恋のなやみに効くメディア

「もういいよ」ってどういう意味?男女の心理と対処法

EmaEma

©gettyimages

目次

隠す

1:「もういいよ」って男女で言葉の意味が違うらしい…知ってた?

恋人とケンカしたとき、どちらかが「もういいよ!」と吐き捨てるように言うようなシーンってよくありますよね。

それは「もうこのケンカを終わりにしよう」という意味もあれば、「もう、あなたとは終わりよ」という深刻な意味が含まれいることも。また単に「めんどくさい!」という気持ちが「もういいよ」という言葉に代わっていたりとさまざま。同じ言葉でも、使う人の気持ちによってそれが意図することは変わってくるもの。特に男女間で、その違いが見られることも多いですよね

2:別れに繋がる?男性が彼女に「もういいよ」というときの心理3つ

「もういいよ」が別れにつながることもときにはあるでしょう。まずは男性が彼女に「もういいよ」というケースの心理についてお話を聞いてきました。

(1)もうその話は面倒

「彼女にいつまでも自分がしてしまった小さなミスを指摘され続けるともういい加減にしてくれと思います。そういうときって、どれだけ謝っても意味ないんですよね。どうせ謝っても謝らなくても、ぐちぐち言われ続けるから“もういいよ”と逆ギレしてしまいます。“もうその話はたくさん!”っていう意味で使いますね」(Mさん・27歳男性/会社員)

(2)あきらめる

「デート中、些細なことでケンカをすると彼女に無視をされます。でも、いつまでも無視してたって、時間の無駄ですよね。せっかくのデートもまったく楽しめない。それでも、無視され続けたときに“もういいよ”とすべてを諦めて、家に帰りました」(Yさん・29歳男性/会社員)

(3)許してあげるよ

「元カノに浮気をされて、それでも別れたくないってずっと泣きつかれたときに“もういいよ”って言いました。そのときは、もうこれ以上考えたくないし、泣いて謝ってくれてるし、もういいかなって。でもそのあとやっぱり気持ちが戻らなくて、結局は別れました」(Tさん・27歳男性/会社員)

3:女性が彼氏に「もういいよ!」と言う心理3つ

続いては女性の心理について。「もういいよ」というときにどんなケースがあるのかを聞いてきました。

(1)もうあなたはどうでもいい

「彼氏がずっと友達との約束を優先して、全然デートしてくれなくなりました。そのこともあって私の気持ちも冷めてかけていたんですね。そんなタイミングでやってきた1年記念日の当日。残業があるからやっぱり会えないってLINEがきたんです。“もういいよ”って言って、別れることにしました」(Uさん・26歳女性/歯科衛生士)

(2)あきらめる

「彼氏と同棲して2年。だんだん、お互い一緒にいるのが当たり前になってきてしまって、彼の思いやりに欠ける行動について話をしてみました。すると、彼はそれは居心地いい証拠だといって取り合ってくれません。もっと、より良い関係を築きたい私と、現状維持を希望する彼。話は平行線で“もういいよ”って言ってあきらめました」(Yさん・25歳女性/会社員)

(3)もうあなたのことはいりません

「スマホを見る回数が多くなったり、一緒にいるときコソコソ電話をしにトイレに行ったり。浮気でもしてるのかなと思って、“誰と連絡とっているの?”と聞いても“仕事の人”としか言ってくれません。だんだん、私のことを好きなのかどうかもわからなくなって、“もういいよ”って言って別れを告げました」(Kさん・23歳女性/美容関係)

4:恋人から「もういいよ」と言われたときの対処法5つ

紹介してきたエピソードだけでいうと、男性はなんとなく面倒という気持ちが入っていることが多いような気がします。一方、女性は自分の気持ちをわかってくれないことに対する悲しみの気持ちが強いような……。

すべては時と場合によって変わってくるでしょうが、その場面が穏やかではない「もういいよ」は、別れのリスクも伴います。ここからは恋人から「もういいよ」と言われたときの対処法について紹介します。

(1)「よくないよ」と言う

ケースバイケースですが「もういいよ」と言うとき「本当はよくない」という気持ちが含まれていることも多いです。だから、そんな相手の気持ちをくみとってあげて「全然よくないよ」と言って、しっかり話をするようにしましょう。

(2)何も言わず抱きしめる

言葉だけだと、伝わらないことってありますよね。どれだけ相手を思っていても心とは裏腹に相手を傷つけるような言葉を発してしまったり。そんなときは、ぐっと距離が縮まるようなあたたかいハグをしてみてください。

(3)そっとしておく

相手がカッとなっているときは、そっとしておくのもひとつの手。「もういいよ!」と怒っていても、怒りがおさまれば、またいつもどおりの関係に戻れることもあります。しかし、なぜ相手が「もういいよ」と発したのか考え、同じシチュエーションにならないように、改善するようにしましょう。

(4)とりあえず謝る

「もういいよ」と言われたとき、相手の気持ちはさまざまですが、とりあえず相手はその場でのコミュニケーション放棄しようとしていることは間違いありません。そんなときは即座に一度、謝ってみるのも対処法のひとつ。とりあえず“嫌な気持ちにさせていること”に対して、一度謝ってから冷静に話し合いをする方向にもっていくこともできるでしょう。

(5)「わかった」と突き放す

相手がただ単に感情に流されて困らせようとしていて、「もういいよい」といっている場合、「わかったよ」と言って突き放す方法もあります。

相手が感情的になっている場合、こちらも感情的になると埒が明きません。一旦は冷静に、言葉どおりに受けとることで、向こうも本当は何をしてほしいのかを、冷静に話してくれるかもしれません。

5:「もういいよ」を英語でいうと?

「もういいよ」となる場面は、決して日本だけにあるわけではありません。英語で「もういいよ」と表現する場合、「Whatever, forget it. 」となります。半ば、諦めのような感情も含まれます。「わかったわかった、もういいよ」というニュアンスですね。

6:まとめ

「もういいよ」という言葉に代表されるように、その言葉どおりの意味でないこともしばしばあります。

特に恋愛おいては素直になれなかったり、感情的になってしまったりして、心にもない言葉を恋人に言ってしまうことも。恋人の言葉の裏側にある気持ちを汲み取ってあげることが大切だということがよくわかります。