恋のなやみに効くメディア

見た目は肉食、性格は草食の「大豆ミート男子」がアツすぎる!ギャップ萌えが止まらない

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:注目の新食材・大豆ミートって?

健康志向の高まりで注目を浴びている食材「大豆ミート」。「ベジミート」や「ソイミート」とも呼ばれ、主に菜食主義者やダイエッター向けの食材として、とても重宝されています。

大豆ミートは一見すると普通のお肉のようですが、中身はすべて大豆。知らずに食べたなら気がつかないほどに、食感や味がお肉に近く、満足感があります。さらに脂質やカロリーは控えめで、食物繊維や良質なタンパク質が豊富といいこと尽くめ!

見た目はお肉でも中身は体に優しい植物性という、「外見と中身のギャップが大きい」食材なのです。

2:「大豆ミート男子」とは?あるある3つ

ビジュアルは肉食系でも中身は草食系……さながら大豆ミートのように、外見と性格のギャップがある男性、それが「大豆ミート男子」です。例えば、こんな特徴のある人は「大豆ミート男子」と認定できるかもしれません。

(1)派手でいかつくて、いかにも遊んでいそうな容姿

大豆ミートの最大の特徴は、見た目が完全にお肉であること。それと同様に、第一印象はまるっきり肉食系というのが「大豆ミート男子」です。

いわゆるオラオラ系で派手な服装をしていたり、日焼け肌やマッチョ体型だったりと、見た目の印象は「ちょっと(かなり?)遊んでいそう」。容姿だけでいうと、完全に肉食系なのです。

(2)柔和でシャイ、子供好きな内面

容姿は肉食系な一方で、性格は植物性=草食系の優しさと控えめさを持っている「大豆ミート男子」。「見かけによらないね……」などと、一歩間違えば失礼なことも言われがちで、物腰は柔らか、滅多なことでは怒らない柔和な人物です。

子供や動物も大好きで、根が優しい人柄の「大豆ミート男子」。パッと見は自己主張が激しそうにみえても、実は謙虚で恥ずかしがり屋な性格の持ち主なのです。

(3)意外にも怖がりで涙もろく、恋愛には奥手

見た目と性格の差が激しい「大豆ミート男子」は、意外性の宝庫。お化け屋敷で腰を抜かす、感動系のテレビ番組で号泣してしまうなど、ギャップエピソードには事欠きません。

恋愛においても同じく、遊び人のように見えて、実は好きな人と話もできないほど奥手だったり、とても一途だったりと、驚くような意外性を持っていることも。意外性が高い人ほど、「大豆ミート男子」度も高いといえるでしょう。

3:外見だけで判断しないで!「大豆ミート男子」ならではの悩み3つ

悲しいかな、中身をよく知らない人には誤解されてしまうことも多い「大豆ミート男子」。このような悩みも、彼らには「あるある」です。

(1)遊び人に見られてしまう

派手な見た目が災いして、あらぬ疑いを掛けられてしまうのが、「大豆ミート男子」の悲しい定め。その最たるものが、遊び人に見られてしまうことです。

本当は真面目で真摯なお付き合いしかできないタイプなのに、外見が肉食系であるがゆえに、勝手に遊び人とみなされてしまう悲劇。浮気しそうといわれたり、「チャラい」といわれたりしてしまうこともしばしば。

とはいえ、このギャップは逆作用があるのも事実。「見た目は遊んでそうなのに根は真面目」と、プラスポイントになる場合もあります。

(2)子供に怖がられてしまう

子供は大好きなのに、近寄ると泣かれてしまう……外見がいかつい「大豆ミート男子」ならではの悩みです。内面を知ってもらえば「いいお兄ちゃん」として受け入れてもらえるのですが、慣れるまでには他の人より時間がかかってしまうこともよくあること。

そのぶん、いざ子供に懐かれると喜びはひとしお。オラオラ系の外見で子供の挙動に一喜一憂している姿は、まさにギャップの塊。傍から見ている女性にとっては、かわいい一面といえるかもしれません。

(3)恋人の家族ウケが良くない

いざお付き合いをして、彼女の家族に会うとなったとき。「大豆ミート男子」の場合、外見の派手さから相手の家族に良い印象を持ってもらえないことも。真面目な交際をしているにも関わらず、「騙されているんじゃないか」と心配されることも……。

ただし、内面を知ってもらえば問題なし。むしろマイナススタートゆえに、好感度が右肩上がりだと考えれば悪くないかもしれません。

4:「大豆ミート男子」との恋愛は?幸せになれる理由3つ

ときに誤解を受けがちな「大豆ミート男子」ですが、恋のお相手としてはいいこと尽くめ。体に嬉しい大豆ミートの効能よろしく、「大豆ミート男子」に愛されることで身も心もキレイになれるかも? その根拠を3つご紹介します。

(1)一途に愛してくれる

肉食系男子は気が多い印象がありますが、「大豆ミート男子」が肉食系なのは外見だけ。本来の性格は草食系、恋愛にも積極的とはいえず、遊びの恋なんてとんでもないというタイプ。気が多いどころか、心に決めた人だけを愛する一途さを持っています。

シャイで奥手な性格のせいで、好きになった相手に自分からアプローチできず、撃沈してしまうこともしばしば。だからこそ、一度両想いになった相手は、ずっと大切にするのです。

(2)ギャップ萌えできる

ギャップや意外性のある男性は魅力的。もちろん、「大豆ミート男子」も例外ではありません。一見怖そうな見た目で優しかったり、いかつい体型なのに怖がりだったりと、そのギャップには胸キュン必至。

母性本能がくすぐられる意外性は「萌え」そのもの。外見とは裏腹に、女性側の方が「大豆ミート男子」のことを守ってあげたくなっちゃうかも。飽きない魅力に、きっと恋も長続きするはずです。

(3)デンジャーな気分も味わうことができる

ちょっと危険な香りのする男性に魅かれてしまうのも女心。ほんわか平和で優しい人が理想ですが、ときにはドキドキを感じる恋をしたくなることもありますよね。とはいえ、本当に危険な人と恋愛するのはなかなか勇気がいるもの。

その点、「大豆ミート男子」となら危険な恋の気分だけを味わうことも可能です。優しい彼にお願いして、あえて見た目どおりの男のように振る舞ってもらう……なんていうじゃれ合いも、恋に刺激を与えてくれるはず。

5:まとめ

「見た目は内面を映す鏡」といわれますが、逆に「人は見た目によらない」のも事実。肉食系っぽい男性はちょっと苦手……と敬遠している人でも、「大豆ミート男子」は合う可能性もあります。

先入観は一旦置いておいて、ほんの少し距離を縮めてみれば、新たな恋愛チャンスが待っているかもしれませんよ。