恋のなやみに効くメディア

LINEが続くのは脈ありサイン?だらだら続くのは脈なしの可能性も

大船くじら

目次

隠す

1:LINEのやりとりは続くのに、一向に進展しない…なぜ?

気になる人とLINE交換できた! 返信のプレッシャーにならないようにしつつ、会話が途切れないように質問を入れながら……。そんな恋愛マニュアルどおりのやりとりをしているのに、気づけば「あれ、LINEは続くのに、一向に関係が進展しないな……」なんて思うことがあるのではないでしょうか。

実はこれ、LINEというコミュニケーションツールの利便性に伴う落とし穴。便利で手軽だからこそ、気持ちがあってもなくても、同じようなリアクションができてまうからなんです。そう考えると、ツールが便利になっても、幸せになれるとは限らないものですよねぇ。

2:LINEが続くときの男性心理4つ

ではここからは男性を対象に、どうしてLINEが続くのかを分析しましょう。

(1)好意がある

興味のない女性や嫌いな女性とやりとりを続けたいという男性はいません。その点でいうと、LINEが続くということは、ある程度の好意は持っているといえるでしょう。

ただし、LINEが続くから、男性に恋愛感情があると断言はできません。しかし、少なくとも興味がある女性に対しては、つながっていたい気持ちを持つものです。

(2)気を使っている

気使いできる男性なら、女性から雑談のようなLINEがくれば、それに付き合おうと考えるはず。ひと言だけの素っ気ないLINEを返信したり、既読無視をしたりするようなことはしないでしょう。

また女性のLINEに付き合わないと、あとで怒られたり、悪い評判を立てられりを気にして、LINEを続けている場合もあるでしょう。ことあるごとに男性を叱責しているような関係なら、可能性はあります。

(3)女性とのLINEが楽しい

相手が誰であれ、女性とLINEをしている状態を楽しく感じるタイプもいます。女性とコミュニケーションするのが好きな男性なら、恋愛感情がなくても女性からのLINEは嬉しいし、やり取りを続けたいと思うものです。

(4)誰かとつながっていたい

男性の中には、連絡事項ぐらいしかLINEをしない人も多いですが、なかには常に誰かとつながっていたい寂しがり屋もいます。そのような男性は、相手をしてくれる人を求めてLINEをしてしまうのです。

頻繁に連絡してくると、「自分のことが好きなのかな」と思ってしまいそうですが、この手の男性は構ってくれる相手がほしいだけ。恋愛感情ではない場合が多いでしょう。

3:毎日続く男性は脈なしって本当?脈なしLINEの特徴4つ

(1)男性からはLINEしてこない

LINEというのは、電話したり、メールを送るよりもハードルが低いので、引っ込み思案な男性でも、好きな人にアプローチしやすいツールです。恋愛感情があれば、男性からもLINEしてくるもの。

LINEは続くけれど、いつも始まりは自分からで、向こうからはLINEが来ない場合、脈なしの可能性があるでしょう。普段はLINEをあまりしない男性も、好きな女性にはLINEをする傾向があります。

(2)友達関係を強調する

ふたりの関係性を表すのに「友達」を強調する場合、これ以上、関係性を深めるつもりはないと予防線を張っているのです。「こんなこと話せる友達は〇〇だけ」とか、「うちら親友だよね」のような発言をされるなら、現時点では脈なしだと考えていいでしょう。

ただし、友達としての好意が恋愛感情に変化することもあるので、まったく希望がないというわけではありません。

(3)恋愛的なアプローチがまったくない

恋愛感情を持っている男性が、好きな女性とLINEを続ける目的は、最終的には「彼女になってほしい」という気持ちがあります。なので、どこかで「今度一緒に遊びに行こう」など、恋愛的なアプローチがあるはず。

LINEが続くものの、いつも雑談などの他愛のない話題ばかりだとしたら、友達としては好きかもしれませんが、恋愛感情はないのでしょう。

(4)自分の都合で終わる

楽しくLINEのやり取りが続いているのに、突然の既読スルー。男性側が自分の都合でLINEをやめてしまうような場合、自分がヒマな時間に相手をしてほしいだけに可能性も。好きな女性とのLINEのやり取りで、自分の都合でやめてしまう男性はあまりいません。やめざるを得ないときは、「ごめんね」などひと言あるものです。

4:LINEが続く男性の脈ありサイン3つ

(1)LINEの頻度が高い

恋愛の初期段階では、女性よりも男性ほうが好きな気持ちは大きくなるといわれています。そのため、男性はつきあう前の時点で恋心が大きくなっているもの。

普段はLINEをほとんどしないような男性でも、恋に落ちてしまうと一変します。好きな女性に好意を持たれたくて、頻繁にLINEをしてしまうのです。男性側からLINEをしてくる頻度が高いなら、脈ありの可能性が高いと考えてもいいでしょう。

(2)デートにつながりそうな話題をする

多くの男性は、好きな女性と「LINEをしているだけで幸せ」とはなりません。「直接会いたい」という気持ちが本音。男性が脈ありの場合は、LINEを続けていると、デートにつながりそうな話題がでてきます。

「おいしい店を見つけたよ」「あの映画見に行きたいんだよね」などの話題を振ってくるもの。女性がその話題に興味を示したら、「よかったら一緒に行かない?」と誘おうと思っているのです。

(3)聞いていないことを報告してくる

男性は恋に落ちると、好きな女性と頻繁に連絡を取りたくなります。しかし、LINEに慣れていないと、提供する話題に乏しいところがあるでしょう。

何をLINEしていいかわからないけど、とにかく彼女とつながりたい気持ちから、聞いてもいないことを報告するという行動に出ます。「今日は〇〇を食べた」「変な夢を見た」など、報告されても困るようなLINEをしてくるものです。

5:異性とLINEを続けるコツ3つ

(1)返信しやすくする

男性は、メールやLINEが苦手な人が多いといわれています。とりとめのないやり取りに対して、「めんどうだな」と思っている人も多いです。男性とLINEを続けたいなら、返信がしやすい話題をふりましょう。

例えば「仕事疲れたー」というLINEに対して男性は「お疲れさま」となってしまいがち。「仕事疲れたー。そっちはどう?」と質問形式にしないと、何を返信していいのかわからないのです。

(2)相手の得意分野をふる

男性は自分の趣味や得意な分野の話を語るのが好きです。普段はそのような話を積極的にしない男性も一度聞かれると、解説が止まらなくなってしまうということもよくあります。

LINEするネタに困ったら、男性の得意としているジャンルの話題をふってみましょう。普段はあまり続かなかったやり取りも続くはず。相づちで男性の知識を称賛してあげるのも、LINEを続けるポイントです。

(3)都合のいい時間を狙う

LINEをしたくても、できない時間があります。日中仕事をしている男性に、平日の昼間にLINEしても長続きはしません。男性が休みの日でも午前中などは寝ている可能性もあり、おすすめできないもの。

どの時間が適切か男性によりけりですが、男性にとって負担にならない都合のいい時間を選んでLINEをしましょう。男性が時間を持て余す時間ならLINEを続けることができます。

6:LINEが続くのは嫌われていない証拠

男性とLINEが続くからといって、必ずしも脈ありとは言い切れません。しかし、好意の気持ちはあるといっていいでしょう。友達的な好意の気持ちも、LINEを続けていれば恋愛感情に変化させることも可能ですよ。