恋のなやみに効くメディア

プレミアムステイタスの評判は?口コミからわかる出会いの可能性

月島もんもんM.Tsukishima

©gettyimages

目次

隠す

1:プレミアムステイタスとは?

かつては「3高」などといって、付き合ったり、一生のパートナーに選んだりする相手なら、なるべくハイスペックな人を望むというのは世の常。特に結婚を意識しているなら、相手にはそれなりの年収を求めたい女性は多いでしょう。

ならば、高いステイタスをもち、ハイスペックな相手がいいはず。それこそが、「プレミアムステイタス」という言葉が示すジャンルの人たちです。

2:プレミアムステイタスのパーティーってどんな?特徴3つ

プレミアムステイタスと呼ばれる人たちが集まるのが、「プレミアムステイタスパーティー」です。そこには、どんな出会いが待っているのか。まず、特徴を見ていきましょう。

(1)エリートが集まる

集まってくる人たちは、とにかくエリートぞろい。例を挙げるのなら、一流企業に勤めていたり、会社を経営していたり、弁護士や会計士、医師などの士業に就いている人たちです。

女性であれば、客室乗務員やモデルなどの職業も含まれてくるでしょう。ただ、パーティーへ参加するにあたり、女性に対してはそこまで高いステイタスを求められることはないようです。

(2)証明書が必要

不安なのは、男性が職業を偽って参加しているのではないか……というところ。身分に関しては、免許証や保険証などでしっかりと確認されます。また仕事や年収に関しても、証明を求められるケースもあります。しかし、一流企業に勤めていたとしても、基準の年収を上回っていないという場合も中にはあるようです。

(3)食事が豪華

さすがエリートが集まるだけあって、パーティー自体も贅沢なものになります。まず、用意される会場は、デザイナーズレストランや、オシャレなカフェなど。食事に関しても、インスタ映えしそうなハイグレードな料理や、種類豊富なドリンクが用意されています。量はさほど多くないものの、見映えのいい豪華なラインナップだと評判です。

3:口コミでわかる!プレミアムステイタスの評判

では、プレミアムステイタスパーティーに参加したあとの成果はいかがなものか。実際に参加した人たちに、感想を聞いてみました。

(1)知り合う機会がない人と会える

「以前、私が参加したとき、お医者さんの男性と知り合い連絡先を交換しました。普段、お医者さんと知り合う機会なんてないので、参加して良かったと思いました。ただ、一度食事に行っただけで、そこから先にはつながりませんでしたが……」(Rさん・29歳女性)

普通に生活してて、お医者さんに診てもらう機会はあっても、プライベートで連絡先まで交換するようなことはありませんよね。そういう意味で、貴重な場といえるのではないでしょうか。

(2)全体的にチャラい?

「参加したときの印象としては、男性はチャラい感じの人が多かったです。地位のある人たちなので、仕方ないんでしょうけど……。自分の仕事に対して、鼻にかけているような人が多くて、真面目な人がタイプの私は、あまりなじめませんでした」(Jさん・32歳女性)

地位があって年収も高ければ、自分に自信をもって当然です。鼻にかけた言動などもあるでしょう。そこに対して、目をつむれるかどうかも、楽しむための秘訣となるかもしれません。

(3)美人が多い

「普通の婚活パーティーに何度か参加したことありますが、それに比べると、女性に美人な人が多かったように感じました。一瞬、サクラなのかな……と思うほど。これがワンランク上のプレミアム感なんだと思いました」(Eさん・33歳男性)

ハイスペックな男性の集まるパーティーなので、女性も自分の容姿にそれなりに自信のあるタイプの人が集まるのかもしれませんね。

(4)話が盛り上がらない

「私が参加したのは、テーブルについて男性と向かい合って話し、一定の時間が経過すると隣に移動するというタイプのパーティーでした。時間制限があるせいもあり、あまり話が盛り上がらず……。次に行くとしたら、立食形式を選びたいです」(Mさん・29歳女性)

パーティーの形式には、着席型のタイプと、立食型のタイプがあるようです。積極的に話しかけられるのなら立食型、話しかけられるのを待つタイプなら着席型が望ましいでしょう。

(5)食べるものがない

「会場を回り、何人かの女性と話をしていました。そこで、食べものをお腹に入れようと食事のコーナーに向かったら、ほとんど何も残ってないんです。野菜スティックぐらいしかありませんでした。そこはぜひとも改善してもらいたいです」(Dさん・30歳男性)

フリードリンクでビュッフェ形式となっている場合が多いですが、食事がメインではないので、食べものが足りなくなってしまうこともあります。お腹が空いた状態で参加すると、満たされないで終わってしまうことも。

4:プレミアムステイタスのパーティーへ行くときの服装のポイント3つ

パーティーに参加する際は、普段着というわけにはいかないでしょう。それなりの格好が求められるはず。では、どんな服装が好ましいのか、参加者の意見をもとにご紹介します。

(1)清楚系のワンピース

「婚活パーティーによく行く友だちにアドバイスをもらい、ワンピースで参加しました。清楚な感じを意識して、チェック柄のものを着ていきました。そのおかげもあってか、いろんな人に話しかけてもらえましたよ」(Tさん・27歳女性)

ハイスペックの男性たちは、多くの女性を見てきています。そのなかには、どこか擦れている女性も多いはず。一時は派手な女性にときめくことがあっても、結局のところ最後は、清楚な雰囲気を求めるところがあります。

(2)落ち着いたセットアップ

「年齢も年齢なので、大人な落ち着いた雰囲気を意識して、紺のセットアップを選んで着ていきました。無難なのかもしれないけど、変に気合いを入れて、派手にするよりはいいと思いました」(Yさん・33歳女性)

男性が結婚相手を探して参加しているのであれば、やはり落ち着いた女性を求めるでしょう。フォーマル感のある服装は、そういった目的の男性の目に留まりやすいはずです。

(3)自分に似合った服を

「僕が参加したとき、ひとりやけにフリフリの派手な服装をしている女性がいましたが、完全に浮いていましたね。頑張ってその服を着たんだろうけど、正直、場所の雰囲気に合っていなかったです」(Kさん・34歳男性)

変にオシャレにしようとしたり、男性ウケする服装をしようとしたりすると、やっぱりどこか不自然になります。気合いは感じますが、それが空回りとなる場合も。やっぱり、自分に似合った服を着るべきでしょう。

5:厳しい目で評価を!

社会で成功している人たちが集まるので、それなりに厳しい目をもっているはずです。自分がそれに見合うレベルなのか。今の自分の位置をしっかり把握する意味でも、一度参加してみてもいいかもしれませんね。