恋のなやみに効くメディア

髪の結び方を紹介!簡単で可愛くなれる髪の結び方11選

番長みるくM.Bancho

©gettyimages

目次

隠す

1:髪の結び方がワンパターンになりがち…

髪の結び方がワンパターンだと、いつも同じような髪型をしている印象になってしまうもの。いろいろなバリエーションをマスターしておけば、おしゃれの幅もグンと広がるはず!

またヘアゴムで髪の毛を結ぶときに、髪の長さが足りずにパラパラと落ちてきたり、途中で崩たりといった悩みがある人も多いでしょう。そこで今回は、大人や子供、男性でも簡単でできる可愛い髪の結び方を紹介します。

2:名前もあわせて紹介!簡単で可愛い髪の結び方5つ

簡単で可愛い髪の結び方を紹介します。

(1)ハーフアップ

この投稿をInstagramで見る

 

BLAZE Keiko💋(@blaze.keiko.51)がシェアした投稿

ハーフアップとは、耳よりの上部分の髪の毛をまとめて結び、後ろ髪はそのままダウンスタイルにした髪の結び方のこと。シンプルに結んだだけでも、大人っぽい落ち着いた雰囲気になります。

耳より上の部分にボリュームをもたせたり、三つ編みやねじったり、くるりんぱなどのアレンジを組み合わせることで、凝った雰囲気になります。

(2)ポニーテール

ポニーテールは、髪の毛を後ろでまとめる髪の結び方です。髪の結び目を高い位置にすれば、爽やかでハツラツとしたイメージになり、若い印象を与えます。結び目を髪飾りや自毛で隠すのが今のトレンドです。

結び目を耳と同じくらいの高さにすれば、高い位置のポニーテールよりも少し落ち着いたニュアンスになります。うなじ近くの低めの結び目のポニーテールなら、仕事にもしていける簡単なアレンジになります。

(3)ツインテール

ツインテールは、ロングヘアを耳より上で左右ふたつに結ぶスタイルです。若年層向けの髪の結び方ですが、大人女子がするとこなれ感が出ます。

仕事よりもプライベートにツインテールを楽しむ人が多いです。また耳より下でふたつ結びをすることで落ち着いた印象にもなります。

(4)お団子

この投稿をInstagramで見る

 

ヘアメイク アルバ(@hairmakealba)がシェアした投稿


お団子とは、髪の毛をひとつにまとめ、くるくると団子のようにまとめた髪の結び方のこと。お団子をつくる高さや数、作り方、崩し方で印象が大きく異なります。

低めの位置でお団子をすれば、お着物スタイルや弔問時にも使える髪型に。耳くらいの高さでつくれば、オフィススタイルやフォーマルスタイルにマッチします。

頭の上に団子がのるような髪の結び方にして、ほどよく崩して後れ毛を出せば、プライベートでも使えるこなれた雰囲気になります。

(5)夜会巻き

髪をアップにした夜会巻きは、着物やドレスを着たときなど、フォーマルな印象になります。

髪を高めの位置でひとつに結んでから、少し結び目を下げて、毛束をねじり上げます。毛先を内側に隠すように押し込んで、ピンで留めれば完成。毛が落ちてこないようにスタイリング剤やピンやコームでしっかりまとめるのがポイントです。

3:子供の髪の結び方3つ

子供の可愛い髪の結び方を紹介します。

(1)くるりんぱ

ロングヘアをゴージャスに見せるなら、くるりんぱがおすすめです。頭のハチ上部分の髪を少量だけ分けとり、細めのゴムでひとつにまとめます。結んだ根元の髪を真ん中で分けて、その間に毛束を通し、くるっと回転させます。片手でゴム部分を押さえて、もう片方の手でねじり部分の髪を少しずつ引っ張って、崩したら完成。

髪の毛を少し巻いたり、リボンをつけると華やかさが出ます。子供の発表会やお出かけのときなどにもぴったりで、手が込んでいるように見えます。

(2)三つ編み

左右に三つ編みする定番のおさげスタイルも可愛いですが、ディズニーアニメ「アナと雪の女王」のエルサのように、サイドの三つ編みヘアも新鮮な印象になります。

髪の毛の長い子供なら、三つ編みの間に小さな髪飾りをつけることでゴージャスな印象に。

(3)編み込み

プリンセス好きなロングヘアの女の子なら、編み込みを使ったアレンジがおすすめです。頭のハチ上部分の髪を編み込みにしてポニーテールにしたり、左右に編み込みをしてひとつにまとめるなど、普段している髪の結び方もバリエーションが増えます。

4:メンズがおしゃれに結ぶにはゴム使いがカギ!男性の髪の結び方3つ

スタイリッシュに見える男性の髪の結び方を紹介します。

(1)サムライヘア

髪の毛の長い人やツーブロックの髪型の人にぴったりの、「マンバン」とも呼ばれる男性向けのお団子ヘア。ゴムを使って簡単にひとつにまとめ、毛先をゴムの中にまとめた髪の結び方です。

コームやワックスを使って丁寧にまとめ、完成した後に、バランスを見ながら崩すのがポイントです。髪の短い人は頭の高い位置に結ぶことが多く、髪が長くなってくると無造作に下のほうにまとめる人が多いようです。

(2)ポニーテール

パーマをかけた髪やドレッドヘア、ブレイズなどの長い髪でも簡単にアレンジできるのがポニーテールです。耳の高さにひとつ結びにし、サイドの毛が落ちてこないようにスタイリング剤などを使うと、キッチリした印象になります。

(3)ハーフアップ

耳よりも上の髪の毛を下のほうにまとめ、耳より下の髪の毛はそのまま下ろした髪の結び方です。ひとつにまとめた髪の毛先をゴムの中に入れ込んで、お団子にすればこなれた印象に。髪が邪魔になったときにも、簡単にアレンジできます。

5:スタイリング剤や髪飾りを上手に使って

髪の結び方をきれいにまとめるには、髪を結ぶ前に髪全体にワックスやジェルなどのスタイリング剤をつけること。髪の毛をまとめやすくすることで、結んでいる途中にほどけにくくなります。

また髪の毛の結び目を隠すために、自毛巻いてピンで留めたり、髪飾りを使えばきれいにまとまった印象になります。