恋のなやみに効くメディア

浮気チェックには意味がない!見破れない理由と本当にすべきこと

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:浮気チェックがあっても見破れないのは…なぜ?

恋人に浮気されたら、ショックですよね。ちょっと怪しいと思って、ネットで浮気関連の記事を調べてみると、「恋人が浮気をしているか」を調べるチェック項目があったりします。

しかし、その浮気チェック、本当に信用できるものなのでしょうか。自分に置き換えて考えてみたとき、浮気のチェックリストに当てはまる行動をとっている……なんてことはありませんか?

そこで今回は、恋人の浮気チェックについて改めて見直してみましょう。

2:あなたの浮気チェック…それって本当?間違いかもしれない理由

ここから、よく言われている「浮気のチェック項目」に当てはまるけど、実際には浮気をしていなくてもあり得る行動を紹介します。

(1)会う頻度が減った

会う頻度が減ると、「その時間を他の異性と過ごしているのではないか……」と疑ってしまいそうですよね。しかし、これが必ずしも浮気とは限りません。仕事が忙しくなったり、いろいろと用事が重なったりして、恋人と会う時間がとれないこともあるでしょう。

付き合ってすぐの時期は楽しくて毎日のように会いたいと思うものですが、付き合いが長くなってくると、落ち着いた関係に変化してくるというのもよくある話。会う頻度が減ることは、日常的に起こり得ることなのではないでしょう。

(2)スマホをトイレにももっていく

浮気している人はスマホを手放さないの、というのも、よく言われること。特にトイレにまでスマホをもっていくのは怪しいと考えることもありますよね。しかし、筆者の周りの男性を見ていると、「トイレは暇だからスマホでゲームをしている」という人がかなりの数います。

実際、筆者もトイレにはスマホを持っていき、ゲームをしたり、YouTubeを見たりするのが日常。ひとり暮らしでそれが習慣になっている場合、何も持たずにトイレに行くのが手持ち無沙汰に感じることもありますよね。

(3)身に覚えのない持ち物が増えた

身に覚えのない持ち物が増えることも、浮気のチェック項目のひとつとして考えられています。例えば、明らかに恋人の趣味ではないものを身につけていて、それを大事にしているなら、誰かのプレゼントである可能性を疑うべき、なんていう記述をよく見ます。

しかし、人間生きていれば、何となくイメチェンしたくなることもありますし、今までの服装や小物に飽きてしまうこともあります。古くなったお財布を買い換えるときに、「最近は電子決済が多いから」と使い勝手を重視したタイプから薄型のタイプに切り替えることも。

ちなみに筆者には、「いっつもそのスニーカー履いてるよね」と知り合いに言われて、おしゃれな革靴を買った経験があります。その程度のことで身に着けているものを簡単に買い換えることがあるといえます。

(4)連絡が減った

連絡頻度が減ることも浮気の危険性を示すサイン。浮気相手と密に連絡を取り合っていれば、そのぶん、恋人と連絡を取る時間が減ってしまうからです。

しかし、連絡頻度の減少だけで、浮気を疑うのは早計かも。付き合う前は高頻度で連絡を取り合っていたけれど、そのうちLINEを送る話題がなくなり「おはよう」や「おやすみ」くらいしかやりとりしなくなることもあるでしょう。単純に、仕事が忙しくて残業続きのため、連絡をとる時間がないのかもしれません。

(5)車がキレイになった

車内がキレイになっている場合、誰かを乗せた可能性が考えられるために浮気を疑ってしまうこともあるでしょう。

しかしこれもまた、浮気のサインとは限りません。そもそも、汚れている場所を掃除をすることは、不自然な行動ではないですよね。たまたま掃除をする時間がなかったのが、時間がとれるようなっただけなのかもしれません。

また、友人とバーベキューをしたり、キャンプに行ったりするような場合、たくさんの荷物を積まないといけなくて、車内をキレイにすることもよくあります。

(6)おしゃれや体型に気をつかうようになった

恋人が急に体型や身なりに気をつかうようになった場合も、異性の視線を気にしていることが考えられるからと、浮気を疑う理由だとよくいわれます。

しかし、最近では新型コロナウイルスの影響で外食が減って痩せたり、リモートワークで時間ができて、運動を始めたためのスタイルアップしたいう人は、筆者の身近にもたくさんいます。

