恋のなやみに効くメディア

紳士な男性はやっぱりモテる?優しいだけの「いい人」との境界線

大山奏K.Ohyama

目次

隠す

1:そもそも紳士とは?

(1)紳士の意味

まずは「紳士」の正しい意味を辞書で見てみましょう。

紳士(読み)シンシ

1 上流社会の人。

2 上品で礼儀正しく、教養の高いりっぱな男性。ジェントルマン。

3 成人の男性。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

上流階級という概念も少なくなってきているので、日常生活の中で「あの人って紳士だよね」「あの人は紳士だからそんなことしない」などと使う場合は、「2」の意味です。

(2)紳士の反対はなんていう?

紳士の正反対にいる男性のことは何と表現するのでしょうか。礼儀正しくない人という意味での反対語は「粗野」が使えます。また、教養がない人という意味での反対語なら「野蛮」がそれにあたるでしょう。

2:素敵な女性が次々と…!モテる紳士の特徴5つ

(1)スマート

頭が良くて、なんでもそつなくこなすことができるのが紳士の嗜みでしょう。豊富な知識をもっていて、かつそれをひけらかすようなことはしません。

行動を見ていても、無駄な動きがなく、仕草から上品さを感じられなければ、紳士とは呼べないでしょう。

(2)仕事ができる

紳士であることと仕事ができることは一見関係がないようにも思えますが、実際にモテる紳士の多くは仕事ができます。それは知識や技術をもっているうえに、学び続けることへの情熱もあるから。

さらに人と協力することも得意で、上司からも信頼され、部下からは尊敬されるような人が本当の紳士といえるのではないでしょうか。

(3)強いメンタルをもっている

優しい心をもっていることはもちろんですが、強いメンタルもなければ紳士的に振る舞い続けることは不可能です。問題が起きたときに慌ててワタワタしてしまうようでは、紳士とはいえませんよね。

他の人と自分を比べるのではなく、自分自身に誇りをもっていることもモテる紳士の特徴のひとつです。

(4)包容力がある

包容力があり、多少のことでは怒りを露わにしたりしないことも重要です。いつでも穏やかに振る舞い、周りの人のミスなども許せる懐の深さがなければ紳士的とはいえないでしょう。

特に女性に対しての包容力は、モテるかどうかに大きく関わってきます。

(5)言葉遣いが丁寧

上品な言葉の使い方が身についていなければ、いくら振る舞いが紳士的でもニセ紳士だと思われてしまいます。特に非常時や余裕がない状態になったときに、荒っぽい言葉が出たことで、その人の本性がバレるケースもあるでしょう。

紳士たるもの、人を叱るときですら高圧的な態度ではなく、どこかに優しさを感じさせなければなりません。

他にも、『MENJOY』の過去記事「紳士的って?紳士的な男性の特徴と女性が胸キュンした紳士的エピソード」には、紳士な人の特徴が載っているので、ぜひ見てみてくださいね。

3:いくつ当てはまる?あの人の紳士度診断5つ

(1)女性に重たい荷物を持たせない

紳士的な男性は、女性が荷物を重たそうに持っているのを黙って見ていることができないハズ。「それ、持つよ」とか「持たせてくれる?」などと言って、自然な振る舞いで荷物を持ってくれることでしょう。

(2)レディファースト

特に欧米社会ではレディファーストの精神が染みついています。お店に入るときにはドアを開けてくれる、道を先に通してくれるなど、些細な行動で紳士かどうかを見抜くことができます。

(3)知的な会話ができる

女性の話をしっかりと聞いてくれたり、女性が話したことに対して自分の知っていることも交えて話題を提供してくれたりなど、知的な会話ができることも紳士としての必要な条件です。

逆に自分のことばかり話そうとする、知っている知識をひけらかすような真似をするなら、残念ながら紳士とは程遠いでしょう。

(4)体調を気遣ってくれる

ちょっと体調が悪いときや普段と様子が違うときなど、その変化を敏感に察知して、「大丈夫」「何かあった?」と声をかけるような配慮ができるかは、紳士か否かを見定めるポイントです。

また、体調が悪いと聞いて、家まで送ってくれたり、早く帰って休んだほうがいいと気遣ってくれたりする行動も、紳士的な振る舞いといえるでしょう。

(5)女性をすぐに口説かない

ジェントルマンといえばモテて、いつでも彼女がいるイメージがあるかもしれません。ですが、実際には自分からそうやすやすと手を出すようでは紳士とはいえません。

食事に何度か誘いつつ、相手との関係を緩やかに進展させていくのが本当の紳士。振る舞いはスマートだけど、すぐに女性を口説き落そうとするのは、紳士の仮面を被っているだけともいえるでしょう。

4:優しいだけじゃダメ!紳士と「都合のいい男」の境界線3つ

(1)約束の決め方がどちら目線か

本当に紳士な人は、デートの約束をするときに、女性の都合を優先してくれます。ですが都合のいい男性は、自分の予定を押しつけてきて「○日会えない?」と急に迫ってきます。

そして「その日はちょっと無理」などの返事が続くと、すねたり怒ったりしてしまいます。

(2)決めるときは決めてくれるか

ただ優しいだけで、女性にとって「都合のいい」男性になってしまう人もいます。この場合、優柔不断と紙一重なこともあるでしょう。「好きなお店でいいよ」とお店を選ばせてくれるのは、自分で決められないだけなのかもしれません。

紳士的な男性なら、選択肢を用意しつつも、困った顔を見せれば、すぐに決断をしてくれるはずです。

(3)カラダ目的か

キスなどをしようとして、女性が嫌そうな態度をしたときに、どう振る舞うのかで、本当の紳士と都合のいい男を見分けることも可能です。

紳士な男性なら、嫌だという意志を見せればすぐにやめてくれるでしょうが、ただのカラダ目的ならば強引に唇を奪おうとします。

5:本当に紳士な男性は結婚向き?

紳士的な男性って世の中に比較的たくさんいますが、本当に紳士なのは、その中でも一握り。だからって、ニセ紳士でもいいやと諦めてしまうのはもったいない!

本当に紳士的な人は、浮気の心配もありません。コミュニケーション上手で世渡りもできます。結婚したら一生あなただけに尽くしてくれる最高のパートナーになるかもしれませんよ。