恋のなやみに効くメディア

未読スルーは脈ナシ?好き避け?駆け引き?それとも…心理と逆転法

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:未読スルーとは?意味と定義、英語での言い方

(1)未読スルーの意味

未読とは、読んで字のごとく「未だ読んでいない」という意味です。一方、「スルー」は英語の「through」からきています。こちらは単語の意味を調べてみました。

スルー【through】の解説

俗に、受け流すこと。何もしないで待っていること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「未読スルー」とはつまり、「未だ読んでいないまま受け流す」こと。メッセージが読まれずに放置された状態のことを指します。

「スルー」自体は英語ですが「未読」を英語で表現するときには使いません。メッセージが開かれていないという意味で「unopened」と言ったり、無視という意味の「ignore」を使います。

ただし、英語圏では既読・未読がわかるアプリが一般的ではないため、未読という概念自体が存在しないようです。

(2)1日?1週間?未読スルーされたと感じる時期

『MENJOY』過去記事 「2日?1か月?未読スルーを許せる期間は?」 によると、未読無視されたと感じる時期にはかなりの個人差がある模様。

最長で1か月待ったという気が長い人もいますが、1日から3日くらい未読のままだと「どうしたのかな?」と気になってくるのが一般的な感覚といえそうです。一方、「未読で3時間以上経つと不安になる」という心配症の人も。

また、相手の性格や関係性によって、気になり始める時期は変わる、という意見もありました。

(3)未読スルーと既読スルーならどっちがイヤ?

未読スルーと既読スルー、どちらがよりイヤか。これは、ある意味究極の選択ですよね。

そこで今回『MENJOY』では独自のアンケート調査を実施。20代~30代の男女449名に「未読スルーと既読スルー、されて嫌なのはどちらですか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

未読スルー・・・156人(35%)

既読スルー・・・293人(65%)

強いていうなら未読スル―のほうがまし、ということでしょうか。「読んでいないならまだしも、読んだうえで無視は許せない」と思う気持ちは、理解できるような気がしますよね。

2:彼氏彼女が未読スルーをする理由3つ

(1)じっくり考えて返信したいから

好きな人へのメッセージは時間をかけてゆっくり返したい、という人は多いもの。返信ひとつとっても大事にしたいという気持ちの表れといえます。特に付き合いたてなど、気合いの入っている時期にはありがちな理由。

人前だと顔が緩んで返信できないから、ラブラブなメッセージはひとりのときにゆっくり返したい、という人もいるようです。

(2)すぐに返さなくても大丈夫という信頼の証

恋人という、いわば安定した関係がある安心感から、逆に返信の優先順位が下がることはあり得ます。こちらは付き合いの長いカップルほど、当てはまりやすい理由かもしれません。

甘えといえばそれまでですが、信頼されていると考えれば、未読スルーも愛の証といえるのかも。

(3)心が離れ始めているサイン

「関係に飽きてきた」「少し離れたい」そんなネガティブな気持ちが未読スルーという形になって表れている可能性はあります。いわゆる倦怠期の訪れです。

未読スルーだけで別れを覚悟するのは時期尚早ですが、雲行きが怪しくなっているサインと受け止めて、関係修復に向けて手を打ってみてもいいかもしれません。

3:友達が未読無視する理由3つ

(1)気づいていない

学校、アルバイト、仕事……それぞれ忙しい日々を送っている中で、メッセージを見落とすこともあるでしょう。最近ではLINE離れが進んでいるとも言われ、そもそもアプリ自体チェックしていない人もいるでしょう。

一度見てしまうと、つい夢中でやり取りをしてしまって、他のことができなくなるので、あえて見ないよう

にしているという人もいるようです。

(2)別の方法で返信しようとしている

LINEで連絡したのに、その返信が、TwitterやInstagramを通して返ってきた経験はありませんか? ひとりの相手と複数のアプリを通じてつながっていることも普通なので、LINEで返信するとは限りません。

また、内容的にLINEだとうまく

 

伝わらないから、改めて電話で話したいなど、返事の方法を変えようとしているというケースもあります。

(3)LINEのアカウントが変わった

長らく連絡をとっていなかった友人にLINEをしてみたら、いつまでたっても既読にならない。「嫌われたかな?」と心配になってしまいそうなシチュエーションですが、落ち込むにはまだ早いかも。

機種変更やLINEアカウントの作り直しなど、技術的な理由でLINEを見ることができないこともよくあります。特にどちらか一方がアカウントを変えていた場合、そもそも友達登録ができていない可能性も大です。

4:仕事関係者が未読スルーする理由3つ

(1)内容を慎重に考えている

仕事関係者へのLINEは、とにかく気を遣うもの。先輩後輩、上司と部下……関係性によっては、敬語の使い方ひとつとっても間違いがないように、注意深く文面を考える必要があります。