他にも、飲みに行かなくなったぶん、お金に余裕が生まれて、今まで我慢していたものも買えるようになるため、おしゃれを楽しみ始めたという可能性も。

(7)キスやセックスのやり方が変わった

キスやセックスのやり方が変わると、自分ではない他の誰かと肉体関係をもったのかと疑うこともあるでしょう。

しかし、キスやセックスにマンネリ化を感じ、新鮮味を求めて新しいことにチャレンジしようとしているとも考えられます。特に男性はアダルトな動画を鑑賞する人が多いので、その影響があるかもしれません。

「AVでやってたこんなプレイしようよ」とは言い出しづらいだめに、黙ってやり方を変えている可能性もあります。

3:どうして普通のことが浮気だと感じるの?その理由3つ

ではなぜ、上述したようなことを浮気のサインだと感じてしまうのでしょうか。「そもそも」の部分に着目してみましょう。

(1)そもそもの信用がない

恋人に対して信用がないと、普通のことを浮気のサインと思ってしまうもの。例えば、「飲み会に行く」と事前報告をしてくれればいいのに、黙って合コンに参加していたことが過去にあるなどした場合には、普通のことも怪しく感じるもの。疑心暗鬼になってしまって、普通の行動が浮気のサインだと感じても不思議ではありません。

(2)浮気された過去がある

元恋人に浮気された経験があると、今の恋人が同じ行動をとったときに「浮気かも?」と思ってしまうこともあるでしょう。例えば、会う頻度が減って「なにか怪しいな」と思って元恋人を問い詰めたら浮気を白状した経験をもつ人がいるとします。

その人が今の恋人と同じ状況になったときに、元恋人に浮気された経験がフラッシュバックして「もしかして浮気?」と疑ってしまうことも考えられます。

(3)自分も過去に浮気をしていた

過去に自分が浮気をしていた、または現在浮気をしている場合、恋人に対して浮気を疑うこともあります。浮気をしている人はどういう行動をするのかを知っているからこそ、恋人が似たような行動をとったときに「もしかして」と思うわけです。

特に「スマホをトイレにもっていく」などの日常的な行動が気になったときに、自分の浮気した経験と照らし合わせていないか冷静に考えてみるといいかもしれません。

4:浮気かも…思ったら本当にすべきこと3つ

浮気のサインかと思ったら、実は普通の行動だったこともあれば、本当に浮気をしていることもあるでしょう。その場合、やっておいて損はない行動をご紹介します。

(1)「もしも浮気していたら別れるか」を自分の中で決める

もし浮気をしていた場合、自分はどうすれば納得できるかを考えておくと後悔しない付き合いができるでしょう。恋人が浮気をしていた場合を想定して、「その場合はどうするか」を決めておくのです。

「別れる」と決断するのもいいでしょう。また、付き合い続けるなら、「飲み会があるときは事前連絡をする」などのルールを設けて浮気をしない付き合い方を模索してみるのもいいかもしれません。

(2)証拠を集めておく

浮気をしている人に、「浮気してるの?」と聞いても「している」と正直に答えることは考えにくいです。そのため、何かしらの証拠を集めておくことをおすすめします。完全な証拠ではなくても、何かしらの事実を押さえておく必要はあるでしょう。

例えば、彼の車のカーナビに行ったことのないデートスポットの案内履歴が残っていないか、行ったことないレストランのレシートが捨てられていないかを確認してみるなど。言い訳をされても問い詰められる事実を集めてみてください。そして「本当にクロだ」と思えるようなものが出てきたら、いよいよ決断のときです。

(3)直接聞いてみる

証拠を集めることができたら、浮気をしていないかを本人に確認を。「浮気してる?」と聞くのではなく、「あの日何してたの?」といった感じで聞いてみましょう。

「友達と遊んでた」と言われても「どこ行ったの?」とか「何してたの?」と詳しく問い詰めます。あなたの集めた証拠と矛盾することを言い始めたら指摘しましょう。浮気をしている確実な証拠がなくても、相手の矛盾点を指摘して問い詰めることで、「浮気しました」という自白を得ることもできます。

5:まとめ

浮気のチェックリストに当てはまったからといって確実に浮気をしているとは言い難いです。しかし、複数個当てはまるようなら浮気をしている可能性も高まってきます。

ちょっと気になることがあっても、恋人の浮気をすぐに疑うのではなく、冷静に判断するように心がけてみてください。