恋のなやみに効くメディア

日本人顔の特徴を解説!ルーツはどこ?外国人からはどう見られている?

大山奏K.Ohyama

©gettyimages

目次

隠す

1:日本人顔のルーツはどこ?

まずは日本人の顔のルーツについて。人類学では日本人にはふたつのルーツがあると言われています。

ひとつは「縄文人」で、これは数万年前に南方から直接列島にやってきた人たち。もうひとつは「弥生人」で、これは二千数百年前に、シベリアを含めたいわば大陸の奥から南に下りてきて、朝鮮半島を通って日本に来た人たちです。

簡単にこのふたつのタイプの特徴を端的に区分するなら、「縄文人」はいわゆる「ソース顔」で、「弥生人」はいわゆる「しょうゆ顔」です。昔の日本画などに描かれているのは、ほとんどが「弥生人」ですが、それは「弥生人」のほうが、後から文明を持ってきて支配階級になりやすかったからだといわれています。

2:日本人顔の特徴7つ

ふたつのルーツを持っている日本人なので、平均的な顔というのもを言い表すのはとても難しいのですが、ここでは一般的な日本人っぽい顔の特徴についてご紹介します。

(1)全体的に平面的

人気映画「テルマエ・ロマエ」では、日本人のことを「平たい顔族」と表現していますよね。日本人の顔は、欧米人などに比べると、平面的と言えます。横から見たときに凹凸が少ないと言えばわかりやすいでしょうか。そのため、全体的にのっぺりした印象を与えます。

(2)鼻が低い

平面的というのと重なりますが、鼻が低い人が多いのも日本人顔の特徴です。鼻筋が通っている人のほうが、一般的に美人だとされるため、美容整形などで鼻を高くしたがる人もいますよね。

鼻の形で多いのは、団子鼻とブタ鼻。そんな鼻に対してコンプレックスを抱いているという人も少なくありません。

(3)ひげが薄い

ひげが比較的薄いのも日本人顔の特徴です。正確には「弥生人」の特徴と言った方が良いかもしれません。そのせいもあり、日本人では髭を伸ばしている俳優さんもあまり多くないですよね。髭を頑張って伸ばしても、そこまで長くすることは難しいハズです。

(4)丸顔やえら張り顔が多い

日本人は海外の人からは、実年齢より若く見られることが多いです。それは、日本人に丸顔の人が多いせいもあるのではないでしょうか。

また、最近では顎周りが細い人も多くなってきましたが、本来の日本人顔というのは、えらが張っています。これは食生活の変化で、固いものを咀嚼する習慣がなくなったため、顎が発達しなくなっているのです。

(5)眼の色は黒か茶色

日本人ではないなと一発でわかる特徴といえば、眼の色。日本人の眼はほとんどが黒で、たまに茶が強く見える人もいます。海外の美人への憧れから、カラコンなどを入れる人も増えていますが、黒と茶が多いため、眼の色だけがブルーやグレーだと、すぐに違和感を感じます。

(6)一重まぶたが多い

顔の悩みでも多いのが、一重まぶた。一重まぶたは、日本人というか「弥生人」の特徴のひとつでもあります。ただ、現代では二重まぶたの方が可愛い、魅力的とされることが多いので、二重にする方法などもたくさん紹介されています。

(7)絶壁が多い

頭の形に目を向けてみると、日本人の頭の形は絶壁が多いです。美容師さんにも「日本人は絶壁で、ハチ(こめかみの後ろの部分)が張っている人が多いから、頭頂部のボリュームを出すのが難しいんですよね」と言われたことがあります。また、他にも「弥生人」の特徴としては、唇が薄い、耳が小さいなどがあります。

3:近隣の韓国・中国と比較するとどう?

日本人の顔に比較的近いのが韓国人と中国人ですよね。実際に筆者も、ヨーロッパやアメリカの人から、日本人・韓国人・中国人はまったく見分けがつかないと言われたこともあります。とはいえ、なんとなく違いを感じることも……。その違いはどこにあるのでしょうか?

(1)韓国人の顔の特徴

一般的に、韓国の人は、日本人よりも一重が多いといわれています。また、韓国は色白でキメの細かい肌質の人が多いため、日本でも韓国の化粧品や美容器具などが人気ですよね。

韓国の人に印象を聞いてみると、「日本人は幼い顔や可愛い顔のほうが良いと思っているんだよね」と言っていました。逆に韓国では大人っぽくて美しい顔のほうが、可愛い顔よりも人気があるようです。

(2)中国人の顔の特徴

中国は国土がとても広いため、中国の中でも様々なタイプの顔の人がいます。それでも日本人と比べると、全体的に角ばった顔や、目が小さくて丸いなどの特徴がみられるのといわれているようですが、こればかりは統計立てて見るのは難しそうです。

4:海外からの反応は?日本人顔はどう見られている?

韓国や中国以外の人の日本人の顔に対する印象を紹介してみましょう。

「日本人の一重で切れ長の目は、オリエンタルでとても魅力的!」(ブラジル人男性)

「日本人、韓国人、中国人の区別はつかないけれど、みんなとても可愛らしいと思う」(アメリカ人男性)

「日本人はみんな若く見えて羨ましい」(スペイン人女性)

日本人はヨーロッパやアメリカなどへの憧れがとても強く、そこに似せるようにメイクなどを頑張りますが、実は海外の人からすると、とても魅力的だと思われているケースもあります。隣の芝は青く見えるということなのかもしれませんね。

5:日本人顔をコンプレックスに思わないで!

「鼻が高くて金髪碧眼に生まれたかった」と思っている女性もいるかもしれません。ですが、見方が変われば印象も変わります。

日本国内だけに目を向けず、世界を相手にしたら、日本人の魅力をもっと活かせるかもしれませんよ!

 【参考】

『顔学への招待』原島博著