恋のなやみに効くメディア

年下男子の脈ありな言動は?完全に惚れてるサインと勘違いしそうな言動

東城 ゆずY.Tojo

©gettyimages

目次

隠す

1:年下男子が脈ありかどうか見極めるには

年下男子の脈ありサインは、とてもわかりにくいといわれます。なぜかというと、相手から見たら自分は年上だからこそ、機嫌を取ろうとしたり、社交辞令で褒めてくれていたりする場合もあるからです。

しかし、年下だからこその勘違いしやすいポイントを知っておけば、恋の発展に役立つかもしれません。

2:もう落ちてる!年下男性があなたに惚れてるサイン3つ

もう彼は私に恋に落ちてる!と確証が得られるようなサインがあった、ら、年上の立場としては動きやすいですよね。そこで、年下男性が女性に惚れているサインを3つご紹介します。

(1)プレゼントが多い

年下だからこそ、好きな女性に対しては、頼りないと思われたくないと思うもの。そのため「年下だから頼りない」と言われず、さらに「気が利くと思ってもらえるような努力を忘れません。

興味をもってもらえるように、あえてコーヒーやスイーツの差し入れをする、なんていうことも。過去に話した好物を覚えていてくれたら、好意をもたれているのかもしれません。

(2)見栄をはる

年齢関係なく、好きな女性の前ではカッコをつけたい男性は多いです。もちろん、年上の女性に甘える男性も多くいます。しかし「自立している男として見られたい」という思いから、好きな女性の前では弱みを見せない年下男性も。「ちょっと無理してない?」「見栄はってる?」みたいな態度を見逃さないようにしましょう。

(3)目が合う

例えば、オフィスや学内などのシチュエーションで、ふとした瞬間に、年下男性からの視線を感じることもあるでしょう。

見つめ返すと慌てて目をそらすのは「ずっと見ていた」ことを悟られたくないからかも。目があったら優しく微笑み返す……そんな高度なテクニックを使ってみてもいいかもしれません。

3:好きになりそう!年下男性が脈あり女性にする言動3つ

年下男性が気になる女性にする定番の言動はどんなものがあるのでしょうか。エピソードつきでご紹介します。

(1)「彼氏として見れる?」と聞いてくる

「職場の年下男子と付き合っています。付き合う前は、けっこう何度も、“年下の男は彼氏としてはダメかな?”と冗談っぽく聞いてきたことがありましたよ」(Iさん・31歳女性/IT関連)

自分が恋愛対象内にいるのか気になって仕方ないのは、年下男性だって同じ。むしろ年下男性だからこそ、余計に気になる項目です。「彼氏として年下男子がアリなのか」をさりげなく聞くのは、定番の脈アリ言動といえそう。

(2)「年上好き」と主張する

「今、ちょっといい感じになっている年下の男の子は、私に面と向かって“年上の女性が好きだから”とアピールしてきます。過去の恋愛をもち出しては“やっぱ年上の女がいいよ〜”と甘えてきてかわいいです」(Sさん・38歳女性/美容関連)

「年上の女性って素敵だよね」と自ら年上好きであることを匂わせる。これも好意があるからこその言動です。年上好きと相手に伝えることで、アプローチをしている可能性があります。

(3)「俺も男だよ?」と男らしさを見せる

「なんでも話せる年下の男の子は、私にとって弟みたいな存在でした。“旅行も一緒に行けるかも”と話したことがあったのです。そしたら、急に真面目な顔して“でも俺も男ですから。何するかわからないですよ?”と言ってきて。それを聞いてから、彼が気になっています」(Mさん・21歳女性/大学生)

年下の男性と年上の女性。陥りやすいのが「弟キャラ」「弟分」という位置付けになってしまうこと。長いこと一緒にいると、それを変えるタイミングが必要になります。好意はもっているけど、すでに親しくなりすぎてしまっている場合、いきなり「俺のことどう思ってる?」など、異性であることをアピールしてくることもあるでしょう。

他にも『MENJOY』過去記事「年下の男の子を好きになった!脈ありサインと落とし方」なども参考に、年下男子がどう思っているか模索してみてはいかがでしょうか。

4:気を付けて!好意と勘違いしがちな年下男性の言動3つ

中には、好意かと思ったら勘違いだった!というケースも少なくないようです。思わず勘違いしてしまうような言動をご紹介します。

(1)「彼氏をつくらないで」と懇願

甘えたい男性にとって、面倒見のいい年上女性は、憧れの存在であることは確かです。しかし、それは時に母親や頼りがいのある姉として見ていることも。一概に恋愛とは言い切れません。

「彼氏を作らないで」などと発言するのも、気軽に相談したり食事をしたりできる異性の友達を失いたくないだけかも。甘えるのが上手なのも年下男子の特徴です。惑わされないようにしましょう。

(2)「かわいい」を連発

遊び慣れている男性の場合、簡単になびかない年上女性を落とすことをある種のゲームのように考えていることもあります。

そんな輩がよく使う手が年上女性に対する、あえての「かわいい」。本当にそう思っている場合もありますが、連発してる場合はテクニックとして使っている可能性大! 本当に好きな女性のことを恥ずかしげもなく、褒められる男性は少ないでしょう。

(3)「彼氏いる?」と聞く

歳が離れていると、会話のネタを探すのもひと苦労。そんなときにネタにしやすいのは、恋愛話だったりします。「彼氏いるの?」と彼が聞いてきた場合は、恋バナをもちかけて盛り上がりたいだけなのかもしれません。もしくはそんな話題をふりつつ、本当の目的は自分の好きな女の子の相談……なんて場合も。

5:ひと回りも年下の男子との恋愛って可能?

筆者の知人に、自分より20歳も年下の男性と結婚した女性がいます。バツイチだったため子連れで再婚。「息子とのほうが歳が近い」と話していました。

この知人とその彼とは、同じ国家資格を所有する仲。つまり共通の話題が多かったのだそう。再婚の決め手は「自分より年下なのに仕事への熱意に尊敬した」ということでした。年齢は離れていても、近い価値観をもつ年下男子であれば、恋愛は可能ということがわかります。

そして、この知人女性は、筆者から見るといわゆる美魔女。「彼に釣り合うように努力している」と話していました。年齢差を埋めることはできなくても、好きな人のために努力する姿勢も大事だということですね。

6:年下男性との恋は楽しんだもん勝ち♡

年下男性と年上女性の恋愛。ちょっと頼りないけど頑張り屋の彼と、すごくしっかりしている女性らしい年上女性……そんなバランスのとれたステキなカップルもたくさんいるでしょう。

ただし、先ほども触れたように、好意かと思ったら勘違いということも多いのが、年下男性との恋。大人の女性として空回りしないように、しっかりと見極めておきたいところですね。