恋のなやみに効くメディア

人と関わりたくないのはどうして?人嫌いかどうかを診断する方法と向いている仕事

平松隆円R.Hiramatsu

目次

隠す

1:人と関わりたくないのはなぜ?

他人となるべく関わりを持ちたくないという人は、それほど珍しくありません。この場合、ほどほどの人間関係がよくて、深い関係になりたくないとか、まったく人間関係を築きたくない(=ひとりがいい)などさまざまです。

今回のテーマでいえば、一緒に遊びに行ったり飲みに行ったり、食事に出かけたりという程度の「人と関わりたくない」であれば、そのときどきの気分もあるでしょうが、思ったことがある人は少なくないでしょう。では、どうして人と関わりたくないと思ってしまうのでしょうか。

2:人と関わりたくない理由や心理3つ

では、人と関わりたくない理由や心理について考えてみましょう。

(1)相手に気を遣うのが疲れる

人と関わりたくないという人に多いのが、相手に気を遣うのが疲れるというタイプ。つまり、相手を優先してしまった結果、自分の気持ちを我慢して疲れてしまうのです。我慢はストレスにもつながりますよね。

(2)自分に自信がない

自分の自信がない人も、人と関わりたくないと思ってしまいやすいかもしれません。自分に自信がないことで、周りにどう思われているか不安になってしまい、相手に嫌われないように行動してしまいがちです。それはそれで疲れてしまうため、それを避けようと人と関わりたくないと思ってしまうのです。

(3)ひとりが好き

人に対する苦手意識とは関係なく、単純にひとりが好きという人もけっこういます。人と関わりたくないわけではないけど、お酒はひとりで飲むのが好き、という人もいますよね。

3:人と関わりたくないと思うのは病気?

では、人と関わりたくないと思うのが病気である可能性はあるのでしょうか。もちろん、ゼロとはいえないでしょう。ですが、人前に出られないとか、密集した場所に出掛けられないということでない限り、気にする必要はありません。

むしろ、人と関わりたくないと思うときというのは、仕事やプライベートが忙しかったり悩み事があったりして、他人のことまで気を遣うのが面倒であるということのほうが多いでしょう。

4:専業主婦が人と関わりたくなくなるのはどうして?

WEBの記事などをみていると、専業主婦で「あまり他人や社会と関わらないで生活している」とか、「旦那さん以外の人と関わりたくない」という声をよく見かけます。

残念ながら、専業主婦が特別に人と関わりたくなくなるという事実を裏付ける研究はありません。ですが、多いか少ないかは別として、一定数の割合で、そう感じている人はいるようです。

では、なぜ「専業主婦が人と関わりたくなくなる」のでしょうか。あくまでひとつの仮説ですが、人間関係のコミュニティーの問題があるかもしれません。というのは、専業主婦と兼業主婦では、人間関係の質も量も違うからです。

専業主婦の人は、家族や地域の人、ママ友など人間関係のネットワークが限定されてしまいます。すると、そこでヘタな言動をして周囲に嫌われてしまうと大変なことになりますよね。ときには、仲間はずれにされてしまうことも。そのため、相手に嫌われないように気を遣うのが疲れるので、人と関わりたくなくなるんです。

また、ママ友同士の「自慢話」も疲れる原因に。なにを買ったとか、どこどこに旅行に行ったとか。他人は他人、自分は自分と思えばいいのですが、なかなかそうはいかず自分の自信をなくすこともあります。その結果、気が滅入ってしまい人と関わりたくなくなることもあるでしょう。

5:私って人嫌い?人嫌い診断3つ

必ずしも、人と関わりたくない=人嫌い、というわけではありませんが、人と関わりたくないと思いやすいかどうか、自分自身を振り返ってみましょう。

(1)人との共同作業が苦手

誰かと一緒に作業をしたりするのが苦手な人は、人と関わりたくないと思いやすいでしょう。周囲に合わせることや周囲と一緒に作業をすることでストレスを感じやすいことが関係します。

(2)大人数の場所が苦手

ひとりやふたりの友達と出かけるのは問題ないけれど、3人以上になってくると億劫になるという人は、人と関わりたくないと思っているでしょう。一人や二人は、ある意味で親友といえるような相手で気心が知れていたり、あなたのことを理解してくれている相手でしょう。

ですが、大人数になると気を遣ったりしないといけないので、ストレスにつながるのです。

(3)休みもの日はひとりでいることが多い

休日をひとりで過ごすタイプの人は、基本的にひとりが好きなタイプです。みんなでワイワイするより、ひとりのほうが落ち着いたり楽しかったりします。そのため、人と関わりたくないというよりも、人と関わらなくてもいいというタイプです。

6:人と関わりたくない人に向いている仕事3つ

人と関わりたくないというタイプの人は、チームで何かをするというのがストレスになることもあります。だとすると、どんな仕事が向いているのでしょうか。

(1)プログラマー

ソフトウエアを作ったりするプログラマー。もちろん、まったく人と関わらずに済むかというと、そういうわけにはいきませんが、在宅ワークや個人事業も可能なので、向いているかもしれません。

(2)文筆業

小説家やライターなどの文筆業だと、ひとりで創作するのも可能なので、人と関わりたくない人に向いているかもしれません。ただ、取材を必要とするときもあるので、まったく人と関わらずに済むかというと、こちらもそういうわけにはいきません。

(3)研究者

一般的に、研究者は人と関わりたくない人に向いている仕事と思われているかもしれません。もちろん、そういうジャンルの研究もあります。ですが、大学に勤めると、講義をしないといけないので、学生と関わらないといけませんし、チームで研究をするときには人間関係が大事になってきます。

そう考えると、研究者というのは人と関わりたくない人に向いている仕事のようで、意外と人と関わるのが得意でなければ向かない仕事なのかもしれませんね。

7:まとめ

人と関わりたくないと思うことは悪いことではありません。ですが、そう思わない人からすると、なかなか理解されず苦労することもあるでしょう。いろんな人がいることを理解し合えるようになるといいですね。