恋のなやみに効くメディア

肌を綺麗にする方法12選|シミやニキビを予防・改善するには?

コマツ マヨM.komatsu

目次

隠す

1:どうしても肌が綺麗にならない!肌を綺麗にする方法は?

多くの人が「肌を綺麗にしたい」と思っているはず。そのために、高額なスキンケアアイテムを使ったり、エステに通ったり、定期的に美容外科に通ったりしている人もいるでしょう。

肌というのは、人それぞれ違うものですし、生活習慣も異なるもの。たそのため、肌を綺麗にする方法もひとつではありません。自分の肌の状態を知り、それに合った方法を実践することが、肌を綺麗にするためのいちばんのポイントだといえます。

2:肌を綺麗にする方法は?シミやニキビを予防するスキンケアや生活習慣3つ

多くの人が抱える、ニキビや肌荒れなどの悩み。他にも、加齢に伴うシミやシワが気になるという人もいるでしょう。こうした肌の悩みは、普段のスキンケア方法や生活習慣が大きく関係しています。肌トラブルが起きないようにするスキンケア方法や生活習慣のポイントをご紹介します。

(1)自分の肌に合ったスキンケアアイテムを使う

乾燥が気になるのに洗浄力の強いアイテムを使っていたり、敏感肌なのに添加物が多く含まれるアイテムを使っていたりなど、自分の肌に合っていないものを使用していませんか。

自分の肌のことをよく観察し、どんなときにどんなトラブルが起きやすいのかを知っておくと、自分の肌に合ったスキンケアを見つけることができます。

(2)丁寧な紫外線ケア

紫外線によるダメージは乾燥を招き、さらに、それが原因となってシミやシワにつながります。日差しの強い時期だけでなく、寒い季節や曇りの日でもUVケアアイテムを使用しましょう。

少しの間、外に出かけるのならSPF30、PA++程度のものOKですが、スポーツなどで数時間単位で屋外にいるときはSPF50、PA+++以上のものを使用しましょう。シーンに合わせて最適なUVアイテムを使うことも美肌への第一歩です。また汗をかく季節はこまめに塗り直すことも忘れずに。

(3)質の良い睡眠をとる

そもそも肌には、荒れた部分や傷を修復したり疲労を回復したりする機能が備わっています。この機能は睡眠中に活発になりますが、睡眠時間が短かったり質の良い睡眠が十分にとれていなかったりすると肌荒れにつながります。

ただ眠ればいいというわけではなく、睡眠の質も大切です。体に合った寝具や季節に合わせた快適なナイトウエアなどを選び、リラックスして眠ることを心がけましょう。

3:肌を綺麗にする方法は?シミやニキビ跡を目立たなくするメイク術3つ

毎日のメイクによる負担が、肌荒れの原因となってしまうこともあります。肌に優しいメイクアイテムと方法を3つご紹介します。

(1)ミネラルファンデ

化学成分が含まれた一般的なファンデーションは、機能的なアイテムではありますが、肌に負担がかかるものも。そこでおすすめなのが、天然の鉱物(ミネラル)が主原料のミネラルファンデーション。肌の刺激となる成分が少ないので、肌へのダメージを軽減できます。

毎日のファンデーションをミネラルファンデーションに変えるのもおすすめです。

(2)BBクリーム

BBクリームは、乳液〜リキッドファンデーションまでの工程がひとつに凝縮されたアイテム。化粧水の次のこれ1本で済む手軽さも人気です。

下地・カラーベース・コンシーラー・ファンデーションといくつものメイクアイテムを重ねる必要がないので肌への摩擦も軽減できますし、美容液成分が含まれているものも多いので、肌を美しく保ちたい人に最適です。適度なカバー力があり、シミやニキビ跡をさりげなく隠してくれるのもポイント。

(3)コンシーラー

メイクによる肌への負担をできるだけ減らしたいなら、下地+コンシーラーのみで仕上げる方法もおすすめ。

顔全体に下地を薄くのばしたら、ニキビ跡やクマなど気になる部分にだけコンシーラーを叩き込み、べたつきが気になる場合は仕上げにルーセントパウダーを。スポンジやパフ、ブラシなどはこまめに洗浄して清潔なものを使いましょう。

普段はファンデーションでしっかりメイクしているという人も、休日は肌を休める目的でシンプルなメイクにするのもいいかもしれません。

4:肌を綺麗にする方法?全身の肌を綺麗にする入浴術3つ

入浴方法を変えるだけでも、今よりちょっと肌が綺麗になるかもしれません。入浴中に実践したい、肌が綺麗になる方法をご紹介します。

(1)ぬるめの温度で入浴

高い温度のお湯に浸かると、肌表面にある潤いが流れて乾燥を招いてしまいます。入浴時の温度は、体温より少しだけ高い40度くらいを目安に。熱いシャワーでさっと汗を流すのも気持ちがいいものですが、肌のためにはシャワーの温度にも気をつけましょう。

(2)長湯をしない

体温に近い温度のお湯でも、長く浸かっていると毛穴が開いて内部の潤いが逃げ出してしまいます。お湯に浸かる時間は15分〜20分程度に。保湿成分の入った入浴剤で肌の潤いを守りながら、長湯しすぎないように気をつけましょう。

(3)ボディタオルの見直し

ナイロンやポリエステルなどの合成繊維でできたボディタオルは、泡立ちがよくゴシゴシ洗えて気持ちがいいですが、肌への刺激になってしまうことも。乾燥や肌のゴワつきが気になっている人は、コットンやリネン、シルクなどの天然繊維のボディタオルを選ぶのがおすすめです。

5:肌を綺麗にする方法は?肌を綺麗にする食べ物3つ

肌を綺麗にするには、体の中からのアプローチも大切。美肌をつくるのに必要な成分を含む食べ物をご紹介します。

(1)ビタミンB群を多く含む食品

ビタミンB2は肌の新陳代謝を活発にするために欠かせません。細胞の修復や新しい皮膚をつくりだすのにも重要な成分。のりやレバー、さば、モロヘイヤなどに多く含まれています。

また、筋肉や血液などをつくるのに必要なビタミンB6も重要。青魚やレバーに多く含まれています。

(2)大豆製品

大豆製品は肌にいいというイメージを持っている人も多いでしょう。大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性にとってうれしい作用が盛りだくさんだというのは有名な話です。

具体的には新陳代謝を活発にしたり、ハリやツヤをアップさせるなどの効果が期待できます。豆腐や納豆、豆乳などで積極的に摂取したいですね。

(3)鶏のむね肉・ささみ肉

鶏のむね肉やささみはタンパク質が豊富です。タンパク質は体内のあらゆる細胞をつくるのに欠かせないため、肌を綺麗にしたい人は積極的に摂取したい食品。またカロリーも低く、多めに食べても罪悪感が少ないのがうれしいですよね。

塩で茹でてサラダに加えてもいいですし、少量の油でシンプルに焼くだけでもおいしく食べられます。毎日の献立に取り入れやすい食品です。

6:自分にあった美肌の方法を

最近肌の調子が良くないと感じたら、今回ご紹介した方法を実践してみてください。自分にあった美肌の方法を見つけることで、今よりもずっと綺麗な肌をキープできますよ。