恋のなやみに効くメディア

滑舌が悪い原因は?言えない言葉と治し方

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:滑舌の悪さを治したいと思っている人の割合は?

(1)自分は滑舌が悪いと思う?

滑舌が悪いと、思うようにコミュニケーションが取れません。言葉をスムーズに聞き取ってもらえないせいで「何を言ってるのか、まったく伝わってこない」と言われてしまうのはつらいですよね。では実際に、滑舌に悩んでいる人はどれくらいいるのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の男女500名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「自分のことを滑舌が悪いと思いますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

思う・・・258人(52%)

思わない・・・242人(48%)

約半数の人が、自分のことを滑舌が悪いと思っているようです。筆者は、自分の周囲のふたりにひとりに対して「滑舌が悪いなぁ……」とは思わないので、自分の思い過ごしということもあるのかもしれませんね。

(2)滑舌が悪い人への印象は?

滑舌が悪い人は、相手にどう思われているのでしょうか。同上の20~40代の男女500名に「滑舌が悪い人に対して、どのような印象をいただきますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

1位:聞き取りづらい・・・219人(43.8%)

2位:特に何も思わない・・・112人(22.4%)

3位:何を言っているかわからない・・・44人(8.8%)

4位:頑張って話してくれることに好感を覚える・・・43人(8.6%)

5位:面白い・・・41人(8.2%)

以下、かわいいと思う・・・19人(3.8%)、話すのが面倒くさい・・・22人(4.4%)と続きます。

もっとも多かったのが、「聞き取りづらい」というダイレクトなもので、その次が「特に何も思わない」でした。「話すのが面倒くさい」というネガティヴな印象をもつ人よりも、「頑張って話してくれることに好感を覚える」などのポジティブな印象をもつ人のほうが多かったところが特徴的といえるでしょう。

聞き取りづらいとは思うけれど、嫌がられていることのほうが少ないのかもしれません。

(3)滑舌が悪い芸能人と言えば?

芸能人でも滑舌の悪い人っていますよね。それをウリにしている人もいます。

上記の『MENJOY』独自アンケートで20~40代の男女500名に聞いた「滑舌が悪い芸能人というと、真っ先に誰をイメージしますか?」の質問の回答のトップ5を紹介します。(敬称略)

1位:長州力・・・83人(16.6%)

2位:天龍源一郎・・・82人(16.4%)

3位:ビートたけし・・・63人(12.6%)

4位:諸見里大介・・・47人(9.4%)

5位:小宮浩信(三四郎)・・・36人(7.2%)

以下、桐谷健太・・・28人(5.6%)、真栄田賢(スリムクラブ)・・・、27人(5.4%)、山瀬まみ・・・11人(2.2%)、山口もえ・・・11人(2.2%)、矢作兼(おぎやはぎ)・・・10人(2.0%)と続きます。

トップ3に選ばれた長州力さんや天龍源一郎さん、ビートたけしさんは65歳以上という共通点があります。もしかしたら滑舌は年齢とともに悪くなってしまうものなのかもしれませんね。

2:歯並びの影響も?滑舌が悪い原因5つ

滑舌が悪いのは何が原因なのでしょうか。

(1)舌力不足

舌足らずという言葉があるように、言葉を喋るときは舌の動きが大きく関わってきます。特に、舌の筋力が弱いと、滑舌が悪くなってしまうことがあるようです。

姿勢を正して口を自然に閉じてみてください。舌が上顎にまったく触れていない人、先端だけが上顎についているという人は、舌を持ち上げる筋力が不足している可能性があります。

(2)表情筋の不足

ほうれい線などにもつながる表情筋。これも滑舌に影響するといわれています。表情筋の衰えによって舌が動きにくくなり、滑舌の悪さを引き起こすことも。

(3)姿勢の悪さ

呼吸や姿勢が悪い人も、滑舌が悪くなりやすいです。声は吸った息を吐きながら声帯を震わせて発生させます。しかし、声帯はそれほど大きいものではないため、お腹からしっかりと息を出さなければいけません。浅い呼吸や姿勢の悪さはそれを妨げてしまうのです。

