恋のなやみに効くメディア

上司がむかつく!クズな上司の特徴とスマートな対処法5つ

新井 よつばY.Arai

©gettyimages

目次

隠す

1:上司がむかつく!

組織の中で働いていれば、「むかつく上司が本当に嫌い! でも上司だから逆らったり、どうすることもできないし……」と、思い悩んでしまう経験、誰でもあるもの。

嫌な上司がひとりいるだけで、仕事が思うように進まなかったり、会社へ行くこと自体も嫌になってしまったりしまいます。では、そんなむかつく上司たちには、どんな対応をするのが正解なのでしょうか。

2:このクズ上司!むかつく上司の特徴5つ

ここからは、むかつく上司のあるあるをご紹介します。

(1)人のせいにする


自分のミスを、しれっと部下に押しつけてくる上司っていますよね。部下の立場だとそれに逆えず、自分が上司の代わりに謝るということも往々にしてあること。

自分のミスは、自分で責任を取ることは、社会人としては当たり前のこと。しかも上司なら、部下のミスも自分のミスとして受け止められるぐらい、どしっと構えられるような人であってもらいたいものですね。

(2)態度に差がありすぎる

仕事の成果ではなく、飲みに付き合ってくれる部下や、見た目の優れた部下に対して、明らかにえこひいきする上司もいます。そうした公平性に乏しい上司の下では、仕事がやりにくく、生産性も上がりません。

他にも、自分の上司にはヘコヘコするくせに、部下に対しては態度がでかすぎる人も、典型的なむかつく上司。その明らかな態度の差、バレてますよ!

(3)ダメ出しばかりする

何をしても難癖つけてくる人もいます。筆者が会社員のころ、課員全員が参加する会議で、いつも同じ人を見せしめのように怒る上司がいました。あまりにひどい叱責は、パワハラ認定されてもおかしくありません。最近はスマホの普及に伴い、休日や業務時間外にもLINEで延々と責め続けてくる上司も出てきているようです。

(4)時間を守らない

仕事ができない上司にもイライラしますが、特に、社会人として誰でもできる当たり前のことができない上司にもイラッとしますよね。締め切りを守らなかったり、平気で毎回会議へ遅れてきたりする上司には、仕事で注意や指導などをされても、ひびかないものです。

(5)プライベートに口を出す

仲がいい上司なら嫌な気はしないのですが、連休前にいちいち「週末どこへ行くの?」や「最近、彼氏(彼女)とはどうなの?」など、プライベートにまで迫ってくる上司も嫌ですよね。

最近は、SNSで上司からフォローリクエストを送ってこられることもありますよね。嫌な上司のフォローリクエストを放置していると、直接怒ってくる人もいるようです。

3:むかつく上司への対処法5つ

(1)会話は必要最低限に


上司に限らず、嫌な人とどうしても一緒に過ごさなければいけないときは、無駄なことは話さないに限ります。むかつく上司が同じ空間にいるだけで嫌な気持ちになるかもしれませんが、相手からしても、自分と好んで一緒にいるわけではありません。そこは大人としてグッと堪えて、業務上、必要なことだけ話すようにしましょう。

(2)うまく聞き流す

むかつく上司の嫌味が始まったら「また始まった」ぐらいに受け止めて、右から左へ聞き流すようにしましょう。ポイントは、感情的にならないこと。一段上の目線になり、仏になったような気分で、言われたことをストレートに受け止めないようにしましょう。

(3)言動の背景を考える

嫌なことを言う上司に対しては、「家庭で何かあったのかな」や「上司に怒られたのかな」と、発言の背景を考えてみるようにしましょう。何でこんなことを言うのか理解しようとすることで、怒りの気持ちが落ち着くことがあります。

(4)しかるべき人や部署へ相談

上司の言動があまりにひどい場合は、さらに上の上司や人事部など、しかるべき部署へ相談してみましょう。ひとりで相談するのが不安という人は、同じような境遇にある同僚と一緒に相談しにいくというのもひとつの手です。ひとりで抱えこまないようにしましょう。

(5)転職する

上司を変えることはなかなか難しいので、ときには自ら異動を願い出ることも、自分を守るために必要です。

さらには、どうしても改善策が見つからず会社へ行くのもつらいという人は、転職を視野に入れてみてもいいでしょう。上司が嫌で転職するなんて逃げだと思う人もいるようですが、我慢したところで、苦手な上司からは評価されず、心のバランスを崩してしまうかもしれません。何もせずに動かないことこそが逃げだとも考えられますよね。

4:むかつく上司は冷静に分析を

あちらこちらにいるむかつく上司。変わってほしいと切に願っていても、なかなかそう簡単にはいかないもの。だからといって、無理して合わせようとしすぎると、心身ともによくない影響を及ぼしてしまう可能性があります。

まずは、「上司」という絶対的な階級を一度外し、ひとりの人間として、冷静に見られるようにしましょう。そうやって見てみれば、上司のことばかり考えずに済みますし、むかつく上司にも、もしかしたらいいところがひとつくらいあるかもしれません。