気軽にサラッと返信できないからこそ、未読のまま置いておいて落ち着いた状態で返そうとしているのでしょう。

(2)忙しい

仕事中は手が離せないこともたくさん。単純にLINEを見る時間がないということも十分考えられます。

また、返信するにしても、スタンプひとつというわけにはいきません。上述したアンケート結果からもわかるように、既読スルーよりは未読のままのほうが気にならないと考える人もいます。忙しくてきちんとした返信ができそうにないときは、未読を選ぶほうが正解なのかもしれません。

(3)業務時間外には返信しないと決めている

家に帰ってまで仕事のLINEは見たくない。この気持ち、社会人であれば共感できますよね。オンとオフ、仕事とプライベートの線引きがきっちりしている相手ならば、未読スルーになる時間帯があってもおかしくありません。

よっぽど急ぎの内容なら、電話で連絡があるはず。LINEで送る程度あれば、未読のままでも大丈夫……ある意味冷静な判断といえます。

5:片思いの相手からの未読スルーは脈ナシ?好き避け?心理3つ

(1)好きだからこそ避けてしまう

相手がシャイな性格なら、好きだからこそわざと避けられている状態、いわゆる「好き避け」の可能性も大。

好き避け未読の特徴は「やり取りが始まると長く続く」こと。スルーしている間も、本当は返信したくてうずうずしているので、いざやり取りが始まると盛り上がってしまうわけです。

(2)駆け引きしている

押してダメなら引いてみる、駆け引きは恋愛の醍醐味でもあります。特に片思い中の駆け引きは慎重になって当然。好意をアピールしすぎると、逆に失敗してしまうことがあるのも確かです。ガツガツしていると思われたくないから、未読のまま時間をおいて返信する……そうすることで反応をうかがっているのかもしれません。

また、即レスポンスばかりしていると暇だと思われそうで嫌だ、という人もいるようです。

(3)脈がない

残念ながら、脈がないから未読スルーされていることもあります。その場合、「会話がすぐ終わる」「スタンプしか返してくれない」など、返信内容も素っ気ないことがほとんど。

未読のままになっているからといって、しつこくメッセージを送るのは逆効果です。脈がない上に相手に嫌な印象が残ることになってしまいます。未読スルーばかりで脈がないなと判断できたら、スパッと潔く諦めて次にいきましょう。

6:好きな相手の未読スルーの真意をLINEで確かめる方法3つ

(1)時間帯や曜日を変えてLINEを送ってみる

未読スルーが多いのは、もしかすると送る時間帯が悪いせいかもしれません。まずは相手が返信をくれそうな時間を確かめてからLINEを送ってみましょう。

昼に送ったLINEが未読スルーされたなら夜に、逆の場合は昼に送ってみましょう。また、平日と休日を変えてみるのもひとつの手。それで簡単に返信が返ってくるようになれば、単にタイミングのせいだったといえそうです。

(2)グループトークでメッセージを送ってみる

忙しいから未読なのか、ただ無視されているのか……いちばん気になるところですよね。これは自分以外へのメッセージに反応があるかどうかで確かめることができるはずです。

できれば友達に協力してもらって、全員で話すことができるような内容をグループトークに送ってもらいましょう。それでも返信がないなら、きっと忙しいだけ。もし、そうでない場合は迷惑に思われている可能性も考えたほうがいいかも。

(3)追加のメッセージを送ってみる

未読スルーの状態がどうしても気になるのであれば、思い切ってもう一度メッセージを送ってみるのも、ひとつの方法です。

追加メッセージのパターンはふたつ。ひとつめは返信がないことを心配する内容。恨みがましくならないように、明るく短めの言葉で聞いてみましょう。

もうひとつは、会話を終える内容です。例えば、何か尋ねていた場合「解決したよ」と伝えるなど、こちらからやり取りを終わらせてみます。一種の賭けともいえますが、返答の内容によって相手がどういうつもりで未読スルーをしていたのか知るヒントになるはず。

7:未読スルーされないLINEの書き方とは?

一般的によくいわれる「疑問形の文で終わる」という方法。いつかは確実に返事をもらえるという利点はありますが、逆にプレッシャーを感じて嫌だという人も一定数います。また、あまり長文を送られると返す気がなくなるという人も。そしてスタンプの多用も、会話になりにくいのでおすすめできません。

「1回のメッセージに話題はひとつ」「疑問形ばかり使わない」「スタンプは控えめに」……インパクトを狙うより、落ち着いた文面を心掛ける方が好感度も高くおすすめです。

8:未読スルーは深く考えずスルーするのが吉

既読か未読か知ることができる機能は便利ですが、不安要素になるのも事実。片思いの相手なら、ついヤキモキしてしまうものです。ただ、あまり深く考えすぎると空回りしてしまう可能性も高くなってしまいます。

LINEでのやり取りは、コミュニケーションのほんの一部に過ぎないのだと心に留めて、焦らずゆっくり関係を進めていきましょう。