恋のなやみに効くメディア

男性からのボディータッチにドキッ!部位別の意味とされやすい人の特徴

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:ボディータッチにドキドキ…秘められた意味とは?

王道の恋愛テクともいわれる、ボディータッチ。特に男性がボディータッチしてくるのは、好意のサインだといわれています。そして、そこには秘められた意味があることも……。

さまざまな人の恋愛の悩みを聞いているという、占い師の草薙つむぐさんにお話を聞いてきました。

草薙:男性が女性にボディータッチを行う場合、好意を抱いていることが多いでしょう。しかし、その好意が「遊び相手としての好意」なのか、「付き合いたいと思っている好意」なのかは分かれるところ。また、触る場所によって、その心理的な背景は異なる場合もあるんです。

2:ボディータッチが増えた…なぜ?ボディータッチする男性心理を分析5つ

(1)興味がある

草薙:その女性に対して興味を抱いているとき、男性がボディータッチをすることがあります。まだ相手に対して明確に「好き」とは思っていないけれど、なんとなく気になる相手だからと、無意識に腕や肩を触るケース。無意識ゆえ、本人も気がついていないこともあります。

(2)好意の確認

草薙:明確な好意がある女性には、ボディータッチの回数も増えることでしょう。これは恋愛テクのひとつとして、ボディータッチが有効な方法だと意識して行っているケースもあります。また、そのスキンシップに対して、相手がどういう対応をしてくるかを観察している人もいます。嫌がるようなら脈ナシですし、受け入れてくれるなら脈アリである可能性も高いと判断しているのでしょう。

(3)下心がある

草薙:下心から、ボディータッチをしている男性もいます。簡単にいうと、女性のことを触りたいという欲求から、ボディータッチを行っているわけです。例えば、キャバクラで接客してくれる女性にベタベタと触るような人はこのタイプといえるでしょう。

(4)脈アリサインをわかってほしい

草薙:好きな人に「好き」と言葉にして伝えることが難しいために、脈アリサインのアピールとしてボディータッチをしている男性もいます。ストレートな愛情表現を恥ずかしいと思ってしまい、なかなか思うように恋愛をすることができないタイプに多いといえるでしょう。

(5)癖

草薙:なかには、ボディータッチが癖となっている人も。「単なるスキンシップのつもり」という男性もいます。恋愛経験が豊富で、女性にモテる男性で、なおかつ女心をわかっているようなタイプに多いといえるでしょう。このタイプのボディータッチは、さりげないことがポイント。女性も嫌な気持ちにならないことが多いでしょう。

3:部位別!男性がするボディータッチの意味や心理5つ

今度は体のどの部位を触ってくるかで、男性心理を見抜くポイントをご紹介します。

(1)手

草薙:手に触れてくるというのは、オーソドックスなボディータッチといえるでしょう。握手をするときや、ハイタッチをするときも自然と触れる場所。こういったボディータッチをしてくる場合は友人として仲良くなりたいという気持ちが強いといえるでしょう。

逆に、「手、キレイだね」といった感じで触ってきたり、デート中に黙って手をつないでくるようなら、好意があることは明らか。下心はなく、純粋に仲良くなりたい、正攻法に距離を縮めたいと思っていることが多いでしょう。また、手を触ってどんな反応をするか、探りをいれているケースも考えられます。

(2)背中

草薙:背中へのボディータッチは、主導権を握ろうとしている傾向が見られます。「どうぞ」と言って背中をポンと触ったり、「それじゃあ、行こうか」と背中を軽く押したりなどが当てはまります。

背中は見えない部分のため、人間の弱点という見方もあります。そこに触れるということは「信頼してほしい」「守ってあげたい」という気持ちの表れと考えることができます。頼りがいのある部分を見せたい人が多くするボディータッチの場所。しかし、その気持ちのさらに先には下心が隠れていることもあるので気をつけてください。

(3)腕

草薙:女性が男性の腕に自らの腕を絡ませるようなシチュエーションはよくありますが、男性が女性の腕を触るようなシチュエーションはなかなか見ないもの。

例えば、「ちょっと待てよ」と女性を引き止める瞬間や「こっちに来い」と女性を引っ張っていくようなときが多いのではないでしょうか。そのため、このボディータッチには、女性を支配したい、コントロールしたいという気持ちが隠されています。簡単にいえば「言うことを聞け!」ということ。

しかし、道を歩いていて、腕と腕がさりげなく触れる場合などは、手をつなぎたいと思っていたり、アプローチをしかけたいけど、なかなかしかけられないときが多いかもしれません。この場合は「距離を縮めたい」という心理の表れといえるでしょう。

(4)腰

草薙:腰へのボディータッチは、かなり距離を縮めないとできません。男性がその気になれば、女性を抱き寄せることもできる場所なので、かなり性的な意味が強くなります。

ハグやキスをしたいときの前段階だったり、「次の関係に進みたい」と思っている場合が多いでしょう。付き合っているならいいですが、まだ交際していないのに腰を触ってくる場合は下心の表れなので、注意が必要です。

(5)顔

草薙:顔へのボディータッチも、親密な関係になっていないとできないはず。キスをする前に触るケースを思い浮かべることが多いでしょう。

そのため、気持ちの高まりを表しているボディータッチといえます。女性をドキッとさせたいと思っていたり、見つめ合ってキスをしたいと思っていることが考えられます。

いきなり顔を触ってくる場合は、「受け入れてくれるか、拒否するか」を試しているとも考えられます。「受け入れてくれる」なら「キスをしても問題ない」と捉えるわけです。

4:軽く見られてる?ボディータッチをされやすい人の特徴3つ

世の中にはボディータッチをされやすい人とされにくい人がいます。その違いとはいったい何なのでしょうか。

(1)否定や拒否をしない

草薙:ボディータッチをされやすい人は、否定や拒否をしない傾向が強い人という特徴があります。例えば、会話をしていて「それは違うでしょ」と相手の話を否定せず、いつも「そうだね」とか「わかるよ」と共感を示すような人です。簡単にいうと「ノー」と言わない人。

人が、否定してくる人に対してボディータッチをあまり行わないのは、拒否されることを警戒する気持ちが無意識に働くから。逆に何でも受け入れてくれる人なら、ボディータッチも受け入れてくれると考えるわけです。

(2)ボディータッチする

草薙:ボディータッチをする人も相手からボディータッチされやすい人といえます。親切にされると、親切な行為を返さなくてはいけないような気持ちになりますよね。同じように、ボディータッチをする人には同じようにボディータッチをしても「嫌がられないはず」と考えるわけです。

(3)笑顔が多い

草薙:笑顔が多い人もボディータッチをされやすい傾向があります。いつもにこにこしていて笑顔がたえない人は、それだけで居心地のいい人。怒りっぽい人とはあまり仲良くしたいとは思わないものですが、笑顔の多い人とは一緒にいたいですよね。相手を自然と「仲良くなりたい」という気持ちにさせるため、相手からのボディータッチを引き出しやすいともいえます。

5:まとめ

男性が女性にボディータッチをする場合、下心が隠されていることがあります。相手がどんな人かをしっかりと見極めて、時には「やめてください」と拒否することも大切ですよ。

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。