恋のなやみに効くメディア

エッチ占いって知ってる?星座や血液型でわかるエッチのタイプ

相川葵A.Aikawa

目次

隠す

1:占いでエッチのタイプや相性がわかる

占いというのは、性格や運勢などを知るものだというイメージが強いですよね。でも、エッチのタイプや相性まで知ることができるんです。意外かもしれませんが、本当なんですよ!

そこで今回は、12星座別に、エッチのタイプを解析してみましょう。自分と相性の良い星座もあわせてご紹介します。

2:12星座占いでわかるエッチのタイプ

自分でも相手でも、生まれつきの星座さえわかれば、エッチのタイプはほとんどバレバレ同然です。星座別のエッチのタイプを見てみましょう。

(1)おひつじ座

短時間でも情熱的なエッチをするのが、おひつじ座の人です。基本的に性欲が強いほうではありませんが、一度「したい!」と思ったら猛烈にしたくなってしまいます。自分の感情の赴くままに行動するという性格が、エッチにも現れるんです。

そのため、エッチが始まっても、自分が満足すると「もういい」と投げ出してしまいがちなのも、おひつじ座の特徴。しし座の人、いて座の人とはエッチの相性が良い傾向です。

(2)おうし座

外ヅラはいいけどパートナーにはワガママを言う、そんな特徴をもつおうし座のエッチは、ドS度が高い傾向があります。男女ともに、エッチのときには、自分が主導権を握るのが好き。すなわち、自分のペースで愛を深めたい積極的なタイプと言えるでしょう。女性の場合、騎乗位を好むタイプです。

相性の良いのはおとめ座の人、やぎ座の人。いずれも比較的控えめな人と相性が良いと言えます。

(3)ふたご座

ふたご座のエッチもS系。自分から相手を攻めたい願望が男女ともに大きいでしょう。ただおひつじ座やおうし座と違うのは、研究者資質が強く、エッチ中も冷静な自分を保つことに長けているということ。

そのため、ふたご座のエッチは実験室のような雰囲気を醸し出すこともあります。相性の良い人は、てんびん座の人、みずがめ座の人です。

(4)かに座

愛情のためにエッチをする傾向が強いのが、かに座です。自分が相手を愛することも大切。ですが、相手から自分が愛されている証を得ることもかに座にとっては重要です。エッチに求めるのはその確証というわけ。

性癖はややS寄りですが、自分勝手というよりも相手に尽くすタイプの攻め方をするのが特徴でしょう。相性の良い人は、さそり座の人、うお座の人です。

(5)しし座

しし座の人は相手から尽くされるタイプのエッチを求めます。男女を問わず、相手からの奉仕を必然と考えている部分もあり、その代償として相手に快楽を与えてあげるという意識が強い傾向があります。

そうは言っても、しし座にとって、相手を喜ばせることも大いに自尊心を高める行為。なので主導権を自分が握りながらも相手の反応を気にする、いわゆる「ええかっこしい」のエッチになる傾向も。相性が良いのは、おひつじ座の人、いて座の人です。

(6)おとめ座

おとめ座は完全なる控えめタイプ。エッチに対してもなかなか積極性を見せることができません。「エッチは男性が女性を攻めるもの」という認識が強いあまり、女性は男性に主導権を丸投げをしがちですし、男性は自分が主導権を握らなくてはいけない!と固くなってしまうことも多いでしょう。

いずれにしても過度に快楽を追求することもなく、乱れることも少ないパターンです。むしろ、女性の場合、いわゆる「マグロ」な状態であることが多いでしょう。相性が良いのはおうし座の人、やぎ座の人です。

(7)てんびん座

てんびん座の人は、恋愛やエッチに対しては消極的なことで知られています。男女ともに尽くされるエッチが基本に。12星座中最もドM度が高いとも言えますので、相手は攻めてくれるタイプの人が良いでしょう。

相性が良いのはふたご座の人、みずがめ座の人。

(8)さそり座

さそり座の人も、エッチの傾向はM度が高いと言えます。自分の快楽を追求するために、相手から攻めてもらいたい欲求をもっているのです。ベッドの中での積極性はないですが、そのぶん相手選びは的確。性欲も強く、いわゆる絶倫タイプです。攻めるのが好きなドSタイプを相手に長時間のエッチを楽しみたいと思っています。

