恋のなやみに効くメディア

LINE電話が便利!発着信方法や便利な機能、通話できない原因と対処法も

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:LINE通話の使い方が知りたい!電話番号は登録しなくてもOK?

LINEを使用する際には、アカウント作成が必要になります。以前は、FacebookアカウントからLINEの新規登録が可能だったため、電話番号がなくても登録可能でしたが、2020年4月にそのサービスは終了。現在は、電話番号の登録が必須です。

しかし、SMS機能付きのデータ通信専用のSIMカードを使えば、電話番号の登録なしでも利用することができます。

2:LINE無料通話の発着信方法

(1)発信方法は?

まず、LINEのアイコンをタップして、アプリを起動させます。そこから友だちリストを表示させ、通話したい友だちを選んでタップ。すると、「無料通話」という表示があるので、そこをタップすれば相手に電話がかかります。呼び出し画面になり、あとは相手が出るのを待つだけです。

(2)着信方法は?

友だちからLINE通話の着信があると、着信画面に切り替わり、通知が表示されます。その際、友だちが使っているアイコンなども表示されます。応答する場合は、緑のボタンを右にスワイプ。

そうすると、通話が開始されます。切りたいときは、赤のボタンを左にスワイプすれば切断となります。

3:LINEビデオ通話の発着信方法

LINEビデオ通話とは、映像つきの無料通話のこと。この便利な機能の発着信の方法もご紹介しておきましょう。

(1)ビデオ通話をかける

まず、ビデオ通話をしたい相手のプロフィール画面を表示させます。画面下に、「ビデオ通話」という項目があるので、それをタップすれば発信されます。また、トークルームから、画面右上にある電話のマークをタップすると、「ビデオ通話」の表示が出てくるので、そちらからでも発信が可能です。

(2)ビデオ通話を受ける

ビデオ通話がかかってきたときの対応は、無料通話のときとほぼ変わりません。ただ、使っているのがAndroidかiPhoneかによって、カメラのオンオフを選択できたり、できなかったりします。

4:PC版LINEを使ってパソコンで通話する方法

パソコンを使う機会が多い人の中には、LINEもパソコンで使用したいという人もいるでしょう。そこで、PC版LINEで通話する方法もご紹介しておきます。

(1)まずはアプリをダウンロード

PC版LINEを使用するためには、まずLINEをパソコンにダウンロードしなくてはいけません。パソコンを使ってLINEの公式サイトにアクセスをして、ダウンロードとインストールをおこないます。「Windows版」「Mac版」があるので、自分の使っているパソコンに合ったほう選んでください。

(2)通話をスタートさせるには

ダウンロードとインストールが完了し、起動して本人認証が完了すると、通話が可能になります。通話したい相手やグループのトークルームを開くと、画面の右上に電話のマークが現れるので、そこをクリックしてください。すると、音声通話かビデオ通話かが選べるので、目的のほうをクリックすれば発信されます。

電話を受ける場合は、着信があるとパソコンの画面上に、発信者の名前とアイコンが表示されます。あとは「拒否」か「応答」を選んで、クリックするだけです。

5:LINE電話でできることは?おすすめの機能

LINE電話を使いこなせていないという人もいるでしょう。便利な機能もたくさんあるので、知っておくといざというとき助かりますよ。

(1)LINE電話の録音が可能

LINE電話で重要な会話をするとき、内容を録音できたら助かりますよね。LINEアプリ自体には録音機能はありませんが、LINE通話の録音が可能なアプリはあります。使いたい人はそちらもインストールしておくといいでしょう。また、iPhoneには「画面収録」という機能があり、それを使っても通話の録音が可能です。

(2)グループ通話で最大500人まで通話可能

「グループ通話って、いったい何人まで通話が可能なんだろう」と疑問を持った人もいるはず。最新の機器であれば、その数はなんと500人! それていて時間制限もなく、無料です。うまく使えばかなり大規模なオンライン飲み会ができそうですよね。

