恋のなやみに効くメディア

唇がかゆい…荒れた唇におすすめのリップ&スペシャルケア

EmaEma

目次

隠す

1:唇が荒れてかゆい…

唇荒れに悩む女性って少なくありません。ザラつきがあったり、皮がめくれてしまったり。乾燥がひどくなって、かゆみがでてしまうこともあります。

そんなときはリップのメイクアップも楽しめません。では、唇が荒れてしまう理由は何なのでしょうか。

2:唇が荒れる原因3つ

(1)乾燥

唇の角層は薄く、水分保持力が低いため、肌と比べても乾燥しやすいといわれています。空気が乾燥している冬やエアコンが効いた場所などで唇のかさつきを感じるのは、水分量不足が考えられます。

(2)外部刺激

唇は粘膜であり、刺激に弱い部分です。食事のときに、食べ物がふれたり、メイクで口紅を塗ったり取ったりという摩擦によっても少しずつダメージを受けています。また、スパイスなどの刺激物も唇荒れを誘発するものとなります。

(3)血行不良

体が冷えると血行が悪くなり、唇からも赤味が引いてしまいます。これは水分や栄養分が十分に巡っていない状態といえます。

2:荒れた唇のかゆみには保湿!ドラッグストアで買える極上リップクリームBEST5

ぷるっとした潤いある唇づくりには、保湿成分の高いリップクリームが必須です。みんなはどんなものを使っているのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では20〜30代の女性281名を対象にアンケートを実施。「荒れた唇に最も効果的だと思うドラッグストアで買えるリップクリームを教えてください」と質問してみました。

結果のトップ5をご紹介します。

第5位:ニベア ディープモイスチャーリップ無香料・・・16人(5.7%)

はちみつ・ローヤルゼリーエキス・オリーブオイル・アミノ酸系保水成分などの保湿成分を贅沢に配合したリップ。ちょうどいいツヤがでるのでノーメークのときにも使いやすく、メイク前につけて軽くティッシュで押さえるだけで、口紅もきれいに塗れると評判です。

第4位:ヴァセリン リップ オリジナル・・・17人(6.0%)


縦横3.5㎝というコロンとした容器もかわいく、お出かけにも便利なサイズ感もポイント。濃厚なテクスチャーにも安心感があり、乾燥対策の唇パックとして使っているという人も多いです。

第3位:メンソーレタム ディープモイスト・・・21人(7.5%)


楕円の形状でが塗りやすいと評判。潤い保湿成分はヒアルロン酸とホホバオイルとシアバター。唇への密着度も高く、潤いが長く続くという声も。

第2位:メンソーレタム メルティクリームリップ・・・56人(19.9%)


メルティという名のとおり、くちびるや空気中の水分と反応してうるおいを抱え込み、クリーム状になるのが特徴。使い心地に楽しさがあるって、嬉しいですよね! 橋本環奈さんのCMも話題になり、一気に知名度がアップ。10代にも人気が高いリップです。

第1位:DHC 薬用リップクリーム・・・63人(22.4%)

この投稿をInstagramで見る

 

DHC(ディーエイチシー)直営店公式(@dhc_store_official)がシェアした投稿


「一度味わってしまうと、離れられない付け心地」とファンが多く、リピート率の高さもダントツです。使用後のベタつきがなく、毎日の唇メイクの下地に使っているという人も。

3:荒れた唇を整えるスペシャルケア

(1)唇専用パック

ドラックストアやコスメバラエティショップなどで手に入る唇専用パックがあれば、簡単に重点ケアができます。やコスメ用品店に行けば、唇専用のパックが出ています。

唇パックは大きく分けて2種類あります。ひとつは、美容成分がたっぷり含まれたパッチタイプのもの。これは、顔用のシートマスクのように、唇に貼って数分間置くもの。もうひとつは、「ティントタイプ」といって、グロスや口紅のように唇につけると保湿成分でラップされたようになり、それが乾いたあとぺりっと剥がすもの。ほんのりとした色づきも叶うので、唇の血色が気になる人にもおすすめです。

(2)蜂蜜パック

セルフで唇パックを行うなら、蜂蜜を使ったパックでも潤います。はちみつを口にたっぷりのせ、その上からラップで押さえるだけ。食べ物なので、口に入っても安心。はちみつのかわりにオリーブオイルやアルガンオイルなどを使っても、同様の効果が得られます。

(3)シュガーゴマージュ

唇の皮むけが気になるときには、砂糖を使ったゴマージュを。きび砂糖など、粒が大きめの砂糖がおすすめです。唇をアルガンオイルなどで軽くしめらせたら、乾いた手で砂糖をとり、やさしくマッサージしてみましょう。砂糖のミネラルの力もプラスされ、唇がつるつるになります。

4:まとめ

唇荒れを起こさないためには、とにもかくにも保湿です。そして、週に1~2回、スペシャルケアとしてパックをしてみてください。ただし、かゆみが治らないといった場合には、他の原因も考えられます。そのときには、皮膚科など専門医に相談してみてください。