(4)早口

滑舌を良くする練習方法として早口言葉がありますが、日常会話で早口なのは逆効果。早口になると、発音が混濁してしまって、聞き取りづらくなってしまいます。

(5)歯並び

前歯にすき間が開いていたり、下の歯が出てしまっていたりすると、空気が抜けやすいため、滑舌の悪さにつながるといわれています。また、歯並びの悪さによって舌の動きが制限されてしまい、それが原因になることも。

3:滑舌診断!悪いと言えない言葉5つ

早口言葉などもそうですが、滑舌に問題があると、上手に言えない言葉もあります。その一部をご紹介します。

(1)骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

骨粗鬆症はかなり言いづらい言葉ですよね。検査結果を医師から言われるときに、「とても言いづらいのですが」なんて言われたらドキッとしてしまいますが、「骨粗鬆症です」と続いたら、「そっちかい!」と思わず突っ込みたくなってしまいます。

(2)きゃりーぱみゅぱみゅ

歌手でタレントのきゃりーぱみゅぱみゅさんの名前も、なかなか言えないフレーズとして有名です。1回だけならまだしも、3回以上連続して言おうとすると、かなり難易度が上がります。特に「ぱみゅぱみゅ」のところが難所です。

(3)東京特許許可局

これは有名な早口言葉ですね。豆知識ですが、実際にはこんな名前の役所は存在しません。早口言葉のために作られたような言葉ですが、なぜかかなり知名度があります。ちなみに、特許に関する行政を行うのは特許庁です。

(4)Which witch wished which wicked wish?

これは英語の早口言葉。ちなみに「早口言葉」自体は、英語で「Tongue twisters」というようです。ちなみにこのフレーズの意味は「どの魔女が、どの邪悪な願いを願ったか?」という感じ。

(5)なぜか言えないシリーズ

「神アニメ」を1回言うのは簡単です。でも、10回連続で言おうとすると、なぜか言えない。そういった言葉が、ネットで「なぜか言えないシリーズ」として話題になりました。

シリーズの中には「僕ボブ」というのもあります。10回連続で言ってみてください。「僕ボブ僕ボブぼぶぼぶ……」になってしまうんですよね。

4:滑舌悪いのは克服できる?自分でできる治し方3つ

(1)舌の筋力を強化する

滑舌が悪い原因が舌の筋力不足なら、強化することで解決するかもしれません。まずは口を閉じて、舌を下唇と下歯茎の間に差し込んでください。そして、右端から左端、左端から右端と3往復動かします。それが終わったら、今度は上唇と上歯茎の間に舌を差し込んで同じことを繰り返します。このトレーニング中、唇は閉じたままにします。これを毎日行うと、舌の筋力がアップしてきます。

(2)呼吸や姿勢を治す

呼吸の仕方や姿勢の悪さによって、声にも影響がでることはすでに説明しました。そのため、姿勢を正すことを意識してみるといいでしょう。猫背の人は腹筋や背筋などが弱いこともありますし、筋肉が固まってしまっているせいで姿勢が悪くなってしまう人もいます。

適度な運動や筋トレとストレッチを習慣にしてみましょう。胸を張ってお腹から声を出すことを意識すると、それだけで声の響き方が違ってきます。

(3)早口言葉を練習する

大木:早口言葉を練習することも効果的でしょう。最初は早口言葉が言えなかったとしても、ゆっくりでもいいので言えるようにしていってみてください。

言えるようになったら、どんどんそのスピードを上げていきましょう。そうすることで、早い口の動きにも舌がついてくるようになります。

5:まとめ

お喋りをしていてついつい噛んでしまうことくらいは誰にでもあります。最近は、歌ではなく、会話のためのボイストレーニングのスクールも多くあります。気にしすぎも良くないですが、自分の声や話し方が好きになれるように、できることから始めていてはいかがでしょうか。