恋のなやみに効くメディア

自分を信じるってつまりこういうこと!恋愛でのメリットと勇気がもらえる名言

EmaEma

©gettyimages

目次

隠す

1:自分を信じるとは?

自分を信じるとは、自分のことを信頼し、自分のことを愛するということです。人間誰しも、ついつい他の人と比較して、ネガティブな感情に陥ってしまうこともあるでしょう。

しかし、誰かに認めてもらうことで価値を見出す人生よりも、自分が自分を認めてあげられる人生のほうが、結局のところ、ずっと豊かだったりするのではないでしょうか。

2:自分を信じるメリット5つ

ここからは、具体的に自分を信じることによってもたらせるメリットを確認していきましょう。

(1)自分に自信がつく

容姿や能力など、どこかしらにコンプレックスを抱えている人は少なくないでしょう。心の中で自分を完璧だと認識することは容易ではありません。しかし、その自信のなさを日常生活に持ち込んでしまうと、物事がうまく回らなくなってしまいます。自分を信じることは、お金では買えない自信をくれます。

(2)誰かに依存をしない

自分のことを信じることができない場合、誰かを強く信じ込みたい気持ちが高まるもの。それが恋愛だった場合、相手に依存をしてしまいやすくなります。いないと生きていけない、少しでも連絡がないと何も手につかなくなってしまう……それは決して健常な恋愛とはいえませんよね。自分に自信が持てれば、そういった依存から抜け出すことができるでしょう。

(3)自己肯定感が上がる

生きていれば、嫌味なことを言ってくる人はいますし、物事がうまくいかない時や傷つくときもあります。それでも、また気持ちを持ち直して、前を向くよう自分でコントールしなければなりません。そのために必要なのが自己肯定感。自分を信じて、自分を肯定してあげる力こそ、エネルギーの源なのです。

(4)不安に陥る回数が減る

自分を信じてあげられないと、必然的に何か他のものや人を信じ、頼りたくなる気持ちが強くなります。そして、不安になるたびに、その信じるものや人を当てにします。精神安定剤のようなものですね。

しかし、その精神安定剤が自分自身だった場合はどうでしょう。自己解決できるからこそ、不安になる回数もぐんと減るはずです。

(5)ネガティブな感情が減る

とんでもなくブルーな気持ちになってしまったとき、どうしていますか。恋人に連絡をしますか? では、恋人がいなかった場合はどうでしょう。新たにそういう相手を探さなければいけませんね。このように「誰かが助けてくれる」と信じているようでは、一向にネガティブな感情のコントロールができません。

その分、自分を信じることによって、自分の気持ちを自分で立て直すことができれば、たとえネガティブな感情に支配されたとしても、コントロールすることができます。

3:自分を信じる方法5つ

(1)自分を理解する

誰かを好きになるときは、その人の人柄や心のうちを知って好きになりますよね。知れば知るほど、愛おしくて夢中になるのでしょう。自分についても同じです。自分のことを愛することほど難しいことはないですが、自分を知って、大切にしてあげることが大事です。それは、自分自身がいちばん理解者でいることを意味します。

(2)自分の味方でいる

何かあったとき、助けてくれるのは家族ですか、恋人ですか。それとも、友達でしょうか。どんなときにでも絶対的に味方でいてくれる存在ほど大きいものはありませんね。しかし、自分を強くするためには、自分が自分の味方になってあげる必要があります。そうすると、自然と周りの人のことも助けてあげられるようになります。

(3)自分に厳しくしすぎない

どうしても、自分に厳しくしてしまう人もいるでしょう。休む時間や娯楽を与えることもなく、体も心も駆使して仕事をし続けてしまったり、痩せるために過剰なダイエットをしてしまったり……。

自分に厳しくすると、自分に弱音をは吐くことができなくなってしまい、ピークを越してしまうことも……。そうなると、あとは限界を超えてつぶれるだけ。自分に厳しくしすぎないことも大切です。

(4)ディズニープリンセスを見習う

ディズニー作品に登場するプリンセスたちに共通しているのが、自分を信じていることです。少し心がもやっとしたときはぜひ、ディズニーの作品を見てみてください。忘れかけていた自分への自信を取り戻せるはずです。

(5)好きな自分に寄せる

最初から自分を好きになることや自分を信じることは難しいでしょう。まずは好きになる努力、信じる努力をするところからはじめましょう。今すぐにではなく、これから5年、10年かけて手に入れたい自分を思い浮かべてみましょう。そして少しずつ、理想の自分に寄せていくのです。

4:自分を信じたいときに勇気もらえる名言3つ

(1)私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの

「My life didn’t please me, so I created my life.」

こちらは、ココシャネルの名言です。自分に自信がないときは、それが運命であると思い込み、ついついそれに抗う気持ちを忘れがち。しかし、それを受け入れるのも、抗って自分の人生のシナリオを変えるのも、すべて自分次第。そんなシンプルな事実を思い出させてくれる名言ですね。

(2)あなたの心が正しいと思うことをしなさい。どっちにしたって批判されるのだから

「Do what you feel in your heart to be right – for you’ll be criticized anyway.」

こちらは、アメリカ合衆国の第32代大統領、フランクリン・ルーズベルトのファーストレディ、エレノア・ルーズベルトの言葉です。人はつうつい周囲の目を気にして、思ったような生き方ができないもの。しかし、それを気にしていては勿体ないと思えるようになる名言ですね。

(3)あなたの傷を知恵に変えなさい

「Turn your wounds into wisdom.」

最後は、米国の著名なテレビ司会者であるオプラ・ウィンフリーの言葉です。何でもインターネットで調べられる時代になったからこそ、おろそかにしがちな知恵ですが、必ず、自身を強くしてくれるものだと気づかせてくれます。

5:まとめ

信じた先にあるものこそが、新しい未来です。これまで、想像できなかったことも現実にする力を持てるかもしれません。自分を信じることは、仕事においても、恋愛においても、必ず自分を支えてくれるものとなるでしょう。