恋のなやみに効くメディア

見つめ合う男女の心理とは?相手の気持ちや見つめることで恋愛を発展させる方法

相川葵A.Aikawa

目次

隠す

1:見つめ合うのは両想いだから?

職場などでふいに目が合い、お互い視線を逸らさない……そんなふうに見つめ合うのは、ズバリ、両想いだからなのでしょうか。

結論からいうと、見つめ合う男女は、大多数の場合が両想いです。なぜなら、好きでない人に対して「見つめる」ということ自体をしない人が多いから。しかし、見つめ合うという行為の奥にある心理には、さまざまなものがあります。

今回は、そこを深掘りしてみましょう。

2:会話中に見つめ合う意味は?見つめ合う心理5つ

見つめ合っている状態やシチュエーションによる、心理や意味の違いを解説します。

(1)真顔で見つめ合っている場合

真顔で見つめ合っている場合、お互いが相手のことを、もっと知りたいと考えていることが多いようです。相手に対してかなり真剣な想いをもっている状態だといえるでしょう。

(2)長い時間見つめ合っている場合

長い時間見つめ合うのは、相手が誰であってもちょっと恥ずかしいもの。しかしそれでも、目を逸らさずにいられるのは、相手に「自分の気持ちを伝えたい!」という気持ちがあるから。この場合、訴えかける何かが心の中にある状態です。

(3)見つめ合った後笑い合う場合

見つめ合ったあとに、自然とお互いに笑いが漏れることがあります。これは、相手の人とずっと一緒にいたい……という気持ちが募っているサイン。見つめ合ったとき、笑いを取るような行動や何げない仕草や言葉に愛しさがあふれ、この人となら楽しい人生が歩めるのではないか、と感じているのです。

(4)見つめ合った後に目を逸らす場合

見つめ合ったあと、すぐに目を逸らしてしまうときは、恋愛感情がないわけではありません。むしろ、相手のことが好きだからこそ、自分の考えていることを見透かされたり、目が合ったこと自体に照れてしまい、目を逸らす以外のことをできなくなっている可能性も。

(5)会話中に何度も見つめ合う場合

会話中に何度も目が合い、見つめ合うことができる場合には、既に相思相愛であることが多いでしょう。これは付き合っているカップル同士ならば、当たり前のこと。しかし、付き合っていない場合には、相手との距離をより縮めて、相手の感情を自分のもとに引き止めたい、気を引きたい、逃したくないと考えているのです。

3:恋愛感情あるなしの見分け方は?3つ

見つめ合うのは両想いの可能性が高い……といっても、恋愛感情がない相手とも、うっかり見つめ合ってしまうことがあるはず。一度でも見つめ合った相手との間に、恋愛感情があるのか、それともないのかを見分ける方法について、見ていきましょう。

(1)初めて見つめ合ったなら、相手が照れるかどうか

いかにも「照れ笑い」という感じで、照れているものの、いかにも嬉しそうでニヤけている状態があります。

初めて見つめ合った相手の場合、相手に恋愛感情があるかどうかは非常にわかりにくいもの。それでも、顔が赤くなったり、「エヘヘ……」と照れ笑いを浮かべたりしているときは、恋愛感情があるといえるでしょう。

(2)2度目、3度目はあるか

誰かと見つめ合ったというだけでは、恋愛感情に直結しないこともあります。しかし、同じ相手と2度目、3度目……何度も目が合って見つめ合うようなら、これはどちらか、もしくは双方に恋愛感情がある場合も。相手があなたに恋愛感情をもっている確率も、ぐんと上がります。

(3)見つめ合った後、相手の目線はどう動いているか

少しの間でも見つめ合えば、目を逸らす瞬間というものが必ず訪れます。そのとき、目線の動きは「ヨコ」「ナナメ上」「ナナメ下」のうち、どれでしたか?

これらのうち、相手に対する好意を示す目線の動きは「ナナメ下」です。「ヨコ」であれば相手はあなたを、対等な立場だと思っています。関係の進め方によっては両想いに変化することもあるかも。「ナナメ上」の場合は、あなたに対して上から目線で接している可能性があるので、両想いには少し遠そうです。

4:こちらから見つめることで恋愛に発展させるテクニック3つ

では、この「見つめる」という行動を利用して、相手の恋愛感情をかき立てることは可能なのでしょうか。恋愛に発展させるための見つめるテクニックをご紹介します。

(1)斜め下側から見上げながら見つめる

見つめ合ってから目を逸らすとき、気がある場合は目線がナナメ下に流れることは既にお話しました。その逆パターンで、あなたがナナメ下から見上げると、相手はナナメ下を見る形になります。つまり相手の目線が相手に気があるパターンと同じ、ナナメ下側に流れるのです。相手にとっては見下ろす形になるので、自然とドキドキさせることができるでしょう。

(2)相手が一所懸命に何かをしているところを見つめる

自分が一所懸命、何かに力を入れているとき、誰かから見つめられてもなかなか気付かないものです。そして、ふと目線を上げたときに誰かがそれを見つめていてくれたら、とてもドキッとするもの。また自分が一所懸命にになっているところを「見ててくれたんだ」と嬉しくもなるでしょう。

(3)酔っている時にわざと顔を近づけて見つめる

お酒のせいにして……というシチュエーションを上手に利用する方法です。飲み会などで、意中の人にわざと顔を近づけ、相手の目を見つめてみましょう。お酒の匂いには少し気をつけるべきですが、酔っているときに本音が出る……なんていう言葉もあるくらいですから、相手の人に自分を印象づけ、意識させるにはぴったりです!

5:目は口ほどにモノを言う!

「目は口ほどにものを言う」という言葉があるように、自分の感情を伝えるためにも、目線を活用していくことはとても大切! 好きな人やパートナーに対して、見つめることで想いが伝わる部分は確実にあるものです。自分の想いを伝えたり、相手の気持ちを知ったりするために、見つめ合うことの意味を知っておくといいですね。