恋のなやみに効くメディア

好きすぎてやばい…その恋、危険かも。気持ちを抑える方法3つ

毒島 サチコS.Busujima

©gettyimages

目次

隠す

1:好きすぎてやばいときってどんなとき?

寝ても覚めても好きな人のことばかり考えてしまう……。「好きすぎてやばい……!」という感情は、経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

(1)いい面もあるけど悪い面もある

好きすぎてやばいくらいの恋愛は、「自分は今、めちゃめちゃ恋をしている!」と全身で実感できて、毎日が楽しくなるといういい面もあります。歳を重ねるにつれて、心の底から好きになれる人にはなかなか出会うことはできないという声も。だからこそ、その恋はもう奇跡!

でも一方で、悪い面も……。相手のことばかりを考えすぎて、メンタルがおかしくなる、仕事が手につかなくなるなど、生活に支障が出てしまう可能性もあります。

(2)好きすぎてつらいから別れる人も

「好きすぎてやばい……」の先にバラ色の未来が見えない場合、その苦しさのあまり、自ら手放してしまう人も。不倫や片思い、付き合っているけれど結婚願望のない彼氏など……。原因はさまざまですが、好きすぎて別れを選択する人もいます。

ここからは具体的に「好きすぎてやばい」ときの危険性と対処法について考えていきましょう。

2:【片思い編】好きすぎてやばいときの危険性3つ

(1)相手の動向ばかり気にしてしまう

片思いのつらいところは、相手が今どんな気持ちでいるのかがまったくわからないということ。

少しでも近づきたくて、SNSや友人からとにかく情報を集めようとする人も多いのではないでしょうか。しかし、その中には「元カノは〇〇だったらしいよ」といった、よくない情報も含まれていることもあります。そうなると悪い妄想が膨らんで、落ち込んでしまうことも。

相手のことをSNSや周囲の人から知ろうとする行為は、知りたくなかったことまで知ってしまうことにつながり、そのために落ち込んで、何も手につかなくなることもあります。

(2)自分の気持ちを押し付けてしまう

片思い中、直接「好きです」とは言えなくても、自分のことを知ってほしくて、話題を探して頻繁にLINEしたり、自分の好きなお店に誘ってみたり……。一生懸命になりすぎて「私は、私は」と過度な自己主張をしてしまうこともあるでしょう。相手がうんざりしていることにも気づけないこともあるので注意です。

(3)時間だけが過ぎてしまう

(2)とは真逆で、積極的なアプローチをすることができず、ただ彼を思い時間が好きてしまうという女子もいますよね。脈ナシだとしても、新しい恋にいく気にもなれないのです。

3:【恋人編】好きすぎてやばいときの危険性3つ

(1)相手の気持ちを試してしまう

晴れて両想いになり、付き合い始めても、好きすぎてやばい状況になると、相手の気持ちを試さずにはいられなくなる人も。「私のこと好き?」と何度も聞いてみたり、彼に嫉妬させるような行動をしたり……。行きすぎると、相手に嫌われて破局を迎えることに。

(2)嫉妬のしすぎで他のことが手につかなくなる

彼が「飲み会に行く」と言えば、「誰と?」と聞いてしまうし、彼のスマホが鳴るたびに、女性からかどうかが気になってしまう……。嫉妬のしすぎで仕事や勉強が手につかなくなることもあります。

(3)SNS監視で時間が過ぎる

LINEの返信がなければ、彼のSNSをチェック。そして自分の知らない彼の姿を見て、また嫉妬して……。インスタとTwitter、フェイスブックを1日に何度も何度もチェックしてしまうという人も。

4:気持ちはどう抑える?好きすぎてやばいときの対処法3つ

上記のような「好きすぎてやばい」気持ちはどう抑えればいいのでしょうか。対処法を3つご紹介します。

(1)好きすぎるから我慢する

自分の気持ちを優先した行動に出てしまう人も多いと思います。好きすぎるからケンカする、好きすぎるからSNSで彼を監視してしまう、束縛してしまう……。でもその行動が相手の気持ちを遠ざけしまうとしたら……。今、自分がしている行動を逆に考えてみましょう。

好きすぎるからケンカしない、好きすぎるからSNSで彼を監視しない、束縛しない……と逆に考えてみると、うまくいくことがたくさんあります。

(2)行動の前にひと呼吸置く

行動するの前にひと呼吸置く癖をつけましょう。LINEも送る前に「受け取った相手がどう思うか」を考えてひと呼吸、彼にイラっとしたときもひと呼吸……。そして、「あえて連絡しない」ということも選択肢に入れましょう。

(3)試さない、見ない、言葉にする

相手の気持ちを試したり、SNSを監視したりといった行為は、相手に嫌われる原因になります。思ったことは言葉にする!と決めて、相手にちゃんと伝えるようにしましょう。もちろんひと呼吸おいて、冷静になってからですよ。

5:「好きすぎてヤバい人」にはなかなか出会えない

「好きすぎてヤバい……」。そんなとき、自分の気持ちがコントロールできなくて、苦しくなりますよね。でも、大人になると、好きすぎる恋ができる機会はそう多くありません。だからこそ、上記の対処法で、その恋を大切に育ててくださいね