(3)ビデオ通話で画面共有する

グループ通話中に、みんなで同じ画面を見て会話をしたいと思うときがあると思います。そんなときに使えるのが、画面共有の機能です。

iPhoneとAndroidで多少操作は異なりますが、ビデオ通話を開始してから、画面上にある「みんなで見る」表示をタップすることでグループ内での画面共有が可能になります。YouTubeも見られます。

(4)ビデオ通話でバーチャル背景を使う

LINEでビデオ通話をする際、自分の部屋を映したくない場合もあると思います。そんなとき、バーチャル背景を使うことで、プライベートを明かさずに済みます。用意されている背景だけでなく、オリジナルのものも設定可能。ただ、この機能が使えるのは、PC版LINEに限ります。

6:こんな時はどうすれば?LINE電話ができない原因と対処法

今まで問題なかったのに、急にLINE電話が使えない……という場面もあるでしょう。かなりの不便を感じるはず。その原因と対処法を見ていきましょう。

(1)LINE電話ができない

LINE電話ができないとき。それは普通の電話でいうところの「電波が悪い」状態と同じように、「Wi-Fiが届いていない」という可能性があります。そういう場合はWi-Fiの状況を確認して、しっかり届く場所に移動するか、「モバイルデータ通信に切り替える」などの対応が必要です。

あとは、アプリのアップデートを怠っている場合も電話ができなくなることがあります。古いバージョンのままになっているときは、アップデートを試みましょう。それでも電話ができない場合は、スマホ自体を再起動させてみるというのも、ひとつの手でしょう。

(2)自分や相手の声が聞こえないとき

自分や相手の声が聞こえづらいときは、マイクがミュートになっていたり、受話音量が小さくなっていたりといった初歩的なミスが原因となっている場合があるので、まずはそこを見てみましょう。

もしくは、やはり通信環境が悪く、Wi-Fiが届いていないという原因も考えられます。また自分ではなく、相手側の機器に問題がある可能性も。そういうときは、「テスト通話」を試すことで確認ができます。

ホーム画面から、移行していくと「マイクテスト」や「テスト通話」という項目が出てきます。そこで自分の声を録音し、再生。これで問題があるようなら自分のスマホが原因ですし、問題がないようなら相手側のスマホに何かしらの障害が起きているということになります。

7:LINE電話は本当に無料なの?

LINE電話を使っていて、本当に無料なのだろうか、何か裏があるのでは?と思ったことはありませんか。実際のところ、どうなんでしょう。

(1)LINE通話は無料!ただし通信料はかかる

LINE電話を使った通話は無料です。ビデオ通話も無料。しかも、時間の制限もありません。ただし通信料はかかります。そうなるとやはりWi-Fiのある環境で使用したほうが得ですよね。

(2)LINEを使っていない人と話せる「LINEOut」は無料なの?

LINEを使用していない携帯電話や固定電話に対しても、通話ができる機能が「LINEOut」です。「LINEOut」は国内外への通話が可能ですが、格安IP電話の機能であるため、通話料はかかります。ポイントを購入することで、通常の通話よりも安い金額で電話がかけられます。

また、「LINEOutFree」というサービスもあり、こちらは、通話の最初に動画広告を視聴する、一日5回までなどの制約があるものの、海外の多くの国との通話が最大3分間無料となります。

8:LINE電話の通信量はどれくらいかかる?

LINE電話の通信料がどのくらいのものか、具体的な数字を見ていきましょう。

(1)無料通話の場合

LINE通話の通信量の目安は、1分間の使用で0.3MB。10分で3MB。この計算でいくと、1GBを消費するのには、55時間以上かかります。ですから、1か月を30日で考えたとき、1日に1時間以上使用しても、1GBの消費には至りません。

(2)ビデオ通話の場合

ビデオ通話の場合は、やはり通常のLINE通話よりも消費される通信量は大きくなり、1分間に消費されるのは5.1MB。10分間で51MBとなり、1GBを消費するのに、約3時間半という計算になります。通話中に動画共有などをすると、さらに消費量は大きくなるでしょう。

9:まとめ

ひと昔前であれば、電話代が無料なんて考えられない話でした。しかもテレビ通話までできるのですから、便利な世の中になったものです。これからも技術は進歩していくでしょう。利用する側としては、うまく対応して活用していけるといいですね。