恋のなやみに効くメディア

週末婚って子供がいてもあり?週末婚のメリット・デメリット8選

コマツ マヨM.komatsu

©gettyimages

目次

隠す

1:「週末婚」の意味

週末婚とは、普段は別々の家で暮らして、お互いの休みの日だけを一緒に過ごしながら夫婦関係を継続する、新しい結婚のスタイル。

もともと、夫が単身赴任の夫婦などに見られる選択肢のひとつではありましたが、最近は、自らの生活を大切にするためや、それ以外のさまざまな理由で、週末婚を選ぶ夫婦が増えているようです。

2:子供がいても週末婚ってあり?

週末婚について、人々はどう考えているのでしょうか。今回『MENJOY』では、男女にアンケートを実施し、週末婚への意見を聞いてみました。

(1)子供がいない夫婦の週末婚はあり?

まずは子供のいる男女500人に、「子どものいない夫婦が、週末婚(週末のみ一緒に過ごす形の結婚)をすることについて、賛成ですか? それとも反対ですか?」と聞いてみたところ、結果は以下のようになりました。

賛成・・・363人(73%)

反対・・・137人(27%)

「反対」と答えたのはわずか3割程度で、7割以上の人が「賛成」という結果になりました。週末だけ夫婦としての関係を保ち、普段は別の生活をするという新たな夫婦の形に、理解を示している人が多いといえますね。

(2)子供がいる夫婦の週末婚はあり?

次に、子供がいない男女358人に、「子どもを持つ夫婦が週末婚(週末のみ一緒に過ごす形の結婚)をすることについて、賛成ですか? それとも反対ですか?」と聞いてみたところ、結果は以下のようになりました。

賛成・・・175人(49%)

反対・・・183人(51%)

わずかに「反対」が優勢になったものの、ほぼ半々の割合で意見が分かれました。子供がいない間は週末婚はアリだけど、子供ができたらそういうわけにはいかないという意識が見え隠れしますね。

3:週末婚のメリット5つ

夫婦であるにもかかわらず、それぞれ別の生活を持つ週末婚。そんな結婚スタイルを選択するメリットは、いったいどこにあるのでしょうか。

(1)自分の時間が持てる

自分の時間が持てることは、週末婚の大きなメリットです。週末などの決まったときにしかパートナーに会うことがないので、それ以外の時間は、自分の好きなことができます。それによって、飲み会などに気兼ねなく行けるという人もいるでしょう。

(2)仕事を継続できる

男女に関わらず、結婚後も仕事を続けるのは当たり前な世の中になってきましたが、独身のころに比べると家事の負担が増えることに頭を悩ます女性も少なくありません。快適な暮らしをキープするため、仕事をセーブしなければならなくなることもあります。

また、夫の仕事が忙しくなったり転勤になったりすると、それに合わせて仕事を変えるというケースも。そうなれば、これまでのキャリアを捨てなければいけなくなるかもしれません。

しかし週末婚を選択すれば、結婚によってライフスタイルを変える必要が少なくなります。

(3)恋人同士のような新鮮さが保てる

毎日会っていると新鮮さもなくなり、恋人同士のころの気持ちを忘れてしまう人が大半です。しかし、お互いの休みの日にだけ会う週末婚なら、彼氏・彼女であったころの新鮮な気持ちを長くキープし続けることができます。

(4)喧嘩が減る

一緒に暮らしていると、些細なことが気になってイライラが募り、意味もなくケンカになったりすることも。週末婚は、普段は一緒に生活をしないため、そうした些細な喧嘩や揉めごとの機会が少なくなり、必然的に夫婦円満を継続できるのです。

(5)生活スタイルを変える必要がない

これまでの慣れ親しんだ習慣を変えると戸惑いも大きく、精神的な負担もかかることも。幸せな結婚をしたはずなのに、ライフスタイルが大きく変化したことによって体調を崩したり、精神的に参ってしまう人も少なくないもの。

総合的にみて、週末婚は独身時代からのライフスタイルを大きく変えないで済むということがメリットといえます。

4:離婚率が上がる?週末婚のデメリット3つ

次に、週末婚によって生じるデメリットを紹介していきましょう。

(1)お金がかかる

別々に生活するため、それぞれの部屋の家賃や光熱費がかかる分、生活費はかさんでしまいます。また外食が増えたり出掛けたりする機会が増え、共に生活するよりは出費が増えることが考えられます。

また一緒に生活をしないため、お互いの経済状況を把握できず、建設的な貯蓄が難しいといった場合も。

(2)子供の問題

別々に暮らしていると、子供を持ったときにどうするかという問題が付きまといます。また、一緒に暮らしていれば子作りのチャンスも必然的に増えますが、別々に暮らしていると、そのタイミングは同居の夫婦よりも減ってしまう可能性があります。

この辺りの計画をどうするかは、週末婚カップルにとっては大きな問題。本当は子供を持つ予定だったけれど、タイミングを逃して子供を持たないままになってしまう……となることも考えられます。

(3)離婚しやすい

一緒に住んでいる夫婦が離婚をするとなると、住む場所を探し、財産を分け、専業主婦やパートの人は生活しているだけの収入を得られる仕事を新たに探さないといけなくなるなど、とてつもない労力を必要とします。そのため、離婚を回避できるように努力する人も多いものです。

しかし、週末婚カップルはそれぞれの生活が確立されています。住む場所も安定した仕事もあり、お財布も別なので、離婚後に生活が大きく変わることはなく、普通の夫婦よりも離婚を選択することが容易だといえます。

また、週末だけにしか会わないので恋人気分が続く反面、週の大半はお互いに違うことをしているため、気持ちのすれ違いも起きやすいといえます。

5:ドラマ『週末婚』とは?

「週末婚」と聞くとアラサー以上の人なら、1999年に放送されたテレビドラマ『週末婚』を思い出すかもしれません。

姉・陽子(松下由樹)と妹・月子(永作博美)のドロドロした確執を描いたドラマ。妹の月子が結婚する際に相手に出した条件が「週末婚」でしたが、当時はまだ、「結婚したら絶対にふたりで暮らしを立てるべき」という考えが根強く残っていたため、「週末婚」という言葉自体、とても目新しかったようです。

6:週末婚はあり?なし?

週末婚というちょうど良い距離感で末長く円満なカップルもいれば、一緒に暮らすからこそ夫婦関係を継続できるカップルも。週末婚というスタイル自体が良いか悪いかではなく、自分たちに合っているかそうでないかが大きく関係するといえそうですね。