?」「芸能人だったら誰が好き?」なんていう質問もよくありますよね。もちろん好みのタイプを聞いて、自分にチャンスがあるのかを確かめていることもあります。でも、話の流れでなんとなく……という場合も多いです。好きな芸能人を聞けば、その先の会話につなげやすいと思っていることだってありますよ。

(4)趣味や好きなものなどの共通点に喜ぶ

話をしていて、趣味が一緒だったりなど、共通点が見つかると、嬉しくなりますよね。人は自分に似た人を見つけると、相手のことが嫌いでない限り、嬉しいと感じるのは普通のことです。

共通点が多ければ多いほど、話が盛り上がりやすいですし、情報交換などを楽しめるからです。これだけで脈ありと決めつけるのは、早計でしょう。

(5)髪を切ったことに気付いて褒めてくれる

男性が些細な変化に気が付くかどうかは、個人の能力や性格に大きく左右されます。人は、興味のあることに関しては意識が鋭くなるもの。つまり、見た目に気を使っている男性ほど、女性の髪形やメイクの変化などに気が付く可能性が高くなるのです。

そして、気が付いたならひとまず褒めたほうが人間関係的にもいいと考えていれば、単なる同僚以上の感情が一切なくても、褒めることは少なくありません。

(6)話を前のめりで聞いてくれる

自分の話に興味を抱いてくれていると、自分自身に対して興味をもってくれているように感じますよね。もちろん、好きだからという可能性もなくはありません。

ただし、そもそも人と話をするのが好きだったり、話題自体にとても興味があったりする場合にも、前のめりで聞いてくることはあります。

(7)よく目が合う

同じ男性と一日に何度も目が合うと、相手のことを意識し始めてしまうという女性も多いでしょう。ですが、それって本当に目が合っていますか? 距離が離れている場合には、目が合っていると勘違いしている可能性もあります。

また、目が合うためには自分が相手の男性を見ることが必須条件です。逆に言えば、自分がたくさん見るから、よく目が合うと感じてしまっているだけかもしれないのです。

(8)かばってくれる

自分が誰かに責められているときなどに、かばってくれる男性は脈ありなのでしょうか。そうとも言い切れません。もちろん、好きな女性のことを守りたいと思う男性は多いもの。しかし、ただ正義感が強いだけというケースもさらに多いのです。

(9)LINEで日常の写真が送られてくる

男性の中にも、おしゃべり好きだったり、寂しがり屋だったりして、毎日のようにLINEをしたいと思う人もいます。そういう男性の場合は、日常的にテンションが上がるようなことがあれば、写真を撮って送ってきます。こういう人は、いろいろな人にこういうLINEを送っているものです。

(10)ふたりになろうとする

男性がふたりきりになろうとするのは、脈ありの可能性が高いように思いますよね。友達関係ならば、周りに人がいても構わないはずだからです。とはいえ、他の人にあまり聞かれたくない話をしたい場合や、本気ではなく、ただ下心がある場合にも、ふたりきりになろうとするかもしれません。

3:じゃあ、本当に好きな人にしかしないことはいったい何?

(1)脈ありっぽいサインが3つ以上ある

ここまで、脈ありかと思っていたけれど、脈ありとは限らない行動について紹介してきました。人によっては、これらを読んでガッカリしてしまった人もいるかもしれません。ですが、これらが複数同時に現れた場合は、脈ありだと考えてもいいでしょう。少なくとも、気になっていることは確かです。

(2)デートに誘われる

上述したとおり、脈ありサインというのは、確信めいた行動が伴わないもの。しかしデートに誘われた場合、これは行動が伴っているので、高確率で脈ありだと思ってもいいでしょう。ただし、同じ趣味があって、その話が盛り上がった延長線上で誘われた場合はノーカウント。これといった用事や義務もないのに「ごはんに行こう」となれば、純粋に自分に興味を抱いていると思っていいでしょう。

(3)プレゼントをくれる

値段を問わず、何かしらのプレゼントを贈ってくれる場合も、脈ありだと思っていいはずです。出張やプライベートで行った旅先のお土産も同様です。好意がない相手にコストをかけるような男性は少ないですし、勘違いを誘発するような行動はしないもの。離れているときに、その存在を思い出している証拠です。

4:確実な見分け方はない!

実際、「○○だったら脈あり!」と確実に見分けることは、かなり難しいです。「じゃあ、どうすればいいの」と思ってしまうかもしれません。しかし、脈ありだと確信がもててからでないと、自分からアプローチできないのでしょうか。

待っているだけでは恋愛は進みににくいもの。たとえ脈ありかどうかわからなくても、自分が本気で好きならば積極的にアピールをして、相手の気持ちすらも変えてしまいましょう!