さらに言うと、車内やクローゼットの中、資料室など、暗く狭いところでのエッチも大好きです。相性が良いのはかに座の人、うお座の人です。

(9)いて座

楽天的でスピード感のあるいて座のエッチは、開放的で自由にあふれています。

ある意味、「何でもアリ」のエッチが好きで、気持ちよさよりも楽しさを追求する傾向があります。エッチをひとつのエンターテイメントのようにとらえ、共に楽しむエッチでパートナーとの愛情を深めるタイプです。楽しさのためにオモチャを使ったりするのも大好きです。相性が良いのはおひつじ座、しし座の人です。

(10)やぎ座

やぎ座の性格の控えめさはエッチにも現れます。激しい攻め方はしませんが、そのぶん、エッチの時間は長くなる傾向です。いわゆるスローセックスタイプといえるでしょう。

男女ともに時間をかけてていねいなエッチをするのが得意。またムードもとても大切にします。繊細なので、ムードが良くないと全然興奮しないことも多いでしょう。相性が良い人はおうし座の人とおとめ座の人です。

(11)みずがめ座

みずがめ座のエッチは、あまりエッチらしくない……と言うべきでしょうか。快楽に溺れるというよりも、友情の延長のようなシンプルなエッチをする人が多いようです。普段と同じように楽しく会話をしながら、気持ちの交流を深めるためにエッチする、といったようなイメージでしょう。

エロさや背徳感がないタイプなため、浮気に対するハードルが低く、複数の異性と罪悪感のないエッチをしてしまう場合も。相性が良い人はふたご座やてんびん座の人です。

(12)うお座

十二星座の中で、もっとも感情的なエッチをするのがうお座です。

うお座にとって、エッチは快楽の源。と同時にパートナーとの心のつながりを創り出す、神聖な儀式なのです。したがって、うお座の人は、ベッドの中で行われる際どいプレイにも、愛情さえ見い出すことができれば抵抗感をもちません。逆に、愛情がなければ一気に冷めるパターンとも言えるでしょう。

相性の良い人はかに座、さそり座の人です。

3:血液型占いでわかるエッチのタイプ

血液型でもエッチのタイプがわかります。星座の特徴と組み合わせてみると、その人のエッチの傾向がさらによくわかりますよ。

(1)A型

A型は奥手な人が多く、恥ずかしがりや。なので、エッチに興味があるということをあまり表に出すことはありません。しかし、相手によく思われたいという、格好つけな気持ちがあるので、エッチのテクニックや知識は多い。相手に合わせて、さまざまなパターンのエッチを繰り広げられます。

相性が良いのは同じA型か、O型の人です。

(2)B型

無意識に色気を出してしまうのがB型。エッチのときには、本人は意識していないのにプレイボーイ、プレイガールと化してしまうこともあるでしょう。そして、「自分の好きにやらせてもらうので」という振る舞いが、良い方向にはたらくことがほとんどです。

ベッドの中ではB型の小悪魔的な魅力に、勝手に相手がメロメロになってしまうことが多いはず。そのため、自分のエッチに自信があって、エッチのテクニックを磨こうという意識は芽生えることがありません。

相性が良いのはO型の人。性格の相性はイマイチですが、エッチではA型の中にも合う人がいるでしょう。

(3)O型

おおらかなO型は、エッチに関しても開けっぴろげな人が多いようです。好きな人に対してはエロさを隠さず、堂々と誘惑するタイプです。そして、そんな自分の攻め込みに対して、受け身の対応をしてくれる人を求める傾向があります。ただし「防戦一方」の、攻め応えのない相手には、すぐに興味を失うでしょう。

相性が良いのはB型とA型です。

(4)AB型

4つの血液型のうち、エッチに対してもっとも淡泊なのがAB型。エッチに義務感をもっている人も多いです。ただし、探求心旺盛なので、エッチのときにあれをやったらどうなるかなとか、これをやってみようとか、とにかく変態気質に振る舞ってしまう一面も。

相性が良いのは同じAB型の人か、A型の人でしょう。

4:占いでエッチのタイプがよくわかる!

読んでみて「本当だ!」「当たってる!」と思った人も多いと思います。今回は星座占いと血液型占いでご紹介しましたが、もっと難解な占い方になると、四柱推命や紫微斗数といった占い方でも、性格だけでなくエッチのタイプがわかります。

占いの結果を参考に、パートナーとのすてきなエッチを楽しんでくださいね。