恋のなやみに効くメディア

もう恋ができない…を解決!人を好きになれない10個の理由と解決方法

大山奏

大山奏K.Ohyama

©gettyimages

目次

隠す

1:人を好きになれない人の割合は?

「人を好きになるのって当たり前」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。「人を好きになるという気持ちがわからない」という人もいれば、「ある時期から人を好きになれなくなった」という人もいます。

では、それはどのくらいの割合なのでしょうか。『MENJOY』では、20~40代の男女500人を対象に、独自アンケート調査を実施。「本気で人を好きになったことがありますか?」と質問してみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・351人(70%)

ない・・・149人(30%)

意外にも3割近くの人が、本気で人を好きになった経験がないと答えました。恋多き人生を送っている人には、ちょっと信じられないかもしれませんね。

2:人を好きになれない原因10個

人を好きになれない人がこれほどいるのですから、原因もそれなりにあるはずです。

(1)ひとりでも楽しい

ひとりでいる時間が苦でなく、むしろできることならずっとひとりで好きなことをやっていたいという人がいます。このタイプの人は、誰かに傍にいてほしいと感じないため、人を好きになる理由があまりありません。

(2)仕事とプライベートが充実している

仕事や恋愛以外のプライベートが充実していると、恋愛をしている隙がありません。恋をしなくても毎日ワクワクできており、幸せなので十分満足なのです。バリバリ働いている男女に多い原因でしょう。

(3)恋愛がめんどうくさい

恋愛って楽しいこともありますが、正直めんどうくさいことも多いですよね。自分の時間を削ってデートに行ったり、毎日のようにLINEや電話で話したり。こういう行動が楽しくないと感じるタイプの人は、人を好きになるメリットよりデメリットのほうが大きく感じてしまいます。

(4)人が怖い

過去の経験や育った環境などから、人間不信に陥っている人もいます。こういう人に人を好きになれと言っても、無理な話。人が怖いんですから、心を開けるはずがありません。もし、相手からアプローチされても「何か裏があるんじゃないか」と疑ってしまいます。

(5)恋愛にトラウマがある

過去に恋愛で酷い目に遭った経験があると、人を好きになれなくなることも。浮気や二股、デートDVなどの被害者は、しばらく恋愛ができなくても不思議ではありません。

「恋をしたい」という気持ちがあっても、また同じようなつらい思いをするのではないかという恐怖心が先に立ってしまうのです。

(6)人に興味がない

そもそも人を好きになるためには、その人に興味をもつことが必要ですが、中には、まったく人に興味がないという人もいます。人に興味がないと、その人をもっと知りたいとか、この人と近づきたいという欲求が生まれないため、恋心がわかないのです。

(7)理想が高すぎる

「自分の目の前にはいつか白馬に乗った王子様が現れるはず」なんて、高すぎる理想を抱いている人も、なかなか人を好きになれません。なぜならそんな理想的な人と出会える確率は、かなり低いからです。

(8)忙しすぎる

忙しすぎて人を好きになっている暇なんかないという人もいるでしょう。仕事は毎日終電まで、土日も出勤するか家で寝ているだけとなれば、恋している暇はありません。日々の生活を何とかするだけで精一杯になってしまいます。

(9)出会いの機会がない

例えば、中学高校大学と女子校(男子校)など、まったく出会いの機会がなく育ったという人も、恋愛をしにくいです。社会に出てからも会社に異性が少なければ、なかなか自分の好みの人には出会えません。

(10)自信がない

自分に自信がないと、たとえ好きな人が目の前に現れても「私なんかどうせ相手にされるわけがない」と最初から諦めてしまうのです。そして、恋をすれば自分が傷つくからという理由で、好きになった気持ちすら否定してしまいます。

3:人を好きになれないことのデメリット3つ

(1)ひとりの世界で完結してしまう

人を好きになるということは、誰かと繋がるということでもあります。好きになった人の価値観を知ったり、相手の趣味について興味を抱いたりするので、結果的に世界が広がります。

人を好きになれないと、世界が広がるチャンスがなくなり、ひとりだけの世界にとどまってしまうことになるのです。

(2)結婚できない・しにくい

人を好きになれば、その後お付き合いをして、最終的には結婚を……という流れになるのが普通です。ですが、好きになれない場合は、親などにお見合いをさせられて強制的に結婚させられるなどでない限り、結婚は難しいです。

もちろん一生結婚をしないという選択肢を選ぶのもありですが、その場合はそれに備える覚悟が必要です。

(3)人から好かれにくい

人を好きになると相手に興味を抱くため、相手からも興味をもってもらいやすくなります。逆に、人を好きになった経験がないと、冷たい人と思われたり、相手を思いやるとはどういうことかを学べる機会が少なくなったりしてしまいます。

4:人を好きになりたいときの対処法5つ

(1)カップルがたくさんいる場所に行く

自分の中に「自分もああなりたいなぁ」とか「羨ましいなぁ」という気持ちを呼び起こすために、カップルがたくさんいる場所にひとりで出かけてみましょう。幸せそうなカップルを見ているうちに、「付き合うって楽しそう!」と思えるかもしれませんよ。

(2)恋愛漫画や映画を見てみる

恋愛漫画や恋愛映画などの中には、さまざまな形の恋愛が登場します。自分の頭の中にある恋愛観とはまるで別の世界も見つかるかもしれません。

そうやっていろいろな恋愛を知ることで、自分の中に憧れが生まれたり、実際の恋愛でこんなことを言われてみたいという願望が出てきたりする可能性もあります。

(3)将来の理想像を思い描いてみる

将来のことを考えたとき、やはり恋愛をして結婚をしたほうが幸せになれそうだと気づくかもしれません。好きな人やその人の子供が横にいて、一緒に笑い合っている姿が理想的だと思えたなら、恋をするめんどうくささも吹き飛ぶのではないでしょうか。

(4)自分のことを好きになる

自信がなくて恋愛ができないタイプの人は、まず自分を好きになることから始めてみましょう。ファッションやメイクの勉強をして、自分の見た目を変えてみたり、資格を取ってそれを自信にするのもありです。

自分のことをを好きになれると、自然と周りからも好かれてよいという気持ちになれます。そうすれば、恋をすることがそれほど怖くはなくなるはずです。

(5)マッチングアプリでいろいろな人を見てみる

いまは恋活や婚活のために、マッチングアプリを使っている人の数が増えています。実際にそこで恋人を探すかどうかは別としても、とりあえず気になったアプリに登録をして、世の中にどんな異性がいるのかを確認してみるだけでもおもしろいですよ。

とにかく、たくさんの人の顔やプロフィールを見て、出会いの数を増やしてみてください。その中にはあなたがいままで思いもしなかったくらい相性のよい相手がいるかもしれませんよ。

5:人を好きになれなくても焦らないで!

人のことを好きになれない自分は変なんじゃないか……と不安になっている人もいるかもしれません。ですが、本当に人を好きになるのって、偶然に左右される部分も大きいんです。

人を好きになれないのは悪いことではないので、あまり自分を責めたり焦ったりせず、自分がどうしたいのかをじっくり考えてみてくださいね。