恋のなやみに効くメディア

おうち時間で女子のムラムラ度が増加中?みんなの性欲発散事情

ミクニ シオリS.Mikuni

1:家にいる時間が長くなると、ムラムラ時間も増える?

外出自粛にも慣れてきて、家での時間の潰し方がわかってきた今日このごろだと思います。が、そんな女性たちの中で、ある悩みが増加しているようです。それは、

「家でずっと暇してると、ムラムラする〜!」

というもの。

自由な時間が多いと、一次的欲求がムクムク……たくさん食べて太っちゃったという人も多いですが、「ムラムラしてしまって人肌寂しい〜」という悩みを抱えている人も増えているとか、いないとか。人間ですから、しばらく濃厚接触ができていなければ、当然のことですよね。

2:ラブライター的性欲発散・コントロール法5つ

しかし、こういう時期だから、人と濃厚接触せず、自分だけで性欲をコントロールしたいもの。そこでラブタイムの過ごし方としてはプロ級と言える恋愛コラムニストの筆者が、実際にムラムラしたときに、どうやってその欲求を発散すべきかをお教えしましょう。

(1)大人のおもちゃで時短オナニー

指でのひとりエッチはフィニッシュまでに毎回時間がかかるので、時間の使い方としてナンセンス。

ということで、自分の部屋があるという人には、大人のおもちゃを使ってするのをおすすめします。指よりも短い時間でオーガズムを得られますし、「床オナ」のような間違った方法に走ることもナッシング。

最近では、音が静かなものやサイズが小さいものもあるので、自分の環境に合わせたグッズは一個持っておくと、性欲が爆発して誤った(!?)行動を取ってしまうことを防げますよ。

(2)せっかくなので膣トレも兼ねてルーティン化

時間の無駄にならないようにひとりエッチをするためには、「膣トレ」を兼ねるのもおすすめ。ボールタイプのおもちゃを買って膣を締めるトレーニングを行い、骨盤底筋群をギュギュッと鍛えましょう。

エッチでの快感もアップしますし、その他の筋トレやダイエットの効率も良くなります。膣トレは快感とトレーニングを兼ねることができるので、より「自分磨き」的なニュアンスも強くなり、「オナニーしてばかりで恥ずかしい」という気持ちも薄くなりますね。

(3)取り急ぎマッチングアプリで寂しさを緩和

恋人の有無は置いておいて、取り急ぎの話し相手を探すために、手軽なマッチングアプリでスワイプしちゃうのもおすすめ。この時期、恋人となかなか会えず寂しい思いをしている人も多いようですが、男の寂しさは男で埋めるのがいちばん。手軽なアプリでは「話し相手」を募集している人もいるので、まずは電話相手を見つけてみましょう。そこから盛り上がって、テレフォン〇〇○に発展する可能性もあります。

(4)セクシーな自撮りを自己満でパシャリ

毎日すっぴんで人に会わないと、バッチリメイクのかわいい自分を忘れてしまうので、たまには用事がなくてもかわいい服でかわいい自撮りをしてみましょう。性欲解消という意味では、ちょっとセクシーな写真を撮ってみるのもおすすめ。

誰に見せるわけでなくとも、自分が「うんうん、セクシーでかわいい♡」と思えれば、気持ちが安定したりするものです。

(5)SNSで素人アカウントをパトロール

自粛でムラムラしているのはみんな一緒。そんなつながりを感じるために、ムラムラ度強めのアカウントをSNSで探してみるのもおすすめ。

Twitterやinstagramにはエッチな動画を載せているメンズもいるので、新しいおかず探しとしても最適。好みのメンズを見つけたら、DMを送ってみるのもアリかも……。

3:自粛中の女子の性欲発散方法3つ

では、実際の女子は抑えきれないムラムラをどう処理しているのでしょうか。さまざまな環境や事情で、「ムラムラしているもののどうにもできない」という人も多いようですが、今回は実際に行動に移している人の意見を聞いてみました。

(1)マッチングアプリで新たな男を引っ掛けてます

「私には同棲している彼氏がいるのですが、彼とはセックスレス。でも家だとなかなかゆっくりひとりエッチもできないので、半径2キロ以内でセフレを探すべく、距離が出るマッチングアプリで男性を誘っています。

なるべく密を控えるために、男性とは相手の家で集合して即解散。窓を開けて風通しを良くしながら、お隣に聞こえないように声を殺してするのがめちゃめちゃ気持ちいいんです」(28歳/保育士)

男性と会ってしているという人は、多くはないものの、一定数いました。家やホテルに徒歩集合できる距離で、なるべく密を避けているようですね。ひたすら目的がエッチという感じですが、手っ取り早くてお金がかからないのはメリットかも。

(2)エロいアカウントをSNSに作っちゃった♡

「私は既婚で子どももいるのですが、在宅で仕事をしている旦那とのケンカが増えて、イライラと一緒にムラムラも爆発寸前。なかなかおもちゃなどの購入も難しく、家も空けられないので、とうとうSNSにエロ垢を作って、胸や露出した写真などをアップし始めました。

あっという間にフォロワーも増えて、誰だか分からない匿名のアカウントばかりだけど、キレイって言ってもらえるのは嬉しい。そのためにかわいい下着を集め始めました」(31歳/歯科助手)

こちらは実際にSNSで素人エロアカウントを作ってしまったという人。確かに顔などを出さなければ身バレもしないし、いろいろな男性にカラダを褒めてもらえるのは嬉しいし……。外出せずにそれができるなら、ある意味、いちばん安全な発散方法かも?

(3)1日に3〜4回オナニーしちゃう

「私は恋人がいなくて、趣味も少ないので、暇な時間が多いとオナニーしすぎてしまうことが昔からの悩みです。多い時には一日に3回か4回くらいしてしまいます。朝起きてベッドでして、トイレのついでにして、お風呂でして……っていう感じです。

疲れるし、よく眠れるのですが、ちょっと時間のムダだなと思うのと、するたびにエッチもしたくなっちゃうので、精神衛生上良くない気がしています」(26歳/広告関係)

たくさんオナニーして発散するという人もいましたが、それはそれで「時間がかかる」「恥ずかしい」など、新たな悩みになってしまう人もいるようです。

4:暇すぎると性欲が増加?ヘルシーライフを心がけて

性欲が増加したという人には、「イライラと一緒にムラムラも増加した」というケースと、「暇すぎてムラムラしちゃう」というケースの2パターンがありました

前者はイライラの原因を取り除くか、性欲からくるイライラを発散させることが必要ですが、後者は自由な時間が多すぎることが性欲増加の原因。新しい趣味を作ったり、行動をルーティン化したりして、何もすることがない時間を減らすと、性欲が爆発することも防げるはずです。

つらいですが、今は我慢! 自粛明けに楽しい「性活」を送るためにも、ダラダラ過ごさず、自分を律した生活を心がけたいですね。