恋のなやみに効くメディア

カラオケで男子に歌ってほしい曲…盛り上がる、モテる男の曲5選!

tsuta

目次

隠す

1:歌うべき曲がわからなくて履歴ばかり見る…そんなサイクルから卒業しよう!

たまにしかカラオケに行かない人が毎回のように陥るのが、「何を歌ったらいいかわからない問題」。ノッてくれば自然と曲を入れられるのに、最初は場の雰囲気もわからず、「いつも何を歌っていたかな……」と悩んでしまうもの。

結果、履歴ばかりを見て、無難そうな曲を探してしまったり……。でも、自分の中で、つかみや鉄板の曲をもっていたほうが、安心してカラオケに臨めますし、楽しめるはず! そこで、今回は女性ウケに絞って、男性のカラオケ鉄板曲を一気に見ていきましょう。

2:男子に歌ってほしい…おすすめのカラオケ曲5選

さっそく、男性が歌うと好感度が高い曲をチェック!

(1)「君に届け」flumpool

2010年リリースで、発売から10年経っている曲ですが、今もまだ幅広い層から愛され続けています。曲のタイトルからも想像がつくように、真っ直ぐな歌詞が気持ちいい恋愛ソング。アップテンポでさわやかな雰囲気なので、盛り上げることもできるのでおすすめです。

(2)「Pretender」Official髭男dism

ボーカル藤原聡さんの圧倒的な歌唱力と、心の琴線に触れるような世界観のある楽曲で今大人気のバンド、Official髭男dism。「Pretender」は、そんな彼ららしい感情的な美しいメロディーラインが特徴的な曲です。切ない雰囲気の曲なので、終盤に向かうころに歌うといいかもしれません。

(3)「One Love」 嵐

永遠の愛を歌った詞が印象的な定番のラブソング。結婚式でも使用されることが多く、「友人の結婚式でこの曲が流れてきて感動した」なんていう人もいるのではないでしょうか。この曲のサビには、手話のような特徴的な振りつけがあります。歌と一緒にできれば、嵐のファンが喜んでくれるかもしれません。

(4)「ワタリドリ」[Alexandros]

恋愛ソングではありませんが、若い世代を中心に高い知名度と人気を誇る名曲です。サビの音が高かったり、裏声をキレイにだす必要があったり、日本語の歌詞だけでなく英詞も登場するので、歌いこなすのはちょっと大変かもしれません。しかし、完璧に歌い上げれば、逆にとても盛り上がりますよ。

(5)「瞳の住人」L’Arc〜en〜Ciel

愛する人への思いと、幻想的な情景を描写した歌詞、そして力強いボーカルが印象的な曲です。この曲は、邦楽の男性ボーカルの曲では屈指の難易度を誇る曲といっても過言ではないでしょう。キレイに歌えるようになるにはかなりの努力が必要です。しかし、この曲を歌いこなすことがで、女性の心をぐっとつかむことができるかもしれません。

3:アニソンなら何?【年代別】カラオケで盛り上がる曲

(1)20代が盛り上がる曲

20代が盛り上がるのは、やはり今どき感のあるパワフルな曲。例えば、WANIMAの「ともに」。アップテンポで盛り上がるでしょう。また、大人気のアニメ「鬼滅の刃」の主題歌でもあるLiSAの「紅蓮華」もおすすめです。男性が歌うには音程が高めなので、キーを設定して歌いやすくするといいでしょう。

(2)30代が盛り上がる曲

アニソンでいえば、幅広い年代に愛されている和田光司さんの「Butter-Fly」などは鉄板といえるでしょう。「Aメロ、Bメロはわからないけど、サビは口ずさめる」という人も多く、みんなで合唱、なんてこともできそうです。

またBump of Chickenなども通ってきたど真ん中の世代。「天体観測」などを歌えば、全員で盛り上がることができそうです。

(3)40代が盛り上がる曲

ウルフルズの「ガッツだぜ!!」は歌いやすくキャッチーなメロディーなので、知っている人はもちろん、知らない世代の人も盛り上がることができるでしょう。

また、40代ということで、ワイワイ騒ぐだけではなく、長渕剛さんの「とんぼ」を歌って大人の男のかっこよさを見せるのもいいかもしれません。

また、ど真ん中世代ではないですが、岩崎良美さんの「タッチ」もおすすめ。幅広い世代の人が知っているアニソンで、変に若者を意識したアニソンよりも、このような世代に合った選曲のほうが無難という考え方も。

4:カラオケで男性が歌いやすい曲3選

(1)「桜坂」福山雅治

全体的に、気持ち良く歌える音域で構成されています。また、テンポもゆっくりなので、カラオケ初心者でも挑戦しやすいでしょう。

(2)「糸」中島みゆき

「桜坂」と同じく、ゆっくりめの曲調と、男性にも歌いやすい音域の曲です。Bメロに少し音の高い部分がありますが、音域を広げる良い練習になるでしょう。また、多くのミュージシャンがカバーしているので、自分の声に合ったキーのバージョンをさがしてみるのもいいかもしれません。

(3)「女々しくて」ゴールデンボンバー

歌に自信がない人は、パフォーマンスで盛り上げるのも手です。ゴールデンボンバーの「女々しくて」は、きちんと歌ってもいいのですが、踊ったり騒いだりと、勢いでだけでも楽しめる楽曲です。幅広い年代の人が知っている曲なので、メンバーを選ばずに盛り上がるのもポイントです。

5:友達と、恋人と、カラオケを楽しもう

なかには歌唱力に自信がなく、「みんなでカラオケに行ってみたいけどちょっと恥ずかしい……」という人もいるかもしれません。

しかし、一緒に歌ったり踊ったりと、だれかとカラオケに行くのはとても楽しい時間です。ぜひ行ってみてください。また、事前にヒトカラで練習しておくのもいいかもしれません。