恋のなやみに効くメディア

二人きりで会う男性心理は?職場や彼女持ちなど相手別に男性心理を解説

平松隆円R.Hiramatsu

©gettyimages

目次

隠す

1:付き合ってないのに二人きりで会うのはなぜ?

男女を問わず、二人きりで会うという行動には、少なからず、相手に対する好意が存在していることは間違いないでしょう。もしも嫌いな人だったら、まず二人で会うなんてことしませんよね。

知り合いや友達を交えたグループで会うときよりも、二人きりで会うときのほうが、相手に対する好意の気持ちも強く、それと同時に、さらに仲良くなりたいという気持ちも強いかもしれません。

この場合の好意とは、恋愛対象としての好意もありますが、友達としての好意もあります。それがどちらなのかは、相手との関係性や、相手の言動から判断するしかありません。

2:どんな気持ち?二人飲みに誘う男性心理3つ

さて、それでは具体的なシチュエーションごとに、二人で会いたがる男性について考えてみましょう。まずは、二人きりで飲み行こうと誘う男性心理からです。

(1)気をつかわなくていい相手だと思っている

まず第一に考えられるのは、気をつかわなくていい相手だと思っていること。仕事終わりなどに飲みに行くときは、ほっと一息つきたかったりや、仕事で感じたストレスを発散したかったりすることが多いでしょう。

そんなときに、大勢で飲みに行くと、かえって疲れてしまうことも。とはいえ、一人も寂しい。そこで、気をつかわなくていい相手として誘っている場合が考えられます。

(2)気になる相手だから

好意を持っていて、恋愛関係に発展させたいと思っている相手だということも考えられます。「だったら、飲みに誘うより食事のほうがよくない?」と女性は思うでしょう。

恋人関係に進展させたいと思っている場合、たしかに居酒屋ではなく、格好いいところを見せたくて、おしゃれなレストランなどにしたいところです。しかし、そんなところにふたりで出かけると、好意を抱いているのがバレバレで、緊張してしまいますよね。そこで、仕事帰りに軽く飲み行こうと誘っている可能性があります。

(3)下心がある

もちろん、下心がある場合もあるでしょう。二人きりで雰囲気のいいところにお酒を飲みに行って、アルコールの力を借りて……というように、よからぬ考えをもつ男性も少なからず存在します。

難しいのは、雰囲気がいいホテルのバーだから危険とか、飲み放題のお店だから危険とか、一概には言えないところです。なんかやばいなと思ったら、適当に切り上げるのがいちばん。むしろそこですんなり家に帰してくれない男性だったら、100%下心があると思っていいでしょう。

3:職場の男性が二人きりの食事に誘う深層心理3つ

次は、誘ってくる相手が職場の男性だった場合を想定して、二人きりの食事に誘う心理を考えてみましょう。

(1)純粋に食事を楽しみたい

おいしいものを食べるのが好きなグルメな男性はけっこう多いです。ですが、おしゃれなレストランに行きたくても、ひとりで行くのも微妙だし、かといって男二人で行っても楽しめないし……と、悶々と悩んでいる男性は少なくありません。

そこで、職場の女子を誘うという場合があります。筆者自身も、高校生のころですが、学校帰りにアイスクリームが食べたいなと思ったときに、男同士でアイスクリームもなんだかなということで、クラスメートの女子を誘っていました。

(2)品定め

品定めというと少し下品な表現ですが、気になる相手がどんな人かを知りたいときに、一緒に食事に出かけるという人は珍しくありません。交際をすすめていくうえで、食べ物の好みを知るということも大事なのですが、テーブルマナーなどはもちろん、お店の人に対する態度や食事の仕方など、相手の価値観やいわゆる「育ち」を知るためには、食事に出かけるのがいちばんです。

付き合っていなくて、自分が好意を持っている人から食事に誘われたときは、ある種の試金石だと思ってもいいかもしれませんね。

(3)労をねぎらっている

職場の男性が、自分の上司やプロジェクトリーダーといった立場の場合、仕事に対する労のねぎらいの意味もあるかもしれません。上司という立場からすれば、がんばってくれたご褒美をあげたいという気持ちになっても、モノを贈るのは難しいところ。そこで、いわゆる「消えモノ」である食事に出かけているということも考えられます。

4:彼女持ちや既婚者が二人で会おうとする深層心理3つ

最後に、相手が彼女持ちや、既婚者であるにもかかわらず、二人で会おうとする場合は、どんな理由があるのか考えてみましょう。

(1)恋人や配偶者とは趣味が共有できない

恋人や結婚相手のことを愛していたとしても、自分と考え方や趣味などが全部ぴったり合う、ということ滅多にありません。食べ物の好みも違うことがほとんどです。

自分は辛いものが好きなのに、相手は苦手だったり、自分は映画が好きなのに、相手は嫌いだったり……。そこで、恋人や結婚相手では満たされない欲求を満たすために、趣味が合う人と一緒に出かけるということが考えられます。

(2)誰かに愚痴りたい

恋人や配偶者に対して、不満を持つ人もけっこういます。ですが、それを誰かに話したくても、共通の友人なんかに話したら、どこで本人に伝わるかわかりませんよね。そこで、恋人や配偶者を知らない相手と出かけて愚痴ったり、相談したりしたいと思っていることも考えられます。

(3)新しい刺激が欲しい

四六時中、恋人や結婚相手と一緒にいたら、正直メリハリやときめきがなく飽きますよね。浮気をする人の研究によると、浮気をしているからといって、恋人や配偶者に対する恋愛感情が低くなっているわけではないのだそう。

大好きだけど洗濯物が家の中で干してあったり、お風呂上がりに下着姿でウロウロされるようになって、トキメキを感じなくなったことで、新しい刺激を得ようと、浮気をしていることがあきらかになっています。

5:まとめ

男性が二人きりで食事やお酒を飲みに誘ってくるというと、下心があるに違いないと思ってしまうのが、女性の心理かもしれません。

もちろん、その可能性も否定はできませんが、必ずしも下心だけで誘っているとは限りません。相手がどういう意図で、あなたと二人きりで会いたがっているのか、それを知るのは簡単なことではありませんが、誘ってくる男性との関係性や相手の言動を注意してみればわかると思います。

ただ、相手や周囲に変な誤解をさせないためにも、そして自分が危険な状況にならないためにも、二人きりで会うというのは、よほどのことがない限り、避けたほうがいいかもしれませんね。