恋のなやみに効くメディア

短足コンプレックスを回避できるファッションとは?スラリとみせるコーディネート術

新井 よつばY.Arai

目次

隠す

1:短足を気にしている人は多い?

日本人には、もともと胴長短足タイプが多いといわれていて、それは穀類を中心とした食生活や、椅子を使わない生活様式の影響など、さまざまな理由によるものだと考えられてきました。今どきの若者世代はスラリと足の長い人もいますが、それでも短足コンプレックスに悩む人は少なくないでしょう。

では、いったいどれくらいの人が悩んでいるのでしょうか。そこで今回『MENJOY』では、20〜30代の男性251名、女性336名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「自分の足が短いと気にしたことはありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。まずは男性から

【男性】

る・・・97人(39%)

ない・・・154人(61%)

続いて女性に質問した結果です。

【女性】

ある・・・194人(58%)

ない・・・142人(42%)

男性のほうが足の長さを気にしているようなイメージがありましたが、気にしていない人が多く、逆に女性は半分以上の人が気にしたことがあるということがわかりました。男性に聞いてみると、足の長さよりも身長が気になるという意見が多数。女性はパーツを、男性は全体を気にしやすい傾向があるのかもしれませんね。

2:短足だから……似合わないファッションあるある5つ

(1)長めトップス

ロング丈Tシャツなど、トップスの丈が長いと、腰の位置が低く見えることから、足が余計に短く見えてしまいます。長めのトップスを着る場合には、腰の高い位置でウエストマークをするといいでしょう。

(2)Tシャツ×デニム

シンプルコーデの鉄板でもあるTシャツとデニム。でも、体型をそのまま見せることになってしまうので、足の短さが気になる人は苦手なことが多いのだとか。短い丈のTシャツにハイウエストのデニムを履くなど、シルエットの工夫次第で脚長に見せることは可能です。

(3)ハーフパンツ

短足さんは、膝下の短さを気にする人が多いもの。そのため、ハーフパンツにも、苦手意識をもつ人が多いようです。足が短いことで子どもっぽく見えてしまう、ハーフパンツなのに裾が膝下まできて中途半端な長さ見えてしまう、といった理由であまり履かないという人もいました。

(4)ローライズパンツ

最近は股上深めのデザインがトレンドなので、あまり見かけなくなりましたが、股上の浅いローライズパンツは、腰の位置が低く見えるため、胴の長さと足の短さが強調されてしまいます。短足さんにとって、今のパンツのトレンドはベストといえそうです。

(5)ショートブーツ

ショートブーツも、足が短いと似合わないと感じている人が多いのだとか。特にローヒールやファー付きなど、足首にボリュームが出るものだと、よけいに短足に見えてしまいます。ショートブーツは、細身でヒールがあるものを選び、さらにタイツの色をブーツに合わせるなどのひと工夫をすることで、足をスラリと長くみせてくれます。

3:短足コンプレックス解消!脚長にみせるコーデ術5つ

(1)ハイウエスト×トップスイン

手っ取り早いのはハイウエストのボトムスを履くこと。腰の位置を高めにキープしてくれるので、足長効果を狙えるだけでなく、ウエストがキュッとしまって見えるのもいいですよね。また、トップスをインすることで、よりメリハリのあるスタイルをアピールできます。

(2)ぺプラムトップス×ワイドパンツ

ゆったりしたワイドパンツは、ハイウエストでないと短足に見えてしまうと悩む人も。そんなときは裾広がりのぺプラムトップスと合わせてみましょう。少し長めの丈を選べば、お尻まわりもカバーしてくれます。オーバーサイズシャツの高めの位置にベルトを巻いて、ペプラム風に見せるのもいいでしょう。

(3)ヒール靴

ヒールがある靴を履けば確実に足は長く見えます。ピンヒールだと日常生活が不安……という人も、船底ソールなら歩きやすさも叶えられます。

(4)ワントーンコーデ

上下をワントーンでそろえると、胴と足の境目が目立たなくなるため、足長効果を期待できると言われています。さらに服だけでなく、靴も同じような色味でまとめれば、もっと足を長く見せることができますよ。

(5)小物使い

小物使いを工夫するだけでも、短足をカバーすることができます。ポイントは、目線を散らして、小物に視線がいくようにすること。アクセントになるような色味の小物を持ったり、ボディバッグなどを高めの位置で身につけるのもいいでしょう。

4:足を長くする方法ってあるの?

足の長さは、生まれ持ったものと諦めている人も多いでしょう。劇的に長くすることは難しいかもしれませんが、努力をすれば改善の余地はあるそうです。特にお尻が垂れている人は、ヒップアップするだけでも見た目が大きく変わります。

他にも、O脚であれば、足が真っ直ぐになればそのぶん長く見えるので、骨盤エクササイズや姿勢を正してみるようにしましょう。

5:まとめ

短足がコンプレックスで悩んでいる人も、コーディネートを工夫するだけで印象は変わります。ファッションはコンプレックスを隠すだけでなく、体型を活かしながら楽しむもの。自分に合ったコーデを取り入れてみてくださいね。