恋のなやみに効くメディア

目薬の効果的な点し方は?ドライアイ・コンタクトにおすすめの目薬

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:目薬の効果って実感していますか?

目が疲れたときや充血が気になったときなどに、市販の目薬を使う人は多いでしょう。しかしその効果を実感できる人もいれば、そうではない人も……。

そこで実態を調査すべく、今回『MENJOY』では、2040代の男女443名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「目薬を使ったとき、効果を実感しますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

実感する・・・335人(75.6%)

実感しない・・・108人(24.4%)

目薬の効果を実感できている人が多数派! 自分に合う目薬が見つかれば、疲れ目や充血を改善するのに役立ちますよね。

2:間隔は?目薬の効果的なさし方のコツ4つ

(1)説明書に書かれているとおりに使う

目薬は当たり前ながら「薬」なので、正しく使用するのが重要。自己判断で使わずに、使用前にはまずパッケージの注意書きや、付属の説明書を読み、それに従って使用しましょう。

(2)きちんと目を見開いてさす

目薬をさすとき、慣れるまではどうしても目をつぶってしまったり半目になってしまったりしがちに。しかしこれだとしっかりと点眼できないので、満遍なく薬剤が行き渡るようにしっかりと見開いた状態でさしましょう。目を開けない場合には、目薬を持っていないほうの手で下まぶたを軽く下に引きながらさす方法もおすすめです。

(3)清潔な手指でおこなう

目薬をさす前には、必ず手指を清潔にしておきましょう。出先などで、手を洗えないときには、アルコールジェルなどで手指を消毒してから目薬を扱うと安心です。ただし、アルコールの刺激が目に入らないように注意しましょう

(4)容器をつけない

目薬をさすとき、容器の先が、まぶたやまつ毛、目に触れないように注意しましょう。

3:ドライアイにおすすめの目薬3選

(1)ロート製薬 Vロート ドライアイプレミアム

痛みを感じるほどのドライアイにも対応できる目薬。角膜ダメージケア成分である「ポビドン」を配合し、ドライアイ特有の涙不足によって生じがちな、まぶたと角膜表面上のこすれや摩擦を軽減します。

(2)参天製薬 サンテドライケア

目の乾きや疲れ目に使える、優しいさし心地が人気の目薬。コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを配合し、目の表面の水分を保たせる働きがあります。また、目の組織に栄養を与えるタウリン、L-アスパラギン酸カリウムも配合されていて、代謝を活発にする働きも。

(3)小林製薬 アイボントロ~リ目薬ドライアイ


名前のとおり、とろみのある薬剤が乾いた目をうるおす目薬。角膜を保護するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムが配合されています。

4:コンタクトにおすすめの目薬3選

(1)ロート製薬 ロートリセコンタクトw


コンタクトの装着液としても使える目薬で、カラーコンタクトレンズを含むすべてのレンズタイプに対応しています。疲れた目をじんわりとうるおす目薬としても使えるため、いつでも手軽にアイケアできる製品です。

(2)ロート製薬 ロートアイストレッチコンタクト

目が凝ってしまい、ピントの調整がうまくいかない……という症状に使えるコンタクト用目薬。配合成分「ネオスチグミンメチル硫酸塩」が、レンズ装着中の目の凝りに働きかけます。点眼後、マッサージとセットで使うと、さらに頑固な凝りのケアになるでしょう。

(3)ライオン スマイルコンタクトEX ドライテクト

コンタクトを装着したときの張り付いたような不快感にアプローチする目薬。トロンとした高粘度保水成分が涙の蒸発を防いで、うるおい感が持続するようつくられています。さらりとした質感よりも、どろっとしたうるおいが好きな人にオススメです。

5:目薬の副作用ってある?

目薬は、当然ながら「薬」なので自分の体質に合わないものや誤った用法による使用によって、予想外の副作用に悩まされる可能性もあります。

よくある副作用としては、アレルギー性結膜炎によるかゆみや充血、その他まぶたのかゆみ、赤み、目薬がしみて痛みが出る……などが挙げられます。このような症状が出た場合には、使うのをやめて眼科医を受診したほうがいいでしょう。

6:目のお悩みには「目薬」を上手に使おう

最近は仕事でパソコンやスマホに向かいっぱなしの人も多く、疲れ目やドライアイに悩む人も増えています。「ちょっと目が疲れているな」と感じたときには、早めの対処が肝心。放置しておくと、ドライアイがどんどん進行してしまうリスクも上がりますよね。

自分に合った目薬が手元にあれば、疲れ目や乾き目を感じたときにすぐにケアできて便利です。パソコンやスマホを長時間使うときには、近くに目薬も準備しておくと安心でしょう。