恋のなやみに効くメディア

休日に何もしたくない…無気力になる原因とおすすめの過ごし方5選

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:休日だけど何もしたくない…

(1)休日が寝て終わる…これってもしかして病気?

月曜日から金曜日までしっかり働くと、心身ともに疲れてしまいます。そのため、せっかくの休日なのに、寝て終わってしまった……そんなこともあるはず。

では実際に、そういう経験をしたことのある人はどれくらいいるのでしょうか。『MENJOY』では20代~40代の女性500名を対象に独自のアンケートを実施。「休日に何もしたくないという気分になることがありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

常に何もしなくない・・・116人(23.2%)

ときどき何もしたくなくなる・・・173人(34.6%)

疲れている時は何もしたくない・・・140人(28.0%)

休日に「何もしなくない」と思うことはない・・・71人(14.2%)

「何もしたくない」と思わないのはわずか1.5割。多くの人が休日に「何もしなくない」と感じることがあるようです。お仕事で疲れていると、動きたくないですよね。午前中は布団の中でもごもごしているという人も多いでしょう。まさしく筆者もそのタイプです。

(2)何もしたくないどころか寝たくもない気分のときも

休日に思いっきり寝たあとは、頭がぼーっとしてしまい、何も考えられなくなりますよね。寝すぎるとカラダもだるくなったり、頭痛がしてくることもあって「もう寝るのもいいや」となることもありますよね。

遊びに行くのも億劫だから、動画配信サービスを利用して映画やドラマを眺めるように観ている、という生活をしている人も多いかもしれません。

2:休日に何もしたくない原因5つ

では、どうして休日に何もしたくない気分になってしまうのでしょうか。その理由を聞いてみました。

(1)仕事で疲れている

「仕事で疲れているので、休日くらいは何もせずに過ごしたいって気分になってしまいます。特に繁忙期は、残業続きで終電で帰ることが続くときもざらにあります。

だから、洗濯物や家事は“週末にやろう”って見て見ぬ振りをしているんですけど、いざ週末になると疲れちゃってやる気が起こらない……。仕事のしすぎは良くないと思うんですけど、なかなかそうも言っていられないんですよ」(Uさん・34歳男性/会社員)

(2)失恋した

「失恋したときは、本当に何もやる気が起こらないです。ずっと付き合っていて、“このまま結婚するんだろうな”と思っていた彼氏から、いきなり別れを切り出されたとき、朝まで泣き明かして仕事を休んでしまいました。

胸にぽっかりと穴が空いたような気分になって、休日も何も手につかなくなって……。友人に散々励ましてもらって、ようやく立ち直ることができました」(Eさん・28歳女性/会社員)

(3)燃え尽き症候群

「自分は昔から休日に映画を観ていたんです。5000本を目標に掲げていたので、来る日も来る日も映画を見続けました。5000本観るのに、10年以上かかりましたよ。でもいざ目標を達成するとモチベーションが失われて、なにもやる気が起きなくなりました。燃え尽き症候群って言われるヤツなんですかね。

“これだけ映画を観て、だから何なんだ?”っていう話じゃないですか。自己満足以外の何ものでもない。だから、なんか切ない気持ちになって、俺のこれまでの時間は何だったんだろうって振り返っちゃいましたよ。そのときは何も手につかなかったですね」(Tさん・38歳男性/消防士)

(4)趣味を辞めた

「私は鉄道が趣味で、結婚してもずっとその趣味を続けていたんです。プラモデルを集めたり、本を買ったり……。でも、妻はそれをよく思っていなかったみたいで、ある日すべてを捨てられました。実はずっと前から、邪魔だから処分してほしいとはいわれていたんですが、できなかったんです。

妻の気持ちを理解していなかった私が悪いのかもしれませんが、いざ捨てられたときはけっこうショックでした。休日は趣味の時間に費やしていたので、それがなくなると自室でぼうっとすることしかできない……そんな生活が続いています」(Oさん・37歳男性/会社員)

(5)ニート生活の成れの果てた

「大学卒業後に就職して働いていたんですけど、ブラック企業だったんです。だから本当に疲れちゃって。それで仕事を辞めて、今までやりたくても時間がなくてできなかったことをやろうと思って自由な生活を始めたんです。もちろん、貯金が尽きるまでの期限付きです。

でも、3か月でやり尽くしました。観たい映画を片っ端から見て、やってみたかったことを片っ端からやった。最初は楽しかったんですけど、そのうち、やりたいことが見つからなくなってくるんです。そのうち“やるべき何か”を探すことにも疲れて……。それで、貯金が無くなる前に、堕落する自分に耐えられなくなって就職しました」(Kさん・29歳男性/会社員)

3:何もしたくない休日の過ごし方5選

今度は何もしたくないときの休日の過ごし方をご紹介します。みなさんはどのようにして過ごしているのでしょうか。お話を聞いてみました。

(1)カフェで読書

「何もしたくないときは、小説を持って近所のカフェに行きます。そこでちょっと甘めのカフェラテを飲みながら読書ですね。疲れたら本を置いて、友達とLINEして、また本を読んで……。そういうまったりした時間の過ごし方が気に入っています」(Rさん・26歳女性/公務員)

(2)ほぼ寝ている

「何もしたくない休日は、ほぼ寝ていますね。土日のどちらかに家事を終わらせて、もう一日はずっとベッドの上。二度寝、三度寝して、お腹が減ったらコンビニ行って適当に食べ物を買ってきて食べて、それでまたベッドに寝転がるっていう感じ。

買い物以外は、家からは絶対に出ないですね。Netflixで映画を見ることくらいはするかもしれませんけど、ぼうっと眺めてる程度ですね」(Yさん・30歳男性/会社員)

(3)散歩

「何もしたくないなって思ったら、誰とも会わずにグダグダして過ごします。でも、それも昼過ぎくらいまでですかね。そっから、ちょっとカラダを動かしたくなることが多いので、近所を散歩します。

夕飯の材料を買ってきたり、本屋に行って漫画や小説を眺めたりはしますけど、それから家に帰ってきたら、ぼうっとテレビを観ている感じです」(Iさん・31歳女性/看護師)

(4)部屋の掃除

「休みの日は、部屋の掃除をします。昼過ぎくらいにベッドから這い出して適当にごはんを食べたら、部屋の汚れが気になって掃除機をかけることが多いです。それが終わったら、スマホゲームを適当に。気がついたら何時間の時間が経っちゃって、それで夜になるってことも少なくないです。

明日はどこかに出かけようかなって思っても、またスマホをいじって休日が終わるみたいな。そんな感じです」(Hさん・25歳女性/会社員)

(5)ひとりで買い物

「人と会うのってけっこう体力を使うじゃないですか。だから、休日は予定は入れないです。寝て起きたら適当にごはんを食べて、ひとりで買い物にフラッと出かけることが多いかな。

雑貨屋洋服を見たり、本屋に行ったりして適当に歩いて、家に帰ってきたらその日の気分によって映画を観ます。それで眠たくなったらそのまま寝ちゃう、みたいな感じです」(Uさん・28歳男性/会社員)

4:何もしたくないときは何もしないのも手

何もしないときに無理にカラダを動かしたり、予定を入れて人と会う必要はないでしょう。何もしなくないということは、何もしないことをカラダが望んでいるはず。

たまには、ぼーっとすることも悪いことではありません。そのうち「何かやろうかな」と思うとききっとが来るはずです。