恋のなやみに効くメディア

結婚相手の条件を見直せば結婚できる!本当に結婚していいかの見極めポイント

大山奏K.Ohyama

目次

隠す

1:結婚相手の条件…はずせないもの、妥協していいものは?

まずは実態をつかむべく、結婚相手の条件について、男女別に調査してみましょう。

(1)処女にこだわる人も?男性が結婚相手に求める条件ランキング

今回『MENJOY』では20~40代の未婚男性255人を対象に独自アンケート調査を実施。20項目を提示し「結婚相手に求める条件で譲れないものを、以下の中から最大3つまで選んでください」と質問してみました。

結果について、TOP3は以下のとおりです。

1位:見た目が好み・・・107人(42.0%)

2位:ある程度の貯金がある・・・96人(37.6%)

3位:優しい・・・72人(28.2%)

いちばん多いのが見た目というのには、「やっぱりか……」と落胆しそうになりますね。ですが、実際には見た目が好みでない女性と結婚したという男性も多いんです。ちなみに、「処女であること」と挙げた男性は12人(4.7%)でした。

(2)これが結婚の決め手!女性が結婚相手に求める条件ランキング

続いては女性編です。上記と同じ質問を、20~40代の未婚女性174人にしてみました。こちらも結果をランキング形式でご紹介します。

1位:価値観が合う・・・104人(59.8%)

2位:誠実である・・・57人(32.8%)

3位:優しい・・・46人(26.4%)

もっとも多かったのが「価値観」。一方で見た目はトップ3には入りませんでした。女性は、ルックスに関してはそこまで重要視していないようです。誠実でない男性は、浮気や不倫の危険性が高くなるため、「それだけは絶対にイヤ」と考えている女性も多のでしょう。

2:男性の見極めポイントはここ!女性にとってはずせない結婚相手の条件5つ

(1)年収

「ある程度の年収がないと相手を尊敬できないだろうし、結婚しても安心できないから、やっぱりお金って大事。万が一、私が病気になったりして働けなくなったときでもふたりが生活していける年収は最低ないと……。イメージとしては、年収700万円くらいですかね」(Kさん・36歳女性)

(2)健康

「健康であるかどうかは、重要だと思いますよ。仕事も健康でさえあれば何とかなるじゃないですか。私の場合、すぐに妊娠出産で仕事を休むことになったので、夫が健康で働いてくれていることが本当に安心感に繋がっています」(Mさん・37歳女性)

(3)金銭感覚

「バツイチで再婚したんですが、1回目の失敗は金銭感覚のずれでしたね。お金を遣う場所と遣わない場所がずれているので、いちいち気になるし、ケンカが絶えなかったんです。今の夫とは、金銭感覚が合っているので、お互いに不満を溜めずにいられます」(Yさん・42歳女性)

(4)気を遣わないこと

「一緒にいて気を遣う人だったら、結婚生活は長くないなと実感しています。夫とは出会ったときから、長年一緒にいたような感覚になれたので、結婚を決意できました。ときめきは恋愛には必要ですけど、結婚には要らないのかなと思います」(Oさん・38歳女性)

(5)愛情

「最大は愛してくれるかどうかじゃないですか? 自分のことを本気で愛してくれる男性と出会えたなら、結婚してからも心配はないと考えています。そういう人が浮気するわけないですし。何か問題が起きても、愛し合っていればお互いに話し合いをできると思うんですよね。愛情がない結婚は、いくらお金があっても意味ないでしょ」(Tさん・40歳女性)

3:リストからはずしてOK?女性にとって妥協してもいい結婚相手の条件5つ

(1)身長

「昔から高身長の人が好きで、お付き合いした男性はみんな170㎝以上だったんです。結婚する相手もそれくらいはあってほしいと思っていましたが、今の夫は167㎝。でも身長なんてまったく関係がないというか、気にならないとわかりました」(Kさん・36歳女性)

(2)見た目

「昔から面食いなところがあって、結婚相手もカッコいい人じゃないとって考えてました。でも、今の旦那はイケメンではないです。自分で言うのもあれですけど、“美女と野獣夫婦”って言われます。結婚相手は、やっぱり中身のほうが大事ですよ」(Mさん・37歳女性)

(3)住んでいる場所

「東京で生まれ育って、結婚してからも東京都からは出たくないって思っていました。でも出会った夫は茨城の人。結婚する前は東京で暮らしたいってワガママを言っていましたけど、茨城に住んでみると、暮らしやすいし、自然もあって良いなって思えました。愛する家族と一緒なら、どこで暮らしても幸せになれます」(Oさん・38歳女性)

(4)趣味

「一緒に趣味を楽しめる人じゃないと、話が合わなくてダメって決めつけてたんです。だけど今の夫と私の趣味はまったく別。お互いに相手の趣味に興味がないので、別々に過ごすことも多いです。逆に、そうやって適度にひとりになれる時間があってバランスが取れているのかもしれません」(Yさん・42歳女性)

(5)学歴

「自分が大学院を卒業していることもあって、結婚相手にもそれなりの学歴がないとって固定概念がありました。仲の良い友達もみんな院卒とか学卒だったから、話が合わないのかなって。でも今の夫は、学歴でいうと高卒なんです。学校の勉強と話ができるレベルは比例しないんだなって実感しています」(Tさん・40歳女性)

4:自分らしい「結婚相手の条件」をリストアップしよう

そろそろ結婚したいと思ったら、まずは結婚相手への条件リストを作ってみてはいかがでしょう。リストを作ったら、優先順位をつけるのもお忘れなく。

ただし、どんなに条件を考えていても、「出会うべく人に出会ってしまったら、そんなのどうでも良くなるかもしれない」ということも、心の隅に置いておいてくださいね。